東京・新宿の工業系専門学校

学園情報へ
オープンキャンパス&体験入学
資料請求

就職

職種紹介

クリエイター

クリエイターとは、クリエイティブ業界で活躍する職種の総称です。
プロデューサーのほか、ディレクター、演出家、プランナー、デザイナー、アニメーター、プログラマなどの職種が代表的です。

クリエイター

プロデューサー

プロデューサーとは、プロジェクトに関わる予算調達や管理、スタッフの人事などを担当し、プロジェクト全体を統括する人です。

プロジェクトの統括者として広範囲な権限を持ち、制作物の商業的な成否について責任をもちます。プロデューサーにはディレクター経験者が多く、ディレクションを兼任している場合もあります。

ディレクター

ディレクターとは、さまざまな現場で専門技術に関する部門についての責任者です。

さまざまな業界、業種があるため、具体的な職務内容は異なりますが、その分野に関する専門知識をもち、適切な判断のもと、デザイナーやプログラマーなど現場のクリエイターたちに指示を出します。作品を制作するスケジュールの管理なども行います。

CG・映像業界

CGクリエイター

CGクリエイターとは、CG(コンピュータグラフィックス)制作の一連の作業を担当する人です。または、CG制作に携わるすべての職種の総称でもあります。

CG作成はもちろん、撮影後のVFXを組み合わせる作業など、CG制作を行う上での一連の作業を担当します。ワークフロー(作業工程)を熟知し、限られた期間の中でクオリティの高いCGを作成するための高度な技術と能力が必要となります。

CGデザイナー

CGデザイナーとは、パソコン上で専用のアプリケーションソフトを使用し、CG(コンピュータグラフィックス)画像を実際に作り出していく人です。

映画、映像、ゲーム、テレビ、CM、ウェブサイト、広告などの幅広い業界で活躍できる職種です。

パソコンやソフトの操作スキルはもちろん、CGを作る上での基本的なデザインやデッサンの知識は必須です。また、クライアントの要望にもとづき、作品イメージを作ることもあるため、各業種・分野の基本的な知識も持ち、個性、発想力、色彩感覚、表現力を活かすことが必要です。

CGエンジニア(CGプログラマ)

CGプログラマとは、CG(コンピュータグラフィックス)制作に必要なアプリケーションソフトやツールを開発する人です。

CG制作や映像表現のためのソフトウェアそのものの開発や、プラグインと呼ばれる機能拡張ツールなどのプログラムを作り、CG映像をより豊かにする表現ができるようにする職種です。そのため、CGを使った映像表現をどのように見せたいのか、しっかり理解しておく必要があります。

テクニカルCGクリエイター(テクニカルディレクター)

テクニカルCGクリエイターとは、CG(コンピュータグラフィックス)映像などのアート領域と、それを表現するためのエンジニアリング技術を結ぶ、特殊な役割をもつ人です。

CG制作の現場で生み出される作品は、デザイナーが考える映像表現と、デザイナーが使うアプリケーションソフトやプラグインなどによって支えられています。テクニカルCGクリエイターは、CGデザイナーとCGプログラマよりもさらに高度な技術力と知識をもち、両方の力を引き出すディレクター的な役割をもつクリエイターです。世界のCG業界で不足している人材なので、やりがいのある職種です。

CGオペレーター

CGオペレーターとは、CG(コンピュータグラフィックス)制作ソフトを利用してCG制作を行う人です。

CGデザイナーが起こしたイメージボード、絵コンテなどを基に、キャラクターの動きや表情を描いたり、キャラクターのパターン作成をすることもあります。

CGプロダクションマネージャー

CGプロダクションマネージャー(通称プロマネ・PM)とは、プロジェクトの進行管理を中心に、様々な業務をこなし、CG制作の全体を統括する人です。

企画から制作まで、プロジェクトの全体を通じて制作現場を統括する人です。企業によっては、納品まで担当することもあります。細かい用事やさまざまなトラブルを処理していくため、その業務は多岐にわたります。人と関わることが多い職種でもあり、コミュニケーション能力があるプロダクションマネージャーの需要が高まっています。

CGコンセプトアーティスト

CG(コンピュータグラフィックス)コンセプトアーティストとは、作品の世界観をカタチにするために考え、描いていく仕事です。

映画、ゲーム、アニメなどの作品を作る際に必要となる作品の世界観やキャラクター、プロップ(小道具)などのイメージを、監督やディレクターの目指す方向性を表現するためにイラストやCGで描き、表現する仕事です。コンセプトアーティストが手がけたグラフィックををもとに、現場のデザイナーたちが本編のデザインを造形していきます。

CGテクニカルディレクター

CGテクニカルディレクターとは、CG制作における技術部門の責任者です。

物語(シナリオ)を読み、CG(コンピュータグラフィックス)制作時に使われるだろうデジタル技術を想定し、作品ごとにワークフローを組み立て、一貫した工程管理を行ないます。クリエイティブディレクターのような全体的なディレクションは行いませんが、テクニカルな部分において制作チームの指揮をとるため、CG制作技術に関しての深い知識が必要です。

CGスーパーバイザー

CGスーパーバイザーとは、プロデューサーやディレクター、スタッフに対して、様々なアドバイスをする人です。

限られた予算とスケジュールの中で、クオリティを落とさずに制作するためには、専門的な知識や技術、制作ノウハウが必要です。そのため、経験豊富なCG(コンピュータグラフィックス)クリエイターが、スーパーバイザーとしてプロジェクトに参加し、プロデューサーやディレクターたちと予算やスケジュール、作品のテイストなどを共有し、実現するための方法や手順を考え、アーティストに伝える監督としての役割もあります。

VFXクリエイター(コンポジッター)

VFXクリエイター(コンポジッター)とは、CGはもちろん実写とCGの“合成”をメインに制作を行う人です。

CG(コンピュータグラフィックス)制作の技術やソフトの操作スキルはもちろん、実写とCGを合成したときに、違和感を感じないようなテクニックが必要となります。その表現方法は発想力や技術の応用により生み出されるため、クリエイターのセンスが色濃く出てきます。日頃から多くの映像作品を観て、表現方法やセンスを磨き、発想力を高めておくことが必要です。

  • ※VFX(Visual Effects/ビジュアルエフェクト)=「特殊視覚効果」・・・撮影が不可能な爆発シーンや、現実に存在しない生命体や建築物などをCGで作成し、実写映像と合成すること。
エフェクトデザイナー

エフェクトデザイナーとは、爆発の炎や火花、煙などのエフェクト(特殊効果)を映像に反映させる人です。

さまざまなシーンで使用されるエフェクト(特殊効果)。映像の魅力を最大限に発揮できるエフェクト(特殊効果)をかけるため、映像のセンスが必要となります。

モーションデザイナー

モーションデザイナーとは、ゲームやCG(コンピュータグラフィックス)のキャラクターに「動き」をつける仕事をする人です。

キャラクターデザイナーなどが描いたキャラクターに、専用のソフトを使用して“モーション(動作・動き)”をつける仕事をします。人や動物などの生物はもちろん、さまざまな物の動きを熟知する必要があります。

リギングアーティスト(リガー)

リギングアーティストとはアニメーションをつけるための設定(セットアップ)を行う人です。

CG(コンピュータグラフィックス)で制作したキャラクターにアニメーションをつける仕事なので、人間や動物の解剖学的造詣、メカや機械構造の知識などが求められます。キャラクターにアニメーションさせる仕事なので、CGアニメーターがコントローラーを使って直接動かす場合もあります。

テクスチャデザイナー

テクスチャデザイナーとは、色がついていない3D作品(モデル)に質感や色などをつけていく人です。

専用ソフトで作られたばかりの何も色がついていない3Dに、質感や色などをつけていきます。テクスチャと呼ばれる質感などを描いた絵を、モデラーが作成した3Dにつけていきます。

そのため、協調性や世界観を統一するための配慮なども必要です。また、黙々と作業することが多いため集中力や忍耐力が必要です。

マットぺインター

マットぺインターとは、映画の背景をCG(コンピュータグラフィックス)で仕上げ、奥行きのある映像に見せる人です。

マットペイントは映画制作の現場では昔からある職種で、近年はCGを使って表現されるようになりました。3DCGのモデルを使い、カメラの視点まで考えて表現することで、背景に奥行きや立体感を生み出します。

モデラー

モデラーとは、デザイナーなどが描いたキャラクターや物を、実際にCG(コンピュータグラフィックス)化していく人です。

専用のソフトを使用し、立体感のある3Dにしていく仕事を行います。通常の絵画とは違い、立体的なモデルを作成しなくてはならないため、空間に対する認識力、想像力や高度なデッサン力が必要です。3DCGデザイナーともよばれています。

2DCGデザイナー(2Dグラフィッカー)

プロジェクトの企画書にもとづき、そのゲームや映像作品の世界観、キャラクター、背景などを線画やカラーでビジュアル化する人です。

その作品のビジュアルイメージを決める重要な職種です。ゲームや映像だけでなく、一般の人の目につくパッケージや広告などにも使用されるため、斬新かつ魅力的なデザインが求められます。

3DCGデザイナー

2DCGデザイナーの作成したデザインを基に、実際にキャラクターなどを3DCG化する人です。

2DCGデザイナーが描いたデザインなどを、実際に立体化するため、空間に対する認識力、想像力が必要です。色や質感を出すためのテクスチャを描く作業も行うため、その技術やデザインセンスも要求されます。モデラーとも呼ばれています。

アニメ業界

アニメクリエイター

アニメクリエイターとは、アニメーション制作の一連の作業を担当する人です。

または、アニメーション制作に携わるすべての職種の総称でもあります。

キャラクターデザインや背景などはもちろん、アニメーション制作を行ううえでの一連の作業を担当します。ワークフロー(作業工程)を熟知し、限られた期間の中でクオリティの高いアニメーションを作成する技術や能力が必要となります。

アニメーター・CGアニメーター

アニメーターとは、キャラクターやアニメの元となる絵などを、一枚一枚描いていく作画を担当する人です。

アニメーションさせるために、動きの異なる元の画を1 枚1枚描いていく仕事を担当します。フリーで活躍する人も多いです。CG(コンピュータグラフィックス)アニメーターは、CGに特化したアニメーターとなります。近年のデジタル技術を活かしたアニメーターやCGアニメーターは、アニメーターとしてのデザインセンスはもとより、専用ソフトの操作スキルも必要となります。また、アニメの仕事をする人たちの総称としても使われますが、詳しく分類すると、原画マンと動画マンの仕事がアニメーターの仕事となります。

原画マン

原画マンは、アニメの動きの要所になる「原画」を描く人です。

キャラクターを動かす際にアクセントになるポイントを描くのが原画マンの仕事です。原画マンに必要なものは、作画力とキャラクターに演技をつける演出家的要素です。完成した原画は原画監督がチェックして動画の工程に回されます。原画マンをはじめとするアニメーターの画力は、作品の中で如実に表れるので、アニメ制作の重要なポジションを担っています。経験を積むと、作画監督やキャラクターデザイナーにステップアップできます。

動画マン

動画マンは、原画と原画の間をつなげる「動画」を描く人です。

原画と原画の間の「中割り」という動きのあるカットを描く仕事です。原画のイメージを崩さないよう丁寧に描くことが重要で、完成させるスピードも求められます。動画マンが経験を積むと、動画検査や動画マンにステップアップすることができます。

動画検査

動画検査は、動画のチェックや修正を行う人です。

動画の熟練者が、動画マンの描いた中割を一枚ずつ確認・修正指示を入れる仕事が動画検査です。ひとつの作品を作るために大量の動画が描かれますので、スピードとともに正確さが求められる仕事です。

背景美術

背景美術とは、キャラクターの存在感や作品の世界観を印象づけるための「背景」を描く人です。

場所や季節感、未来や過去の時代を感じさせる「背景」は、作品全体のイメージや世界観を決める重要な仕事です。空間を描くため、遠近法などの基本的な技術はもちろん、アニメーションにおける雰囲気を持たせるためのセンスや技術が必要です。

デジタルペインター(色指定・色彩設計)

デジタルペインターとは、アニメーターが描いた線画に、コンピュータを使って色をつける人です。

アニメーターが描いた線画に色をつけたり、ボカシ効果や、エアブラシ効果などを施していく仕事をします。色によって作品のイメージが大きく変わるため、アニメーション制作をするうえで重要な職種です。

撮影(デジタル撮影)

撮影とは、実際のカメラではなく、コンピュータで専門の技術を使用し、映像の流れを創り出す役職です。

かつてアナログでアニメ制作を行っていた頃は、セルと呼ばれる透明のフィルムに描いた動画をフィルムカメラで一枚ずつコマ撮りしていたことから、「撮影」と呼ばれています。現在はコンピュータ上で、キャラクターと背景を組み合わせ、映像をつくりだす作業を行います。映像に関する専門知識と、膨大なセルを一枚ずつコマ撮りする作業のため忍耐力が要求されます。CG(コンピュータグラフィックス)・映像分野におけるVFXクリエイター(コンポジッター)がこれにあたります。

キャラクターデザイナー

キャラクターデザイナーとは、ゲームの企画をカタチにするために、登場するキャラクターをデザインする人です。

ゲームの世界観に合わせた人物キャラクター、アイテム、インターフェースなど、幅広いデザインが求められるため、高い画力を身につける必要があります。

アニメーション演出家

アニメーション演出家とは、脚本をアニメーション化するうえで指揮・監修をする人です。

アニメーション演出は、「監督」「アニメーション・ディレクター」などの職種で呼ばれることもあります。作画監督や美術監督により、絵コンテやキャラクター・デザイン、レイアウト設定、美術設定などが作られ、撮影、特殊効果、録音、編集と一連の作業が進みます。このすべての制作工程に関して、アニメーション演出家は深く関与します。アニメーション制作で必要な幅広い知識と技術が必要です。

制作進行

制作進行とは、アニメーションなどの映像作品に関して、制作管理に携わる人です。

実写映画では、進行主任とも呼ばれています。アニメの制作工程のほぼすべてを管理し、プロジェクトが効率よく進行するよう管理します。アニメーション制作に関わるさまざまな職種の人たちと関わるため、コミュニケーション能力が必要です。

アニメ監督

アニメ監督とは、アニメーション制作をするうえで、作品のテーマや方向性を示し、プロジェクトチームに対し指導、監督を行う責任者です。

監督といっても、作画監督や美術監督などさまざまな監督がいます。その中でもアニメ監督は、プロジェクトの責任者であり、作品の本来のテーマや方向性を示し、プロジェクトチームの指導を行います。常に新しいアイデアや表現を考え、それを形にしたいという強い意志が必要です。

漫画家

漫画家は、その名の通り漫画を描く人です。

通常の長編・短編漫画や、4コマ漫画などさまざまな形態があり、作品の人気が出てくるとアニメや映画、ゲームなどでも展開されます。絵を描く技術やセンスは大事ですが、魅力的なストーリーやキャラクター設定などを考える想像力・発想力が一番必要になります。また、黙々と作品を仕上げていく忍耐力も必要です。

イラストレーター

イラストレーターとは、商業媒体でイラストを描く人のことです。

イラストというと小説の表紙や挿絵など、紙面で見ることが一般的でしたが、近年はゲームで使われるキャラクターなども手がけています。自分の持ち味を出せるように描かなければいけませんが、用途に合わせたテイストで表現しなくてはならないため、表現力とセンスが必要です。

ゲーム業界

ゲームクリエイター

ゲームクリエイターとは、ゲームソフトの開発・制作の一連の作業を担当する人です。

ゲームクリエイターには、プロデューサー、ディレクター、プランナー、シナリオライター、デザイナー、プログラマー、サウンドクリエイターなど、さまざまな職種が含まれています。各職種に沿った知識や技術が必要です。また、長期間にわたるチーム制作のプロジェクトが多いため、コミュニケーション能力が必要です。

ゲームプログラマー

ゲームプログラマーとは、専用のプログラム言語を駆使して、企画書や仕様書に基づいて、ゲームを実際に構成(プログラミング)する人です。

ゲームの操作やキャラクターの動きなど、さまざまなところでプログラムが使用されています。そのプログラムを作るのがゲームプログラマーです。プログラミングの知識はもちろん、シナリオ、サウンド、グラフィックなどの要素を効果的にうまく生かす総合的視野が必要です。プログラミングのスペシャリストとして応用力と高度なスキルも必要となります。

ゲームCGデザイナー(ゲームグラフィッカー)

ゲーム中の人や背景など、すべてのグラフィックを描く仕事をする。

かつては2Dデザイナーが多く活躍していましたが、3DのCG(コンピュータグラフィックス)デザイナーはセンスとともに専門技術が必須です。オリジナルのデザインを手がけることもありますが、イラストレーターやキャラクターデザイナーから渡された原画をもとに描く場合もあります。

ゲームプランナー(企画)

ゲームプランナーとは、ゲームを面白くするためのアイデアなどを提案し、ゲーム自体の企画を行う人です。

近年、ゲーム機やスマートフォンでもゲームができるため、数多くのゲームソフトが発売されています。ゲームプランナーは、より魅力的なゲームを作るためにとても重要な職種で、斬新なアイデアと常に人を驚かせる発想力が必要です。考案した企画を開発担当チームに伝えなくてはならないため、プレゼンテーション能力も必要となります。

ゲームシナリオライター

ゲームシナリオライターとは、作品全体の流れとなるシナリオを作る人です。

ゲームの流れとなるシナリオを書く仕事以外に、ゲームのマニュアル制作やゲーム雑誌に掲載する広告用の記事を書くこともあります。作家的な能力やストーリーを作るうえでのネタの調査や、その結果を分析する能力も必要です。

ゲームプロデューサー

ゲーム制作において全体的な統括と予算を管理・配分する人です。

ゲームの企画・制作における全責任を担う重要な仕事です。ゲームソフトの企画・立案から、工程管理・予算管理、スタッフ管理などゲーム制作を統括します。そのためプログラミング、グラフィック、サウンドなどゲーム制作全般の知識が幅広く必要となります。さらに独創的なアイデアも必要となります。

ゲームディレクター

ゲーム全体の企画から、人員の配分やスケジュールの調整、進行管理、プロモーションなどの全般にかかわる統括責任者が、ゲームディレクターです。

ゲーム制作における多岐にわたる実務を担う中核となる存在です。開発チームのまとめ役であったり、アドバイザー的な役割であったりします。さまざまな面で最終的な判断をくだしたり、進行を管理したり、スタッフに仕様を伝えるなど、スタッフとのコミュニケーションをとることも重要な仕事です。

デザイン・Web業界

DTPデザイナー

DTPデザイナーとは、書籍や雑誌、ポスター、チラシなどの印刷物を、パソコンを使ってデザインする人です。

そのため、ページレイアウトやデザイン知識はもちろん、コンピュータや専用ソフトの操作スキル、デザインや編集の知識と技術が必要です。

  • ※DTPとはデスクトップパブリッシングの略で、パソコン上で行う編集作業全般を指しています。
DTPオペレーター

DTPオペレーターとは、デザイナーが作成したデザインをもとに、レイアウトを中心に修正し、印刷するためのデータを完成させる人です。

デザインの知識はもちろん、打ち出したい内容を読み取り、重要な内容を適切な場所に配置したり、専用ソフトの操作スキルや応用力なども必要となります。

  • ※DTPとはデスクトップパブリッシングの略で、パソコン上で行う編集作業全般を指しています。
クリエイティブディレクター

クリエイティブディレクターとは、プロジェクトの企画から制作過程の指揮を執る責任者です。

デザインの方向性を決定し、多くのデザイナーを取りまとめていきます。クライアントの要望をふまえながら、デザイナーの意見も取り入れ、よい作品を作るという強い意識が必要です。豊富な知識と経験はもちろんですが、プレゼンテーションなど人を説得できる技術も重要となります。

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーとは、普段見慣れているさまざまな商品のデザインをする人です。

雑誌や広告(ポスター・チラシ)、ファッション、生活用品や飲食物のパッケージなど、普段私たちが見慣れているさまざまな商品のデザインをします。デザインセンスだけでなく、現代の流行や業界の動向を把握し、その業界に見合った提案を出せるアイデアや発想力が必要です。

エディトリアルデザイナー

エディトリアルデザイナーとは、主に雑誌や書籍・カタログなどをデザイン的に読みやすいよう編集する人です。

雑誌や書籍などの「ページもの」を作るデザイナーをエディトリアルデザイナーと呼びます。紙面をより魅力的に、いかに読み易くするか考えるのもこの仕事の大事なポイントです。ビジュアル素材を扱うことも多いので編集技術・知識だけではなく、バランス感覚や美的感覚も必要です。また、決められた期間の中でクオリティの高いデザイン編集を行えるだけの技術と能力が要求されます。

アートディレクター

アートディレクターとは、コンセプトにもとづき、デザイナーやカメラマンなどに指示をだし、ビジュアルイメージを作る責任者です。

略してADとも呼ばれています。広告や商品のコンセプトをもとに、打ち出すイメージを提案し、そのアイデアをデザイナーやカメラマンに伝え、ビジュアルイメージを作っていきます。雑誌や広告などの印刷物に関する広告業界と、映像業界のどちらにも職種があり、いずれも豊富な経験が必要です。

Webデザイナー

Webデザイナーとは、インターネット上で閲覧するホームページをデザインする人です。

主に、ディレクターなどの指示に従い、クライアントの要望をふまえてホームページをデザインしていきます。雑誌や広告などの印刷物とは違う、動的な要素があるため、見る人のこと考えてデザインを提案する必要があります。インターネットの知識や専用ソフトの操作スキル、デザインセンスなど幅広い知識と能力が必要です。

Webプランナー

Webプランナーとは、クライアントと一緒に広告やイベントを計画していく人です。

Webサイト制作における企画・コンセプト作りが主な仕事です。たくさんのユーザーに見てもらえるホームページにするための企画を考え、クライアントに提供していきます。クライアントやデザイナーに、プロジェクトの方向性を伝えられるだけのコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力が必要です。デザインや営業力以上に、Web業界に関する豊富な知識と企画力が要求されます。

Webディレクター

Webディレクターとは、ホームページ制作において、制作チームのリーダーとしてスタッフをとりまとめる人です。

クライアントが要求するコンセプトやニーズを把握した上で、制作スタッフに適切な指示を出し、仕上がったWebサイトを細かくチェックしたりします。ホームページ制作における知識や技術はもちろん、プロジェクトの全体をみて制作の進行をコントロールできる能力を必要とします。

Webプログラマー

Webプログラマーとは、仕様書に基づいてシステムを構築する人です。

クライアントの要求を聞き仕様書を作成し、その仕様書にもとづきWeb用のシステムを作る仕事をします。近年、人気が急上昇したコミュニティサイトなどにより、Web専用のシステムも多様化しました。新しいシステムを考案するために、プログラミング言語とインターネットに関する幅広い知識とスキル、応用力も必要となります。

コーダー

コーダーとは、ホームページをブラウザで表示できるようにする人です。

HTMLとよばれるマークアップ言語を用いて、ユーザーがブラウザで閲覧できるようにします。Webデザイナーが兼任して行う場合もありますが、この作業を専門とした職種がコーダーとなります。HTMLの知識はもちろん、ホームページを閲覧する人のことも考慮しながら制作するため、専門的な技術や知識が必要となります。 HTMLコーディングスタッフといわれる場合もあります。

■他のカテゴリーから探す
■同じカテゴリーから探す
■その他