東京・新宿の工業系専門学校

学園情報へ
オープンキャンパス&体験入学
資料請求

よくある質問

入学相談室に多く寄せられるご質問をQ&A形式でご紹介。

学科選びや入学方法、入学後の学校生活や就職活動など、気になる疑問点をこちらのページで解決して、
オープンキャンパスや体験入学に参加すれば、キミの進路も見えてくるハズ!

【学習編】

1クラスの人数は決まっているの?

学科によっても異なりますが、1クラスは約30~40名です。

しかし作品鑑賞や校外で行われる実習などは、数クラス合同で実施することもあります。

またクラスごとに担任がいますので、困ったことがあればいつでも相談してください。

時間割について教えて

■昼間部(月~金)
1時限開始 AM9:20
4時限終了 PM4:40

■夜間部(月~土)
1時限開始 PM5:50
2時限終了 PM9:00

なお、昼間部・夜間部それぞれの授業の時間帯は次のようになっています。

■昼間部(月~金)
1~4時限(曜日で異なる)
1時限90分授業(休み時間 10分)

1時限開始 AM9:20
4時限終了 PM4:40

昼休み PM12:30~13:30

■夜間部(月~土)
1~2時限
1時限90分授業(休み時間 10分)

1時限開始 PM5:50
2時限終了 PM9:00

※土曜日は学科・学期により異なる

1年間の授業時間数ってどのくらい?

1年間でおおむね1,000時間程度です。

学科や学年によって若干異なります。

ちなみに専門士取得には、卒業までに2年間の総授業時間数が1,700時間以上が必要です。

2年制学科と3年制学科の違いって?

学習期間が長ければ、より高度な技術と知識が身につきます。就職や就職後の待遇の面で有利になることも。

本校の場合、3年制以上の学科では、インターンシップ(企業研修制度)や、国内・国外を問わず学外で実施されるコンペティションなどに参加し、より高度な技術と知識を身につけることを目標にしています。そのため、2年制学科とは、以下のような違いがあります。

・産学連携授業といって、企業の現役エンジニアやクリエイターを学内に招いて行う授業があり、第一線の現場の最新技術や知識を勉強できます。
・企業での業務フロー同様、グループワークで行われる授業があり、個人的な技術だけでなく、チームワークやプレゼンテーション能力なども高めることができます。
・企業によっては、3年制学科の方が2年制学科よりも給料が高い場合があります。

※産学連携授業については、2年制学科でも実施している場合があります。

具体的な内容の違いを確認するには、実際に見てみるのが一番です。ぜひ、オープンキャンパスや体験入学、授業見学会などに参加してみてください。

高校のようにクラス担任っているの?

はい。います。クラス担任がいてホームルームの時間もあります。

本校ではクラスごとに担任を置き、1週間に1度ホームルームを行っています(昼間部学科)。また、クラス担任は、キャリアセンター専任スタッフと協力して、就職指導にもあたります。入学時当初から一緒に過ごすことで、みなさん一人ひとりの個性や目標をしっかり理解。学習面や普段の生活、就職などについて、きめ細かく的確なアドバイスを受けられます。

授業の進め方ってどんな感じ?

基本は座学1コマ+実習2コマぐらいのペース。

座学は高校の授業と同じく、ノートに書き写す形の授業。実習とは実際に「手を動かして」覚える授業です。

座学で仕組みや理論を学習した後、すぐに実習で体験できる、理解しやすい授業形式です。また産学連携授業では、企業の第一線で活躍している人達から直接指導が受けられるので、最新の技術や知識を身につけることができます。

学校の設備は放課後使えるの?

放課後に実習室を開放するオープン実習を行っています。

多くの学科で毎週2~4日ほど(授業終了からPM8:00前後まで)実習室を開放する「オープン実習」を行っています。オープン実習が行われる教室には、担当学科の教員が常駐しているので、わからない点や理解が遅れている部分について、自由に質問できます。高価な設備やコンピュータが無料で使え、先生のアドバイスもすぐに受けられるので、自宅での自習よりずっとはかどることでしょう。

その他、学校の施設としては、学生センターのインターネットスペースや図書館などの施設も利用できます。

名前の似た学科が多いけど、どう違うの?

一見、似たような名前の学科でも、めざす資格や職種、学習内容が異なります。

似たような名前の学科でも、めざす職種や資格が異なり、学習内容も異なります。例えば、コンピュータグラフィックス科ではCGデザイナーを育成しますが、コンピュータグラフィックス研究科ではCGデザイナーにくわえCGエンジニアも育成します。また、情報処理科ではプログラマを、情報システム開発科と高度情報処理科ではシステムエンジニアを育成します。

めざす資格や職種によって学習内容も異なりますので、入学前によく確認しておくことが大切です。入学案内書やホームページの「学科案内」でも確認できますが、オープンキャンパスや、体験入学などの入学イベントに、ぜひ一度参加してみてください。各学科の違いがハッキリわかるはずです。

カリキュラムって何ですか?

入学後に勉強する科目(内容)や時間数のことです。

カリキュラムとは一般的に、「学校の教育目標を達成するために、児童・生徒の発達段階や学習力に応じて、順序だてて編成した教育内容の計画、教育課程」という意味です。簡単にいうと入学後に勉強する科目(内容)や時間数のことです。

専門学校の場合、大学のような履修する授業を学生自身が選択してカリキュラムを「作る」スタイルとは異なり、はじめから学科ごとのカリキュラムが決められています。また、学科の名前が同じ、または似通っている場合でも、学校が違うとカリキュラムの内容も違っていることが大半です。後になって「勉強したいことができない」と後悔しないよう、カリキュラムの内容をよく見て、学校や学科を選んでください。

募集要項に、学習内容や時間数、単位数など、具体的なカリキュラムが明記されていない専門学校は、できるだけ避けた方が無難です。

成績ってどうやって決まるんですか?

定期テストの成績、課題提出状況、授業の出席状況などをもとに決まります。

進級や卒業に必要な成績に達しない場合、レポート提出や課題・作品提出、追試験などで再評価することもありますが、とにかく、課題や提出物をきちんと期限までに提出することが大事です。毎日の勉強を怠らないよう気をつけてください。

昼間部と夜間部の違いは何ですか?

一般教養科目の有無。学費。在籍する学生の年齢層などが違います。

夜間部学科には、ビジネスマナーやウェルネスリテラシー(健康管理や運動処方などに関する科目)などの一般教養科目がありません。これは、夜間部の授業時間数が昼間部とくらべ少ないためです。また、夜間部には、社会人経験者や高校卒業後、他の教育機関で学んだ方など、昼間部の学生とくらべ年齢層が高いのも特徴です。その他にも、以下のような違いがあります。

・昼間部は前期後期の2期制ですが、夜間部は4期制です。

・夜間部は昼間部とくらべると学費が低いです。
例)
昼間部 電気工学科(2年制) 2,285,000円
夜間部 電気工学科(2年制) 1,315,000円

おおまかには上記のような違いがありますが、夜間部学科でも、技術や知識を身につけるために必要な科目については、昼間部同様に学べます。例えば、電気工学科は、昼、夜共、電気主任技術者資格の認定学科です。夜間部は、該当する昼間部学科の、技術的に中心となる科目に重点をおいてカリキュラムが構成されています。

卒業までにどれくらいの技術が身につきますか?

仕事現場で対応できるレベル。つまり、プロのレベルをめざして学習します。

ただし、プロとして活動し続けるには、常に新しい技術や知識を身につけて行く必要があり、生涯に渡って勉強は続きます。本校での学習は、いわば、その長い道のりを、初心者でも力強く歩いて行けるようになるための「トレーニング」だといえるでしょう。

文系ですが、大丈夫でしょうか?

大丈夫です。本校には、文系出身の学生も多く在籍しています。

本校には、文系出身の学生も多く在籍しています。また文系出身でも、多くの卒業生がエンジニア、クリエイターとして業界で活躍しています。遅刻、早退、欠席をしなければ、十分ついて行ける授業です。

基本的に未経験者を前提に授業が組まれているので、高校卒業(もしくはそれと同等)の学力があり、遅刻・早退・欠席をしなければ十分授業について行けます。万一、学習状況が遅れてしまった時も、オープン実習などを利用してしっかり挽回しましょう。

課題が多いと不安なんですが…。

遅刻や欠席をしなければこなせる量です。

本校では、卒業まで体系的にカリキュラムが構成されています。はじめはやさしい課題からはじまり、段階的に進んで行きますので、授業にしっかり出席すれば決してこなせない課題ではありません。また授業時間以外にも、オープン実習※を利用して課題に取り組むことができますので安心してください。

※オープン実習…放課後に実習室を開放する制度。教室には先生が常駐しているので、疑問点もその場で解決できます。

授業について行けなくなったらどうしよう?

クラス担任にいつでも相談を。挽回の機会を逃さないように。

授業中に解決できない疑問点があれば、休み時間や放課後などを利用していつでも確認してください。また、定期的にフォローアップ期間が設けられていますので、その期間中に復習することも可能です。その他、授業だけでなく学生生活の不安や悩みなども、1人で抱えず担任やキャリアセンターにいつでも相談してください。

■他のカテゴリーから探す

■その他