カレッジニュース

  • 大会・コンテスト

第46回技能五輪国際大会「光電子技術職種」銅賞を獲得!学生2名卒業生1名が日本代表として出場しました

第46回技能五輪国際大会(WorldSkills Competition 2022 Special Edition)で、本校在校生 荒井 音寧 さん(光電子技術職種:電気工事技術科2年生)、山﨑 ひかるさん(3Dデジタルゲームアート職種:コンピュータグラフィックス科2年生)と、卒業生 園田 拓也 さん(モバイルアプリケーション開発職種:ケータイ・アプリケーション科2022年卒業/株式会社 アウトソーシングテクノロジー 所属)が、日本代表として出場しました。

在校生で日本代表として2名以上出場したのは日本電子専門学校のみ!
(中央職業能力開発協会(JAVADA)公式サイト/代表選手一覧:https://www.javada.or.jp/topics/pdf/WSC_2022SE.pdf

そして、今大会からの新職種の「光電子技術職種」に出場した荒井 音寧 さん(電気工事技術科2年生)が銅メダルを獲得する快挙を成し遂げました!

本大会は中国・上海で開催予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大により1年延期ののち、上海でのロックダウン期間の延長により中止となってしまいました。しかし、特別開催として全15カ国に会場を分散させ、9月〜11月にかけて開催されました。

日本代表として選ばれた3名は、日本(京都府/10/15〜18)と韓国(コヤン/10/13〜16)の開催地で出場し、世界各国から集結した若き精鋭たちと共に技能を競い合いました。

極度の緊張感を漂わせる会場の雰囲気や、数々のトラブルに見舞われながらも、世界という大舞台に挑戦した彼らの勇姿は、多くの人々に感動をあたえました。

皆さん、本当にお疲れ様でした!

日本電子専門学校では、希望する学生に対し”チャレンジ”を可能とする場を提供し、成長を促す取り組みを続けています。学生一人ひとりに寄り添い、地道に学びたい、チャレンジしてみたいという多種多様な気持ちに応えています。

 

≪!お知らせ!≫

11月1日(火)TOKYO MXにて銅メダルを獲得した荒井さんと、エキスパートとして大会に参加した電気工事技術科大木先生のインタビュー動画が放送されました。同番組の公式YouTubeで映像が公開されていますので、ぜひ、ご視聴ください!!

●番組名:堀潤モーニングFLAG
●特集名:技能五輪 若き技能者たちの挑戦
●放送局:TOKYO MX(デジタル9ch)
●放送日時:11月1日(火) AM7:00〜AM8:00

 

 

◆技能五輪国際大会(WorldSkills Competition)とは
本大会には、憲章が定められており、大会の目的は、参加各国における職業訓練の振興と青年技能者の国際交流、親善を図ることにあります。大会の起源は、1950年にスペインの職業青年団が提唱して隣国ポルトガルとの間で各12人の選手が技能を競ったことから始まりました。逐年参加国および出場選手を増加させ、若い技能労働者の祭典と呼ばれるにふさわしい大会に発展してきました。日本は、1962年の第11回大会から参加しており、毎回優秀な成績を収めています。
(※中央職業能力開発協会(JAVADA)公式サイトより抜粋)

 

◆関連サイト
≪厚生労働省/報道発表資料≫
第46回技能五輪国際大会(京都大会)が閉幕しました
~日本代表は3職種全てメダル獲得~
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_28712.html

≪第46 回技能五輪国際大会(特別開催)ワールドスキルズインターナショナルWebサイト≫
※英文
https://worldskills2022se.com/

≪ 第46 回技能五輪国際大会(京都大会)専用Webサイト≫
https://worldskills.jp/

≪中央職業能力開発協会(JAVADA)公式サイト「技能五輪国際大会」」≫
https://www.javada.or.jp/jigyou/gino/kokusai/index.html

 

 

【大会の様子】

◆京都会場

▲京都大会の会場外観「みやこめっせ」

▲「光電子技術職種」競技風景

 

▲「光電子技術職種」荒井さん競技風景①

 

▲「光電子技術職種」荒井さん競技風景②

 

▲「光電子技術職種」荒井さん競技風景③

▲「光電子技術職種」荒井さん競技風景④

 

▲表彰式※写真右が銅メダルを受賞した荒井さん

▲表彰式後の入賞者インタビューの風景。写真中央:様々な感情が溢れ、涙を拭う荒井さん

 

▲TOKYO MX「堀潤モーニングFLAG」の取材を受ける荒井さん

▲TOKYO MX「堀潤モーニングFLAG」の取材を受ける本校電気工技術科教員大木先生(WSCエキスパートとして参加)

 

 

◆韓国会場

▲韓国 コヤン大会の会場外観「KINTEX」

▲会場全体

 

▲「3Dデジタルゲームアート職種」山﨑さん競技風景①

▲「3Dデジタルゲームアート職種」山﨑さん競技風景②

 

▲「モバイルアプリケーション開発職種」園田さん競技風景①

▲「モバイルアプリケーション開発職種」園田さん競技風景②

 

▲競技最終日。すべての作業が終了した山﨑さん

▲WSC運営エキスパートの方と記念撮影。写真中央:山﨑さん、写真右:コンピュータグラフィックス科教員高橋先生

 

▲表彰式

▲表彰式終了後、学校関係者で記念撮影。左から高橋先生、山﨑さん、園田さん、エンジニア教育部長 大川先生

▲ページトップへ戻る