教員と講師

学生だけでなく専門学校教員や大学教授も養成しているハイレベルな専任教員と、流行や技術をリードする刺激的なプロが直接指導!

本校には、ネットワークエンジニアを養成するシスコネットワーキングアカデミーのインストラクタ育成トレーナーとして、全国の専門学校教員や大学教授を指導・養成してきた、技術レベルの高い専任教員が多数在籍。また、これら専任教員はICT分野において、複数企業と共同開発するアカデミープログラムに携わってきた実績もあります。さらに、業界をリードするプロフェッショナルとのつながりも魅力の一つ。アニメ界における著名クリエイターやハリウッドで活躍するCGクリエイター、人気ゲームを手がけるトップクリエイターが直接あなたを指導します。一流の専任教員やプロフェッショナルとつながることは、技術や知識を高度に修得できるだけでなく、将来にわたって大きな財産となります。

コンピュータグラフィックス科

五十嵐 淳之 先生

映画、ゲーム、アニメをはじめ、幅広い業界で活躍できるCGクリエイターを育成するため、基礎から実践まで総合的に学習します。
1年次はCGツールの使い方、CG制作に必要な考え方や技法のほか、より効率的なCG制作を実現するプログラミングや粘土による立体造形、デザイン画や絵コンテの描き方なども基礎から学びます。2年次は、得意分野や目標の業界に応じた専攻分野で学習内容を絞り、さらなるスキルアップを図ります。興味をもって努力をすれば、CG未経験でも大丈夫! 一緒にプロをめざしましょう。

CG映像制作科

永井 紀雄 先生

映画やゲームに出てくる、現実にはあり得ない、人を驚かせるようなCG映像を一緒に作りませんか?
そんな「自分が好きな映像を自分でつくる!」ことが本科の目標。CGソフト「Maya」を使って高度な技術と表現力の幅を広げるだけでなく、VFXの合成・編集や映像関連の授業を通してカメラの経験と知識などCG映像を制作するスキルを身につけます。こうしたスキルは、CG映像の業界に入るうえでも求められている力。同じ目標を持つ仲間と一緒に、密度の濃いカリキュラムをこなしながら充実した2年間を過ごしましょう。

コンピュータグラフィックス研究科

佐久間 修一 先生

本科では1年目はMaya、2年目からはHoudiniという3次元CGソフトウェアを使って映像制作を行います。両ソフト共に日本のCG業界はもちろん、海外でも非常に多くのプロダクションで採用されており、これからのCG業界を目指す上で必要不可欠なソフトウェアです。また、本科ではCG制作に活用できるプログラミングや数学もしっかり学べるので就職に有利。それぞれ学科独自のわかりやすいオリジナル教材で学習するため誰でも無理なく習得できます。本科で密度の高い3年間を過ごし、将来業界で活躍する『テクニカルCGクリエイター』をめざしてみませんか。

ゲーム制作研究科

井上 直樹 先生

みなさんがゲームから得た感動や想いを、今度は与える人になりませんか? 現在のゲーム制作者にはプログラムや3DCG、音楽制作のスキル、飽きさせないストーリー展開などさまざまな知識と高いスキルが要求されます。また、人々を楽しませるゲームを作る人に必要な、相手に楽しさを“伝える”コミュニケーション能力・プレゼンテーション能力も養い、ゲームクリエイターとして総合的な知識を身につけます。
「遊びからゲームにする」をモットーに、私たちと一緒に学びましょう!

ゲーム制作科

松島 秀夫 先生

「プログラム」は、ゲーム内のグラフィック表示やサウンドを再生するために不可欠なものです。「ゲームプログラマ」は、そのプログラムを作るわけですから、ゲーム制作の要といっても過言ではありません。
入学当初からプログラム基礎とゲームプログラムを同時に学習して基礎を固め、2年次はゲーム制作に必要な「ゲーム要素」を学び、卒業制作では集大成としてオリジナルゲームを作成します。
最初は難しいかもしれませんが、私たち教員が必ず助けます。一緒に“オリジナルゲーム”を作りませんか?

ゲーム企画科

村井 生 先生

ゲームプランナーには幅広い知識が求められるため、プランニングだけではなく、プロデュース、ディレクション、プログラミング、CG制作などの技術的なことまで学びます。2年間で6回行われる作品制作では、学生同士がそれぞれの企画を評価し合った結果をランキング形式で発表。こうした自分の成長を客観的に把握できるチャレンジの場を経験しながら、ゲーム会社でプロとして働く準備をしていきます。ゲーム作りを学ぶと、作るほうが楽しいと実感できます。本気でゲームを作りたい人の挑戦を待っています。

アニメーション科

工藤 陽輔 先生

アニメーターを中心に、アニメ業界での活躍を夢見る方に最適な2年制学科です。作画やデッサンの基礎から応用まで、プロの講師が粘り強く指導します。制作の全工程を体験できるアニメ演習を通じて、業界の仕組みを学びながら、絵を描く力はもちろん、コミュニケーション能力や問題解決力も伸ばせます。私もアニメーターとしてさまざまな作品に携わり、アニメはもとより、イラストやゲームといった幅広い業界で仕事をしてきました。キャラクターを描くことが好きだったり、制作に興味がある方は、アニメのスペシャリストになってみませんか?

アニメーション研究科

坪井 翔 先生

本科はアニメ業界でクリエーターとして活躍を夢見る方に最適な学科です。3年間のスパンをフル活用し、作画から仕上げ、背景、撮影といったアニメ制作の全工程を学習することで、自分の適性を発見し、就職レベルにまで伸ばすことが出来るカリキュラムだからです。さらに液晶ペンタブレットを実装した実習環境で、業界トレンドに合わせた2D、3D技術の双方のオリジナルアニメ制作ができるのも魅力の一つ。手描きとデジタルツールを共に操れるクリエイターは業界で重宝され、活躍の幅が広がりますよ。

Webデザイン科

小山内 靖美 先生

Webデザイナーには、ユーザーに価値のある情報を正確にわかりやすく表現することが求められます。情報を正確に伝えるための美しいデザインとレイアウト、機能的なインタフェースを実現できたWebサイトこそ、世界中の人にメッセージを届けることができます。
本科ではWebデザインの現場に近い実践的な内容で、サイト企画やコンセプトメイキング、デザイン構想、Web制作を行い、プレゼンテーションに至るまでの現場で“使える”高度なテクニックを学習します。可能性のあるWebデザイン業界で夢を実現させましょう。

グラフィックデザイン科

植田 誠一 先生

ものづくりが好き、絵が好き、写真が好き、パソコンが好きなど、好きなことを仕事に生かして世の中をより生活しやすく変えていく、それがグラフィックデザイナーの仕事です。本科は2年間で基礎から応用、紙媒体からデジタル媒体、そしてデザインだけではなく企画力やコミュニケーション力まで幅広く学び、未経験から着実にスキルアップできるカリキュラムが魅力的です。学内の授業だけではなく、校外学習や外部展示会へ作品を出展する機会も多数ありますので、ぜひ本科に入学して自分の引き出しを増やし、卒業後にデザイナーとして活躍してください。

AIシステム科

福田 竜郎 先生

「AI」×「ビッグデータ」×「IoT」を活用したシステムは様々な産業に大きなインパクトを与えており、革新的なサービスが次々と創り出されています。近い将来には、私たちが予想もできないサービスが登場するかもしれません。
本科では、オブジェクト指向分析・設計・実装によるシステム開発技術を基盤に、機械学習を中心としたAIプログラミング、ビッグデータ分析、IoTデバイスからのセンサーデータ処理技術を総合的に学習します。最先端のAI技術を習得して、次世代のAIエンジニアをめざしませんか?

情報ビジネスライセンス科

谷口 英司 先生

本科は、その名の示す通り「情報」「ビジネス」「ライセンス」の3つのアプローチを軸に、社会人として必要な力を身に付け、幅広い業界への就職を目指す学科です。 就職という目標を実現するためには、社会を知ることと同時に、『自分を知る』ということが大切です。「キャリアデザインワークショップ」 などの授業では、グループで楽しく自己分析や自己理解を進めていき、自分の将来へと繋げて行きます。やりたいことがわからない、目標が見つからないという人も大丈夫です。情報ビジネスライセンス科で、一緒に未来を描きましょう。

ケータイ・アプリケーション科

中川 聡 先生

本科では、スマートフォンの中でも需要の多いiPhoneとAndroid端末を中心に、アプリケーションの開発技術を、講義・実習を通して修得できるカリキュラムが組まれています。プログラム作成だけではなく、アプリ企画・システム設計・コンテンツ制作・ビジネスマネジメントなど、幅広い知識と柔軟な思考を備えた開発者を目指します。「こんなアプリがあったら楽しそう」「こんなアプリを配ればみんなの役に立つかも」あなたの発想を実現する技術を身につけて、世界を舞台に勝負してみませんか?

情報処理科

出崎 誠司 先生

“情報処理”とは、「コンピュータを使って日常生活をどんどん便利にする」ということ。自動翻訳や駅改札のゲート、レジでのカード支払いなど、生活を便利にするシステムが誕生する原点も、「こんなことができたらいいな、便利だな」という発想から。そんな世の中を便利にする「システム」を創ってみませんか?本科ではそれを実現するために必要なシステムの知識と技術を無理なく修得できる「5段階ステージアップ学習法」を採用して、楽しみながら1ステップずつ着実に知識と技術を身につけられるので安心です。

情報システム開発科

柳橋 宏樹 先生

「資格だけでも、技術だけでも満足しない」を実現している学科です。“確かな技術力”と“高い資格取得率”をモットーに掲げ、どの学校よりも効率的に、その2つを習得できるカリキュラムを組んでいます。実際に、難易度の高い資格を取得した学生が多く、本科の学生が卒業制作で作ったシステムの完成度には定評があります。2年次最後には選択ゼミを開講。これまで以上に自分をステップアップさせるために、どちらが必要かを考え、自由に選択できます。これらのカリキュラムを支える高い技術を持った教員陣が、実績・実力重視のIT業界の第一線でも生き抜くことができる人材を育成します。

高度情報処理科

糠盛 創 先生

入学時に知識ゼロでも卒業時にはひとつの完結したシステムを作れるカリキュラムを組み、IT業界の激しい技術変化に対応できる応用力をもったシステムエンジニア(SE)を育成します。
近年では、医療分野にも学習の幅を広げ、医療システムにおける技術の応用にも力を入れています。1年次は情報技術やプログラミングの基礎を学習。2年次はシステム設計・データベース設計の技術を学び、3年次は最新の技術を習得して、卒業制作としてシステムを開発します。優れたSEには技術と知識以外に、顧客ニーズを聞き出す能力も大切。グループワークでコミュニケーション能力を養うなど、楽しく学べる工夫をしています。

ネットワークセキュリティ科

園田 昌平 先生

ネットワークサービスには、思わぬ不利益や犯罪被害の危険性が潜んでいます。便利になる反面、ネットワークセキュリティの重要性はより高まるでしょう。本科では「守る」をキーワードに、ネットワークに特化したセキュリティについて学習。ネットワーク機器世界最大手のシスコシステムズ社が開発したカリキュラムを柱に、近年注目の無線LANについても学んでいきます。シスコシステムズ社認定のCCAIライセンスを持つ教員、ルータ・スイッチ機材200台以上と充実していますし、ゼロから学ぶことができるので、コンピュータ初心者でも安心です。

高度電気工学科

山路 哲平 先生

太陽光発電などの再生可能エネルギーや国も推進しているエネルギー管理システム(EMS)の出現により、エネルギー分野は脚光を浴びています。高度電気工学科は3年間を生かし、初心者を前提に確実に技術が身につく授業をモットーとして、時代に即したエネルギー技術やエネルギー診断プロフェッショナル、電気主任技術者、電気工事士など現場で必要となる資格を取得する学科です。じっくりと学び、じっくりと広い分野から就職先を決めたい人に最適な学科です。

電気工学科

君塚 信和 先生

本科のモットーは「実験で確かめる」。真の実力を得るには、モノに触れながら知識や技術、技能を身につけることが大切。実験は理解力をアップさせてくれます。
また、第三種電気主任技術者、第一種と第二種電気工事士、電気工事施工管理技術検定2級など、資格試験に多くの学生が合格しています。技術と資格があれば企業から高い評価が得られ、将来は約束されます。 本科は電気関係の資格取得や、電気を扱う技術者をめざす人に最適な学科です。今後ますます必要とされる、快適な生活を支える電気技術者をめざしましょう。

電気工事技術科

高橋 俊幸 先生

電気工事技術者の仕事は、発電所から送られる電気を一般家庭用、工場用、通信用、消防施設用など、必要とする場所や目的に応じて配線工事をすることです。この技術と資格があれば、職に困ることはありません。
卒業生の技術力は定評があり、就職率も高い実績をあげています。東京スカイツリータウン内に位置する東京ソラマチや東京ミッドタウンなどの電気工事を担当したほか、独立開業する卒業生も数多くいます。
知識がなくても、勉強が苦手でも、ヤル気さえあれば、私たち教員が必ずプロの電気工事技術者に育てます!

電子応用工学科

仲田 英起 先生

身の回りのスマホや家電、Pepperや自動走行車などの先端技術まで、エレクトロニクスが多くのモノを支えています。さらに、すべてのモノがインターネットにつながるIoTでは、ラズベリーパイなどのマイコンを中心としたハードとソフトを知った技術者が多く必要です。
私たちのカリキュラムは、初心者を前提に段階的に学べる内容からスタートし、卒業時には企業での設計をスタートできるレベルに成長します。
コンピュータやインターネットを活用し、エレクトロニクスを中心にワクワクする『モノづくり』をしたいみなさん、お待ちしています。

■他のカテゴリーから探す
■その他