学園情報へ
オープンキャンパス&体験入学
資料請求

グラフィックデザイン科

日本電子専門学校「グラフィックデザイン科」の最新情報を発信しています


2011年06月27日

カテゴリー: 授業の様子

2年生「業界研究」レポート!ユニバーサルデザインを学ぶ-1

こんにちは!グラフィックデザイン科二年生の道祖土です!


 グラフィックデザイン科の2年次のカリキュラムにある「業界研究」(2年次前期・後期)では印刷業界・デザイン業界の企業様をお呼びし、業界の動向や最新技術などの周辺的知識についてお話ししていただくという授業があります。私達が就職する業界の状況がどのようなものであるのか、就職活動を行う上でとても重要な授業となります。3回の授業の様子をレポートしていきたいと思います。


*株式会社イワタ様第1回目の授業

1%E6%9E%9A%E7%9B%AE.JPG

 6月16日に株式会社イワタ様の営業担当河野博史氏をお招きして、授業を行いました。
第一回目の授業では、様々な業界が取り組むユニバーサルデサインについて詳しくご説明をしていただきました。


2%E6%9E%9A%E7%9B%AE.JPG

 ユニバーサルデザインとは、誰にとっても障壁となるものが発生しないようにする。
つまり、誰もが普通に使えることを考えたデザインの事を言います。
近年、情報の入手におけるハンディキャップを持つ人が増え続けているそうです。
 そういった中でも、65歳以上の高齢者、弱視者、色覚障がい者の方々も不自由なく生活をしていく上でユニバーサルデザインを用いた文字組みは必然的だと言えます。

P1120446.JPG


 そして、このような方々への配慮として文字が分かりやすく(視認性)読み間違えをしない(判読性)事を重視したイワタUDフォントを河野様がお持ちくださった総合書体見本帳で見せて頂きました。見せていただいたイタワUDフォントは、既存の文字よりもハッキリしていて見やすく視認性や判読性のある書体だと思いました。

 今回の授業では、以上の事をご説明していただきました。
ユニバーサルデザインというものはもともと知っていたのですが、書体を用いたユニバーサルデザインについてはあまり知りませんでした。今回の河野様のお話を聞いてより一層私達のユニバーサルデザインへの関心や理解が深まったと思います。

関連リンク:http://www.iwatafont.co.jp/(株式会社イワタ様)

文責:道祖土 彩実
監修:植田 誠一


アーカイブ



■他のカテゴリーから探す
■同じカテゴリーから探す
■その他