学校サイトへ
大学/専門在学・中退・卒業生、社会人、浪人生、高認、フリーター、学びなおしを考える女性の皆様へ

電気工学科 原 和樹さん 株式会社京王設備サービス 内定

東京都立井草高等学校卒業→東海大学中退→フリーター

大学を1年で中退し、その後フリーターになる。

友だちが進路変更した話に刺激を受け、学び直しを決意!

コツコツと資格を取得し、電気のスペシャリストへ!!

高校卒業後、私立理系大学の情報システム系学科に進学しましたが、イメージした学びの内容ではなかったことや、環境にもなじめず2年に進級せずに中退の道を選びました。
その後は、2年間フリーターとして回転すし屋でフルタイムのアルバイトに励む日々。それなりに充実していましたが、ある日、久しぶりに会うことになった友人が大きな進路変更をし、専門学校で学び直した話を聞き、「このままではいけない」と思うようになりました。元々理系だったこともあり、理系で就職できる専門学校を検索、比較検討した結果、日本電子専門学校への出願を決めました。年齢のことも踏まえ、「就職できる」学科として電気工学科を直感的に判断しましたが、この判断は正解だったと確信しています。

笠原さんの入学前のお悩み

お金

学費については、大学のときも奨学金を活用するなど、自分で工面したので、今回の進学の際もそのつもりでした。分割で支払うことや奨学金の利用など、学校の職員の方にも相談し、なんとか目処をつけることができました。

就職

大学、フリーターを経ている分、年齢面などで不利な部分があるのではないかと心配していましたが、学内での企業説明会なども活用し、割と短期間の就職活動で内定をいただくことができました。
筆記試験対策はもちろん、面接での受け答えについても、キャリアセンターなどでアドバイスをいただき、自分が面接官だったら・・・とイメージし、自分の思いを伝える言葉を選びました。

時間の使い方

目の前の仕事に集中していたアルバイト時代と違い、電気のプロになるという目的のために時間を使っている実感が持てるので、毎日がとても充実しています。

日本電子での学び

もともと理系ではありましたが、大学は情報工学系の学部でしたし、電気について学ぶのは、初めてのことだらけでした。でも、同じ目標をもつ仲間や、先生のサポートによって、とても実践的で充実した時間を積み重ねています。授業では、実際にプロが使用しているような機材に触れることができるので、就職後のイメージも明確になりますし、モチベーションも高まります。この写真は電気実習の授業のひとコマです。

時間割例

フリーター時代は、基本的にフルタイムで週4~5日働いていました。経験を積み、任せてもらえる業務が増えていくことには、とてもやりがいを感じていましたね。実際、日本電子に入学してからも平日夜や土日はアルバイトを継続していますが、時間の使い方で一番変わったことといえば、空いた時間を見つけては、資格取得のための勉強時間にあてるようになったことです。やると決めたからには、スペシャリストを目指したいと思っています。

日本電子で取得した資格

  • 第三種電気主任技術者(3科目合格)
  • 第一種電気工事士(試験合格)
  • 第二種電気工事士

いま目指している資格

  • 第三種冷凍機械責任者
  • 第二種電気主任技術者

進学で悩んでいるみなさんへMessage!!

自分自身のやる気さえあれば、先生が手厚く、時に厳しくサポートしてくれます。大事なのは、自分で決め、自分で動きだすこと。これから電気業界を目指す皆さんとともに、業界を盛り上げていけるよう共に頑張りたいですね。

本電子専門学校 学校サイトトップへ