学科ニュース・作品

日本代表選手としてACA世界学生大会2021へ出場決定!

ACA世界学生大会の日本代表選手として本校2年生の出場が決定!

アドビのソフトウェアを活用する次世代のデザインプロフェッショナルを育てることを目的とした世界規模の大会「ACA世界学生大会」の日本代表選手として、本校グラフィックデザイン科2年生白土絢音さんが出場することに決定しました。

ACA世界学生大会とは

 

日本代表選手の選出は、アドビ認定アソシエイト(ACA)の資格取得を通じ、合格者の中からポスターコンペへ参加したメンバーから、その作品の出来栄え等によって選出されます。

ACA世界学生大会2021は、米国(フロリダ州)での対面型決勝戦が予定されていましたが、新型コロナウイルス感染拡大を防止するため取りやめ、今年11月に時期を変更して各国で決勝戦を行うことが決定しております。

白土さんは今年11月に日本国内で決勝戦に参加し、Photoshop、Illustrator、InDesignを使い1日かけて課題を制作し、世界各国の代表選手と戦う予定です。

外部リンク:ACA世界学生大会2021 プロモーション動画

 

ACA世界学生大会2021日本代表選考ポスターデザインコンペに参加

学科では、ACA世界学生大会2021 日本代表を選考するためのポスターデザインコンペに参加しました。
コンペの課題は、Photoshop、Illustratorを使用して公益財団法人 日本野鳥の会から与えられた3つのテーマに沿ったポスター1作品以上の制作が課せられます。
テーマは、「シマフクロウ保護」「海洋プラスチック問題」「風力発電と野鳥」の3つで、いずれも環境保護を題材としたテーマでした。今回チャレンジした学生のうち、白土さんは「シマフクロウ保護」を、林君は「海洋プラスチック問題」を選びポスターを制作しました。

ポスターコンペの3つのテーマ(ACA世界学生大会2021のサイトから引用)

外部リンク:ACA世界学生大会2021日本代表選考ポスターデザインコンペ結果発表

 

コンペ作品に選ばれた作品を紹介

グラフィックデザイン科では、毎年アドビ認定アソシエイト(通称ACA)試験にチャレンジしており、今年度は5名がポスターコンペに参加したところ、日本代表選手のファイナリストとして2名が残りました。

今回はファイナリストとして選出された2名をポスター作品と一緒にご紹介いたします!

ACA世界学生大会2021代表選手 白土絢音さん

 

↑ACA世界学生大会ポスターコンペの最優秀賞に選ばれた作品

 

制作者:白土絢音(しらど あやね)

出身高校:千葉県立津田沼高等学校卒業

<白土さんのコメント>

世界大会の日本代表選考コンペということで、なかなか体験できない貴重な機会だと思い、このコンペに挑戦することにしました。

シマフクロウのポスターを制作する上で、絶滅危惧種であるシマフクロウについて知ってもらうきっかけになるように、一目見てメッセージが伝わるわかりやすさを意識しました。

日本代表に選ばれるとは思っても見なかったのでとても驚きました

世界大会まで、悔いのないように頑張っていきたいと思います。

 

ポスターコンペのファイナリスト林泉輝君

↑ACA世界学生大会ポスターコンペのファイナリストとして選ばれた作品

制作者:林 泉輝(はやし もとき)

出身高校:長野県駒ヶ根工業高等学校卒業

<林くんのコメント>

コンペに挑戦を考えたきっかけは、高校三年生のオープンキャンパスに参加した時に、当時の先輩にACAのコンペにチャレンジできる機会があると聞いたのがきっかけです。私自身も参加したいと当時から考えており挑戦しました。

制作ポスターはアホウドリをメインビジュアルとして前面に出しつつ海洋汚染が起きていることが伝わるよう作成しました。

最後に

グラフィックデザイン科では、11月に開催されるACA世界学生大会2021に向けてトレーニングがスタートしました。本番で力を発揮し世界の選手たちと戦えるよう準備を進めている白土さん。ぜひ、応援をよろしくお願いします。

▲ページトップへ戻る