東京・新宿の工業系専門学校

学園情報へ
オープンキャンパス&体験入学
資料請求

応援できる人になる!

Webデザイナーにできること

Webデザイナーって何ができるの?

何かを誰かに伝えたい人がいる。誰かと誰かをつなげたい人がいる。多くの人に特別なものを届けたい人がいる。専門技術を駆使してインターネットの力を味方に、誰かの想いをカタチにするのが、Webデザイナーのお仕事です。Webデザイナーができることは、Webデザインを通して誰かを“応援”し“HAPPY”にすることなのです。

実はクリエイティブに一番求められるチカラです。

「よく聴き」、「よく考え」、「よく伝える」のが企画力の源。
良い企画とWeb制作の技術が合わさると
ユーザーの想いが伝わるWebサイトができます。

例えば、「ケーキ屋さん」のサイトをつくるなら

1

ヒアリング

ケーキ屋さんに
どんなこだわりがあるのか聞いて
魅力を引き出す。

2

マーケティング(調査)

ユーザーの誰が
どんなケーキが欲しいか調べる。

3

企画

ヒアリングやマーケティングの
結果を基にプランニング。

4

制作

このケーキ屋さんが
繁盛するWebサイトを作る。
制作後も改善してもっと良くしていく。

5

公開

ケーキ屋さんの
想いをカタチに!

実例を見てみよう!

本校のWebデザイン科は
実際のお仕事の現場で「企画力」を磨きます。

実社会のプロジェクトの中で、楽しく真剣にWebデザインをしていきます。
在学中に作るWebサイトで、誰かをハッピーにする体験ができます。

HTML5モバイルアプリDAYイベント

Webアプリ開発に挑戦!秋葉原で開催のアプリイベントで成果発表

11月14日に秋葉原UDXギャラリーにてHTML5モバイルアプリDAYが開催され、本学科から前期授業成果の3作品を発表しました。
HTML5モバイルアプリDAYは、アプリ開発プラットフォーム「Monaca」を運営しているアシアル株式会社様がイベント共同運営パートナーとなり、参加者同士でアプリ開発の事例やノウハウを共有するイベントです。
本学科2年次の「モバイル制作」の授業では「Monaca」を使用したアプリ開発を行っています。今回のイベントでも、実際に学生が授業で作った作品を出展しました。

視覚障がい者支援サイト

Webアクセシビリティとは?誰もが利用できるサイトとは何かを考える。

Webデザイン科には、視覚障がい者支援サイトYes-netを運営するYes-netチームがあります。
2011年度からスタートしたYes-netチームのプロジェクト。
プロジェクトの始まりは、横浜市神奈川区視覚障害者福祉協会(神奈視協)が設けた視覚障害者支援センターピアプレースの神崎会長からのご依頼を受けたのがきっかけです。目の見えない、見えにくい人と、そういった方を支援する人たちがより快適な生活を送ることができるよう、また社会とつながる架け橋となるよう願いを込めて「Yes-netサイト」の運営のお手伝いをしています。
今年度は、1年生6名、2年生2名の総勢8名でYes-netプロジェクトを運営しながらWebアクセシビリティについて勉強している最中です。

日本ビデオコミュニケーション協会さんからの依頼で、
JAVCOMさんのサイトを制作

HTML5、スマートフォン対応!JAVCOMサイトのリニューアルを行いました!

日本電子専門学校には授業以外にも、多くの学びと経験の場があります。今回の記事は、特定非営利法人(NPO)日本ビデオコミュニケーション協会様より依頼された「JAVCOM公式サイト」リニューアルの授業外で行われた様子をレポートします!JAVCOM公式サイトの制作は、2009年度から継続している授業外のプロジェクトになります。

今回は2009年度に制作されたJAVCOM公式サイトをHTML5化、レスポンシブデザインというどの端末でも見られるように制作してほしいとご依頼を受けました。制作には2年生の井上和也さん、助川拓真(執筆者)の2名が参加。パソコンやタブレット、スマートフォンに対応したサイトリニューアルが行われました。
装いを新たにしたJAVCOM公式Webサイトをぜひご覧ください。

京都マルマン酒店さんからの依頼で、「Shinproduce」サイトを制作

「Shin Produce」の公式Webサイトを制作しました!

日本電子専門学校Webデザイン科には多くの学びの場があります。今回の記事は授業からスタートした実案件の「Shin Produce」公式Webサイト制作についてレポートします!
「Shin Produce」とは京都マルマン酒店当主の堀井新作様が立ち上げたプロジェクトの名前です。日本酒と食のマッチングを通して人をつなぎ、豊かな暮らしを提案される活動を行っていらっしゃいます。「Shin Produce」プロジェクトは昨年度1年生後期「進級制作」の授業よりスタートしました。
進級制作とは実在するクライアント様より課題をいただき、企画、デザイン、コーディングなどの一連の作業を一人で行っていく授業です。堀井様が取り組んでいらっしゃる「酒・食・人」を繋ぐコラボレーターとしてのShin Produceでの活動を具現化し、顔の見える情報発信や交流の場としてのサイトを立ち上げることが課題でした。

オープンキャンパスでワクワクから始めよう オープンキャンパスのお申し込みはこちら
■同じ分野内で探す
■他の分野から探す
■その他