学科ニュース・作品

【ゲーム企画科】TGSに向けた私たちの作品を見てください!2日目

 

 

こんにちは!

 

最近頭痛が酷いガイアです。

 

東京ゲームショウは、早くも3日目ですね!皆さん楽しまれていますでしょうか?

 

今日は、ゲーム企画科の生徒が作成した作品を1つ紹介いたします!

 

そのゲームがこちら!!

 

『言霊』(コトダマ)です!!

 

言霊は、「声」を使ってじっくり考えるパズルゲームになっております!

 

なぜ「声」を使うのか、それには製作者の深い思いが込められています・・・!

 

今年の自粛期間中に人と喋る機会が減ってしまい「もやもや」が溜まってしまっている人に向けて

その「もやもや」を使ってゲームで発散して欲しい!そんな思いが込められています!

 

実は、企画段階では喋りながら遊べるアクションゲームだったそうです。

 

変わったわけとは・・・

 

このゲームを作るうえで音声認識は必須で

他学科の先生に相談したり、知り合いのプログラマーに相談したり

色々思考錯誤をしていたそうです。

 

しかし、音声認識が想定したよりもだいぶ感度が悪く、

アクションゲームは到底作れない状況人なってしまったそうです。

 

そこで、敵の行動パターンやワナの動きを見て考え遊ぶパズルゲームになったそうです!

 

以上、ゲーム企画科の生徒が作った「言霊」の紹介でした。

 

☟詳しい内容はこちらをクリック!☟

■学科ブログ【TGS2020】言霊

https://www.jec.ac.jp/blog/cr/300/

______________________________________________

さて、長々と語らせていただいたところで、

 

先日の記事でも宣伝した東京ゲームショウの公式番組の情報です!

 

今回は、番組へ実際に出演する2つのチームメンバーにインタビューしてきました。

 

「ブロックプレス」を作成したKさんに聞きました。

 

Q.このゲームを作ろうとした目的は?

A.ゲームは「新しく」あるべきという思想を掲げ

既存のものを使って作り上げたゲームも「新しい」と言えるのではないかと考え、目的としました。

 

Q.制作中に記憶に残ったエピソードはありますか?

A.チーム員が集まらなかったことが一番印象に残っています。

周りがメンバーからチームを組んでいる中

私は、企画を考えてからチームを集めていたのですが

その際、中々メンバーが集まらず最終的には、3人で完成まで進めました。

 

Q.生放送への意気込み教えてください

A.5分という限られた時間ですが、上手く伝えられるように

文言を考え、練習していきたいと思います!

 

次回は「CUBE」のインタビューを紹介します!

 

今回出演する番組の放送日時は・・・

 

9月27日(日)の12時!!

 

更に「ブロックプレス」「CUBE」の詳細が知りたい方は

企画科のTGSサイトにて紹介しているので気になっている方はご覧ください!

 

■企画科TGSサイト

https://2cr1tgs.wixsite.com/2crtgs

 

■企画科Youtubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UC5k84WdBwocOtEWpZfdSgJQ

▲ページトップへ戻る