夜間部

学科紹介

無試験で電気主任技術者を取得。電気を扱うスペシャリストへ

電気工学科(夜間部)

電気工学科(夜間部)

2年制

未経験者も安心。1年間で初心者からプロの電気工事士へ

電気工事士科(夜間部)

電気工事士科(夜間部)

1年制

基礎からプログラミングを学び、応用力のあるITエンジニアを育成

情報処理科(夜間部)

情報処理科(夜間部)

2年制

最先端の技術を身につけた、セキュリティエンジニアをめざす

ネットワークセキュリティ科(夜間部)

ネットワークセキュリティ科(夜間部)

2年制

よくある質問【就職編】

Q.夜間部でも卒業すれば「専門士」の称号をもらえるのですか?

2年制学科を卒業すると「専門士」の称号が与えられます。就職の際には短期大学と同等に扱われます。

Q.22歳の大学四年生です。ゼロからの再進学ですが、就職できるでしょうか?

日本電子では、大学・短大の卒業・自主退学者、社会人やフリーターだった方たちが、専門職として次々と就職を決めています。年齢層も幅広く、30代で希望職種での就職に成功している方もいます。

Q.夜間部学生への就職サポートはありますか?

700社を超える合同企業説明会や著名企業も参画している校内入社試験など、お昼間の開催ではありますが、日程が合うようであればご参加いただけます。「日本電子の学生を採用したい!」という意欲を持った企業が参加しておりますので、一般の企業説明会よりもより近い距離感で企業とも触れ合え、その後の就職活動もスムーズに進めることが可能です。そのほかにも、履歴書や職務経歴書の添削、模擬面接なども実施しています。

よくある質問【キャリアアップ編】

Q.キャリアアップに有利な資格はどんなものが取れますか?

電気工学科では「第二種・第三種電気主任技術者」、電気工事士科では「第二種電気工事士」、情報処理科では国家資格の「基本情報技術者」、ネットワークセキュリティ科では企業認定資格「CCNA」、「LPIC」などの資格の取得が目指せます。

よくある質問【環境&サポート編】

Q.学費を抑えたいのですが、良い制度はありますか?

働きながら学べる「新聞奨学生制度」や「長期アルバイト」、「親族入学優遇制度」などがあります。また、東京都認可の専門学校のため、通学定期をはじめとする『学生割引』は夜間学科でも利用することができます。
※「長期アルバイト」は年度学期により異なります

Q.夜間部にも夏休みなどの長期休みはありますか?

昼間部とは若干期間が異なりますが、夏・冬・春に長期休暇があります。年間スケジュールの都合により日程が変更になる場合がありますので、随時お問い合わせください。

こんな方が、夜間部で学んでいます。

入学の動機

就職や転職、資格取得など動機が明確な学生が多く、意欲の高いクラスメイトに刺激されながら学習できます。

入学前の職業

高校生、大学生はもとより、社会人、フリーター、無職と幅広い職歴・経歴の同級生とともに学べます。

入学時の年齢分布

就職・転職目的で入学する方が多いため、20代の入学者が増えています。全体的に見ると、高校新卒の18歳から40歳を超える方もいらっしゃいます。

入学後の職業

ライフスタイルに合わせて、夜間に学べる利便性や、昼間部同様の授業、設備機材が決め手となったという回答もありました。

学科紹介

無試験で電気主任技術者を取得。電気を扱うスペシャリストへ

電気工学科(夜間部)

電気工学科(夜間部)

2年制

未経験者も安心。1年間で初心者からプロの電気工事士へ

電気工事士科(夜間部)

電気工事士科(夜間部)

1年制

基礎からプログラミングを学び、応用力のあるITエンジニアを育成

情報処理科(夜間部)

情報処理科(夜間部)

2年制

最先端の技術を身につけた、セキュリティエンジニアをめざす

ネットワークセキュリティ科(夜間部)

ネットワークセキュリティ科(夜間部)

2年制

よくある質問

就職編

22歳の大学四年生です。ゼロからの再進学ですが、就職できるでしょうか?
日本電子では、大学・短大の卒業・自主退学者、社会人やフリーターだった方たちが、専門職として次々と就職を決めています。年齢層も幅広く、30代で希望職種での就職に成功している方もいます。
就職活動でアピールできる資格はどういったものがありますか?
IT分野では、国家資格であり、午前試験が免除される「基本情報技術者」、電気分野では卒業と同時に取得できる「第二種電気工事士」などがあります。
夜間部でも卒業すれば「専門士」の称号をもらえるのですか?
2年制学科を卒業すると「専門士」の称号が与えられます。就職の際には短期大学と同等に扱われます。
大学編入は可能ですか?
2年制学科は可能です。日本電子では大学編入を希望する学生に対して、キャリアセンターでの相談やアドバイスを実施。夜間部から大学に編入した実績もあります。条件は大学によって異なりますので、ご希望の大学にお問い合わせください。

転職&キャリアアップ編

会社(大学・短大)を辞めずに働きながら(ダブルスクールで)勉強できますか?
日本電子への通学はJR大久保駅から2分、JR私鉄各線の新宿駅から10分という交通の利便性もポイントです。授業は月曜から金曜の17:50~21:00と、会社帰りやダブルスクールでの通学も可能な時間で勉強できます。
※特定の学科では土曜日の授業を実施している学期 があります
日本電子はJR大久保駅から2分、JR私鉄各線の新宿駅から10分という交通の利便性もポイントです。授業は月曜から金曜の17:50~21:00と、会社帰りやダブルスクールでの通学も可能な時間で勉強できます。
キャリアアップに有利な資格はどんなものが取れますか?
電気工学科では「第二種・第三種電気主任技術者」、電気工事士科では「第二種電気工事士」、情報処理科では国家資格の「基本情報技術者」、ネットワークセキュリティ科では企業認定資格「CCNA」、「LPIC」などの資格の取得が目指せます。
転職者向けの求人はありますか?
あります。新卒者・既卒者を問わない求人や、年齢制限のない求人、中途採用の求人などが、日々キャリアセンターに寄せられています。まずは教員やキャリアセンタースタッフにお問い合わせください。

環境&サポート編

学費を抑えたいのですが、良い制度はありますか?
働きながら学べる「新聞奨学生制度」や「長期アルバイト」、「親族入学優遇制度」などがあります。また、東京都認可の専門学校のため、通学定期をはじめとする『学生割引』は夜間学科でも利用することができます。
※「長期アルバイト」は年度学期により異なります
夜間部でも就職活動のサポートは受けられますか??
日本電子のキャリアセンターではキャリアカウンセラーなどの資格を持つ専任スタッフが全学生を対象に就職活動を全面的にサポートします。日本電子の学生であれば、キャリアセンターに集まる情報はインターネット上の学生ポータルサイトを通じて、いつでもリアルタイムに検索、活用できます。
夜間部の学生も合同企業説明会や校内入社試験に参加できますか?
夜間部は学びながら働いている学生が多いため、自分の予定を調整して合同企業説明会や校内入社試験に参加する学生もいます。これらの就職イベントは日本電子で学ぶ学生への採用意欲が高い企業が集まるので、就職に大変有利です。
夜間部にも夏休みなどの長期休みはありますか?
昼間部とは若干期間が異なりますが、夏・冬・春に長期休暇があります。年間スケジュールの都合により日程が変更になる場合がありますので、随時お問い合わせください。
昼間部で学べる内容と全く違うのですか?
基本的には一緒です。昼間部と同等の内容を夜間部の授業時間で習得できるよう、カリキュラムを組んでいます。また、昼間部の教員が授業を担当しています。
仕事の都合で、遅刻や欠席はできますか?
17時50分の授業開始に間に合うように、ご自身で調整をお願いします。特に電気工学科や電気工事士科は、国家資格の認定学科となっているため、基本的に遅刻や欠席は認められません。欠席者のための補習授業等も実施しておりません。
▲ページトップへ戻る