東京・新宿の工業系専門学校

学園情報へ
オープンキャンパス&体験入学
資料請求

グラフィックデザイン科

日本電子専門学校「グラフィックデザイン科」の最新情報を発信しています


2018年07月10日

カテゴリー: 特別授業  |  産学連携

フォントを知ろう!フォントセミナーを開催しました!

2018年7月6日(木)に日本電子専門学校グラフィックデザイン科にて(株)モリサワさんによる「フォントセミナー」を開催しました。
株式会社モリサワさんは、世界でも初めてという画期的な写真による文字=写真植字を発明され、古くから日本を代表するフォントメーカーです。
「デザインの魂は細部に宿る」と言われます!フォントを知ってデザインの細部までこだわれるデザイナーになろう!とフォントセミナーを開催しました。
201806706001.JPG

フォントについて学ぶ
株式会社モリサワの井上さんにお越しいただき、フォントについてのセミナーを開催いただきました。受講したのは1,2年生。フォントについて学べる貴重な場ということで、1、2年合同で生なーに参加しました。

201806706004.JPG

井上さんはモリサワがこれまで「文字」「フォント」に関わってきた歴史について、映像を通しながらご紹介くださいました。
学生たちは、古くから日本の「文字」のデザインに貢献されてきたモリサワさんの活動を知り、惹きつけれらた様子でした。

セミナーの前半90分では、まずフォントについての知識を学びました。
フォントを形成する要素についてや、文字のデザインの仕方などについてかなり専門的な知識まで教えていただきました。
沢山の研究と試行錯誤に支えられて、読みやすい「フォント」が工夫されていることがわかりました。

201806706002.JPG


ポートフォリオにおける文字組みについて学ぶ
後半は、デザイン学生必須の「ポートフォリオ」に関するお話をしていただきました。
デザインの魂は細部に宿るとよく言いますが、「フォント」はページレイアウトの品質を決める重要な役割を担っています。
また、文字組みの方法によっても、同じ情報が全く異なる印象で伝わる様子を紹介いただきました。

201806706003.JPG

自分たちの作品を意図どおりに伝え、読みやすく良い印象を持っていただくためにも、ポートフォリオにおいてフォントや文字組みに注力することが大事だと気づいた学生たちでした。


アーカイブ



■他のカテゴリーから探す
■同じカテゴリーから探す
■その他