入学方法外国人・留学生の方

学費サポート(奨学金制度)

本校独自の制度

進級時学費免除制度

本校では入学後、1年次の出席率(出席時間数÷授業時間数)が90%を超える方は、2年次前期に納入する学費から100,000円を免除します。

  • ※ただし、退学もしくは除籍された場合には、免除金を返還しなければなりません
  • ※免除の対象は、2年制学科、3年制学科ともに2年次前期納入分のみ。3年制学科の3年次進級は対象ではありません

選考料免除制度

「オープンキャンパス&体験入学」に参加し、志望の学科を確認後、参加した学科に2019年12月24日(火)までに出願した場合、出願時にかかる入学選考料(20,000円)を免除します。

  • ※郵送・持参いずれも期間内必着

早期出願制度

2019年10月1日(火)~10月31日(木)に出願の場合(書留郵便の場合は締切日必着)、合格後7日以内に入学金20万円を納入し、残りの入学手続き金は2019年12月20日(金)まで延納できる制度です。

学費分納制度

年間を通して学費を分割する制度です。毎月の支払いとなるため、無理なく学費の支払いができます。

親族入学優遇制度

入学者の親族(親・子・祖父母・孫・配偶者等の直系親族、または兄弟姉妹)が電子学園の在校生または卒業生の場合、入学手続時納入金から200,000円を免除する制度です(入学金を除く)。

  • ※入学手続時納入金は学費一覧参照
  • ※PALビジネス専門学校、日本電子デジタルマネジメント専門学校についても対象となります。

該当する場合は、申請用紙へ記入・捺印のうえ入学願書と一緒に提出してください。
兄弟姉妹・双子など親族同士で同年入学する場合はそれぞれ100,000円の免除となります(入学金を除く)。

  • ※申請用紙(募集要項34ページ)の「親族氏名」は出願者本人がご記入ください。

次の場合は制度の対象外となります。ご注意ください

  1. 入学者の親族が上記以外(叔父・叔母・甥・姪・いとこ等)の場合
  2. 申請用紙(募集要項34ページ)の提出が無い場合
  3. 対象となる親族が卒業ではなく退学・除籍であった場合
  4. 申請内容に虚偽があったとき

他団体の制度

在留資格が「留学」の方のみ対象となります。

留学生受入れ促進プログラム(旧文部科学省外国人留学生学習奨励費給付制度)

高等教育機関に在籍する私費外国人留学生で、学業・人物とも優れ、かつ、日本語能力又は英語能力において規定の条件を満たし、留学生生活を続けていくために経済的な援助を必要とする方に対し、日本学生支援機構(JASSO)が行っている支給事業です。

月額 48,000円

※2018年度実績[若干名]

共立国際交流奨学財団奨学金制度(アジア諸国の国籍を持つ私費留学生)

高等教育機関に在籍する私費外国人留学生で、学業・人物とも優れ、かつ、留学生生活を続けていくために経済的な援助を必要とする方に対し、一般財団法人 共立国際交流奨学財団が行っている支給事業です。

一般財団法人 共立国際交流奨学財団 奨学金 月額 100,000円(2年間支給)

株式会社共立メンテナンス奨学基金 奨学金 月額  60,000円(1年間支給)

※2018年度実績

新宿区外国人留学生学習奨励費支給制度

高等教育機関に在籍する新宿区在住の私費外国人留学生で、学業・人物とも優れ、かつ、留学生生活を続けていくために経済的な援助を必要とする方に対し、新宿区が行っている支給事業です。

年間 240,000円

※2018年度実績

公益財団法人 IHNO奨学金制度

本校入学後、国際人材交流支援機構(IHNO)が推薦する就業先の留学生アルバイト勤務者に対し、本校の出席率および就業実績に応じて月額1〜3万円の奨学金が支給される給付型奨学金制度です。詳しくは本校学事部学務課(TEL:03-3363-7763)までお問い合せください。

対象:IHNOを通しアルバイト契約をした者(要審査)

年間:最大36万円

▲ページトップへ戻る