グラフィックデザイン科 ニュース・作品

第2回想いを伝えるカードデザイン大賞で審査委員賞を受賞!

その他

 2018年9月29日(土)、第2回想いを伝えるカードデザイン大賞の授賞式ならびに作品展示会が3331 Arts Chiyodaにて開催されました。グラフィックデザイン学科1年生21名がコンテストに作品応募をし、若生七星(わこう ななせ)さんが審査委員賞(優秀賞)を受賞いたしました。

想いを伝えるカードデザイン大賞とは。

昨年に続き2回目の開催となる「想いを伝えるカードデザイン大賞」に、グラフィックデザイン学科の1年生21名がチャレンジしました。

このコンテストは、カードデザイン作品のコンテストです。カードを贈る相手の大切な日を題材に、想いをカードに表現するというもので、「届けたい想いが伝わること」「贈られた人が感動すること」が評価のポイントとなります。

集中授業で作品を仕上げる!

授業で取り組む時間がない中、夏のフォローアップ期間の2日間を活用し制作に励みました。

6月末から構想を練り始め、誰に贈るカードを作るか?その人に対するどんな想いを伝えたいのか、どうやって表現するのかを検討しました。
2日間の集中制作授業はとても楽しく賑やかな雰囲気でした。
作り手の楽しさが作品にも伝わるいい作品が多数完成しました。

 

グラフィックデザイン学科1年生が審査委員賞を受賞!

 

グラフィックデザイン学科1年生の若生七星さんの作品が、みごと審査委員賞に選ばれました。

今回は審査委員の方が3名いらっしゃるのですが、そのうち、アートディレクターの小玉文さんが若生さんの作品を選んでくださりました。

授賞式では小玉文さんから評価のポイントが紹介されました。
若生さんの作品は幼なじみの友だち3名で作ったキャラクターが登場します。
そのキャラクターの世界観がとても面白い!と評価をしてくださいました。

最終審査を通過した作品が他3作品ありました!

そして、クラス全員で取り組んだ結果、応募21名から最終審査に4名が残り、3331 Arts Chiyodaにて開催された作品展に展示されました。


作品展の展示会場の様子


坂本 愛さんの作品


月岡 麻佑さんの作品


郭 ハク シンさんの作品

▲ページトップへ戻る