学校サイトへ
大学/専門在学・中退・卒業生、社会人、浪人生、高認、フリーター、学びなおしを考える女性の皆様へ

コンピューターグラフィックス科 野澤 紬さん

高等学校中退→通信制高校(通学時に高等学校卒業程度認定試験合格)

体調を崩しながら高校に入学するが半年で退学

通信制高校に通いつつ、高認の資格を取得

音響とCGの分野で迷うがCGに魅力を感じCGの道へ

高校受験前に、受験ノイローゼになってしまい、なんとか都立の高校に入学をしましたが、半年で退学をしてしまいました。その後、通信制高校に再入学をしましたが、親に単位を取っていれば高認の科目が免除になることを教えてもらい、スムーズに高認を取得することができました。高認取得に関しては、親が協力してくれたので、恵まれた環境だったと親に感謝しています。
高認取得後は、就職か進学で考えましたが、もともとモノづくりが好きだったので進学を決意。興味がある学科の専門学校の資料を片っ端から集め、音響の道かCGの道を目指すかで悩みましたが、オープンキャンパスに参加した際に観た映像で、CGの一から全部を創りだすオリジナリティに魅力を感じCGへの道を選びました。専門学校の中でも、歴史がある・生徒数が多い・設備がしっかりしている点で日本電子を選択。あと、新宿へ良く遊びに来ていたので、親近感があったことも大きかったですね。

野澤さんの入学前のお悩み

年齢

年齢は、高校新卒の方たちと同じですが、通信制の高校に在学中は、バイトと家の往復で友好関係を広げていませんでした。なので、同年代の友達が出来るのか、今更勉強が出来るのかが不安でした。日本電子入学時は、自分から声を掛けていくようにしていました。今はクラスメイトと漫画の話ができるので、不安は解消されています。周りは映画好きが多いので、もう少しアニメの話ができたら良いんですけどね(笑)。

時間の使い方

平日は、授業が終わった後に学校で課題をやっていますが、土日に課題をやって過ごしていることが多いです。高校受験の時とはまったく違い、今はやりたいことを勉強しているので本当に心から楽しいです!

日本電子での学び

仲の良いクラスメイトとは得意分野が分かれているので、自分が苦手な分野を教えてもらったり、私はアニメーションが得意なので教えたりしています。今、アニメーションの授業を受けているのですが、人の色々な歩行の動きをキャラクターに設定していく授業では、とまっていたCGキャラクターが命をふきこまれたように人っぽい動きをするようになって、より楽しく学ぶことが出来ています。
写真は夏休みの自由課題用に作ったものを、文化祭に向けてブラッシュアップしたものです。
1パーツに5時間費やし、計60時間ほど掛かりました。髪、角、目のテクスチャなどを新たに追加しました。昔から小動物や、スポーツ観戦が好きだった影響からか、動きをつけるのが得意のような気がします。とくにCGアニメーションを好きになってからは、もっと動いているものが好きになりました。今は、通常の日本TVアニメも本物っぽく見えて“生きている”と感じることができる、戦闘シーンが多い作品が好きですね。本物っぽく見えるテクニックを見につけるため、自分でネットで調べたり、本を買って調べています。

時間割例

夏にLAに海外クリエイター研修に参加しましたが、その時はまだ、モデリングを中心に学んでいたので、アニメーションはおまけ程度でした。ハリウッド映画のCGを制作しているCG制作会社に見学へ行った際に、現地の方に「日本はモデリングは良いけどCGアニメーションはまだまだだ」と言われたんです。その時、もっとCGアニメーションを学ばなければという使命感に駆られました。私にとっては、CGアニメーションの授業が少ないので、CGアニメーションの授業がもっとあれば良いなと思っていますね。今は2年生の先輩がCGアニメーション研究会を発足したので、クラスメイトとともに、積極的に参加しています。

進学で悩んでいるみなさんへMessage!!

今はとにかく楽しいです。CGアニメーションは、もともと好きではなかったのですが、今は夢中です。私のように入学してから、見えてくるものもあると思います。大事なのは何が好きなのかはっきりさせ、やりたいことをやることだと思います。この分野は、上手くなればなるほど楽しくなると感じています。もっと上手くなっていずれは日本のCGアニメーションを背負って立てるようになりたいと思います!がんばります!

本電子専門学校 学校サイトトップへ