東京・新宿の工業系専門学校

学園情報へ
オープンキャンパス&体験入学
資料請求

グラフィックデザイン科

日本電子専門学校「グラフィックデザイン科」の最新情報を発信しています


2010年08月

2010年08月06日

カテゴリー: 特別授業

【学科でチャレンジ!】第5回若年者ものづくり競技大会で3位入賞!!

★速報★第5回若年者ものづくり競技大会で3位入賞しました!


2010080702top.jpg


平成22年8月4日(水)〜8月6日(金)の3日間にわたり行われた第5回若年者ものづくり競技大会グラフィックデザイン職種競技で、グラフィックデザイン科2年生の松舘雄太郎君が、みごと3位に入賞しました。


若年者ものづくり競技大会とは、若年者のものづくり技能に対する意識を高め、一人前の技能労働者に育成するため、技能習得の目標を付与し、技能を競う場です。
原則として、企業等に就業していない20歳以下の若年者を対象とされています。


グラフィックデザイン職種競技では、「商業デザインにおけるグラフィックスデザインおよびパッケージデザインやCI デザインなど」を対象とした課題が出題され、以下の技能および課題作成によって評価されます。
●PCおよびグラフィックデザイン用アプリケーション使用スキル
●アイデアおよびコンセプト展開
●レイアウト
●最終デザイン
●プレゼンテーションおよび保存


参加者たちには、決められた競技時間内に最終作品として指定された形式で提出し、要求に従って作品を保存または印刷し、指示に準拠して、プレゼンテーションができることが求められます。
長時間にわたる作品制作では、集中力と持続力も求められました。
参加した3人とも精一杯制作に取り組んでいました。


2010080704.jpg 2010080705.jpg
左:松舘雄太郎 右:豊田知嘉
2010080707.jpg 
河合毅満

■3位を受賞した松舘君の作品
2010080710.jpg
ポスター課題

2010080709.jpg
画像生成技術の課題


若年者ものづくり競技大会では、グラフィックデザインに関する総合的な技術力を主観評価(アイデアやオリジナリティ)と客観評価(画像生成技術やガイドライン)により評価されます。
松舘君の作品は、オリジナリティのあるアイデア発想と、印刷物として作品を仕上げる技術力の総合的なバランスの良さが評価されました。

大会に参加する3名の学生たちは、7月初旬から1ヶ月間にわたり大会に向けた実技トレーニングに取り組んできました。

今回の受賞は、こうした教員の先生と参加した学生の一丸となった努力が実を結び獲得できた成果となりました。

2010080703.jpg
大会が終わり健闘をたたえあう参加学生たち

参加した学生や指導に当たった先生たちのコメントは8月下旬に本ブログにて報告する予定です。

関連リンク:第5回若年者ものづくり競技大会
担当:井上順子

2010年08月12日

カテゴリー: 授業の様子

【授業の様子】情報デザイン試験にチャレンジ!

2010年6月11日(金)にグラフィックデザイン科2年生が情報デザイン試験を受験しました。
「情報デザイン試験」は、社会で働きはじめる人に必要とされる、情報を「受け取り、伝える」能力を総合的に評価する試験です。

グラフィックデザイン科では、2年間を通じて情報デザインの授業を学びます。
●デザインの企画や制作に必要な情報を収集するためのフィールドサーベイ。
●数値やデータなどの情報を見る人に伝わりやすくデザインするインフォメーショングラフィックス。
●あらゆる立場の人が見てわかる、理解を深めることのできるグラフィックデザイン制作を行うユニバーサルデザイン。
●電子メディアに表現が拡張されているグラフィックデザイン業界で、インタラクティブな情報表現を学習。


上記のように、実習を通じてグラフィックデザインにおける情報デザイン能力を学び、平行して試験対策のための講座も開設。
今回受験した学生の81%の学生が合格し、「文部科学省後援 情報検定 情報デザイン試験初級合格」の称号を受けました。

就職活動中の2年生にとっては、1年時に受験した色彩検定に続き2つ目の資格を得ることができました。就職活動にはずみがつくことを期待したいと思います。


アーカイブ



■他のカテゴリーから探す
■同じカテゴリーから探す
■その他