カレッジニュース

産官学連携のワークショップに電気分野学科の学生が参加しました

授業

 去る10月27日(土)と11月17日(土)に、エネルギーインフラ業界の認知向上における広報戦略を考えるワークショップが実施され、本校電気工学科と高度電気工学科の有志の学生が参加しました。

同ワークショップには、経済産業省、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、一般財団法人関東電気保安協会、大学2校、専門学校2校が参加。

エネルギーインフラを支える人材(電気主任技術者、電気工事士)の確保に向け、業界横断的な認知度向上・入職促進を図る広報戦略について構想することを目的として、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社内のミーティングルームで開催されました。

 電気保安人材の主な職種である電気主任技術者と電気工事士をテーマに、前半はグループメンバー全体から意見を募り、イラストレーターが絵柄で意見を具現化しながら模造紙へ描いていく手法で進行。「ターゲットを誰にするのか」、「電気業界の魅力とはなにか?」、「業界の魅力を知るきっかけとは何か」など、活発な意見が取り交わされました。

その後、職種別に2グループ(計4グループ)になり、いままでに話し合った意見を元に、どのような広報活動が認知向上に適しているのかなど、各グループでディスカッションが行われました。

 最終的には、コマーシャルの絵コンテ風な紙芝居や即興の演技で、業界の魅力や仕事の面白さを伝える提案をそれぞれメンバーの前で発表しました。

 学校も組織の壁も越えたワークショップとなり、学生にとって大変貴重な経験となりました。


▲ワークショップ風景(1日目)

▲ワークショップ風景(1日目)

▲意見発表風景(1日目)

▲意見交換の様子(1日目)

▲前回の振返り(2日目)

▲全体の意見出しの様子(2日目)

▲グループワークの様子(2日目)

▲発表の様子(2日目)

 

▲ページトップへ戻る