カレッジニュース

「うぇぶなう!~Web業界の最前線×本音トーク~」にWebデザイン科1年生が特別課外授業として出席し

授業

 9月28日(金)、株式会社ミツエ―リンクス(東京都新宿区)セミナールームにて、「うぇぶなう!~Web業界の最前線×本音トーク~」が開催されました。本校からはWebデザイン科の1年生が全員出席。2年生の2名が司会進行役のスタッフとして参加しました。

 ご協力いただいたのは、株式会社キノトロープ 濱田氏、株式会社大伸社コミュニケーションデザイン 井上氏、株式会社フォーク 石射氏、株式会社ミツエ―リンクス 木達氏・遠藤氏の4社5名。業界をけん引するプロフェッショナルな方々により、Web業界を目指す若者たちへその魅力を語っていただきました。

 前半はプレゼンテーション形式で、各社の企業紹介とともにパネラーの職歴や現在の職種内容などの紹介からスタート。自身の今までの経歴や、現在取り組んでいることなどを通して、個性的かつメッセージ性の高いプレゼンテーションを披露され、学生たちは開始直後からその世界に惹き込まれていました。

 後半は座談会(質疑応答タイム)。“仕事上での困り事”、“Web制作において一番大切なこと”、“Webサイトの制作期間”や“やりがいのあった仕事”など、様々な質問が寄せられ、各々パネラーに応えていただきました。仕事上での困りごとの回答時には、株式会社大伸社コミュニケーションデザイン 井上氏より、「何より採用ですね!その困り事は本日解決しそうです。」というコメントに、会場からは笑みがこぼれる場面も。また、やりがいのあった仕事においては、仕事に対して全力で取り組んでいるパネラーの方々にとって、請け負ってきた仕事はすべてやりがいのあるものであるといった熱い回答も挙げられました。

 その後、挙手制になると“就職するために資格は重要であるか”や“AIとWebはどっちが勝つか”という興味深い質問も寄せられました。資格取得に関しては、「資格を取得することが目的ではなく、企業側が見るところは努力した過程(姿勢)であり、資格さえとればいいという感覚は控えたほうがいい」という回答や、半面「3つの資格を取得して作品が無い面接者と作品があって無資格の面接者であれば、後者を優先する。」という回答もあり、まさに本音トークといった座談会が開催され、30分ほど延長してしまうほど、第一回目の会は大盛況で幕を閉じました。

 近年、AIやIoTなどの最新技術の情報が白熱している中、Web業界は今もなおバイタリティー溢れる業界であることが証明されたイベントとなりました。AIやIoTの技術が発展すればするほど、Web業界も共に発展していくことや、その時代に沿った職種も登場し、新たな雇用も生まれると、同業界の将来性の高さも語られ、出席した学生たちはその未来に心躍る表情を浮かべていました。

 どのパネラーの方々からは、Web業界へ進みたい方は「常にチャレンジする気持ちが大事」とコメント。目まぐるしく進化を遂げるWeb業界では、過去のものに固執していくとついていけなくなるため、執着せずに、新しいものを取り入れられる柔軟性や適応力などが求められることを伝えていました。

 本校では、このような会を通じ、業界を先導してゆく企業の生のメッセージを直接聞くことにより、学びへのモチベーションや就職活動への意欲向上へつなげています。
 Webデザイン科の教員や在校生に直接話を聞くこともできますので、Web業界にご興味のある方は、ぜひ、本校のオープンキャンパス&体験入学にご参加ください!

 


▲会場風景

▲株式会社キノトロープ 濱田氏

▲株式会社大伸社コミュニケーションデザイン 井上氏

▲株式会社フォーク 石射氏

▲株式会社ミツエ―リンクス 遠藤氏

▲株式会社ミツエ―リンクス 木達氏

▲後半の座談会(質疑応答)風景

▲パネラーと出席者による集合写真
 
 
▲ページトップへ戻る