東京・新宿の工業系専門学校

学園情報へ
オープンキャンパス&体験入学
資料請求

カレッジニュース

2017年3月22日

『第13回ACジャパンCM学生賞』で本校学生が入賞しました!

『第13回ACジャパンCM学生賞』で本校学生が入賞しました!

去る3月10日、東京都港区にある電通ホールにて、公益社団法人ACジャパン主催の『第13回ACジャパン広告学生賞』の表彰式が行われました。
本コンテストは、未来を担う若い世代が広告制作を通して公共広告への理解を深め、社会に対し主体的に関わる「公」への意識を育むことを目的とした30秒のCM映像を募集しているコンテストです。今年は全国の大学・大学院全31校から186作品が集まりました。
この数ある作品の中から厳選な審査の結果、日本電子専門学校CG映像制作科1年生有志の映像作品『 walk man 』が「優秀賞」に選ばれ、表彰・上映されました。

作品を応募した学校は名だたる大学ばかりの中、専門学校の参加は本校のみ。専門学生としてチャレンジする学生たちの今後の活躍が楽しみです。

<受賞作品>
『 walk man 』

<制作スタッフ>
●CG映像制作科
齋藤 歌織
富永 陽介
新城 淳椰
劉 釗 因
ライ シュウ テン

<受賞のコメント>

グループ制作で企画から撮影、編集までの行程を体験できてとても良い経験になりました。この経験をまたどこかで活かせればと思います。(齋藤 歌織)

私はこのACジャパンの企画に参加してグループ制作の難しさ、楽しさを知りました。グループの周りの人が居たからこのような素晴らしい賞をいただけたと思います。本当にありがとうございました。(新城 淳椰)

グループとして協力し、アイデアを出し合い制作したものが優秀賞という結果に繋がり大変嬉しいです。不慣れな点もありましたが様々な方の協力のお陰で見る側の心に残る作品になったと思います。(富永 陽介)

優勝賞をいただけたことはとても嬉しいです。今回の作品は個人ではなく、グループの全員を合わせて努力することで、いい経験だと思います。グループのみんな、ありがとうございました。(劉 釗 因)

今回の機会で、初めてACジャパンのLEDサインボードを挑戦しました。みんなの頑張りが報われて、優秀賞を頂けたことは誠に感謝しております。力に合わせないと絶対に完成することができなくて、いい経験になりました。(ライ シュウ テン)

■他のカテゴリーから探す
■その他