Web・モバイル

学科紹介

デザイン+プログラムで無敵のトップクリエイターになる

Webデザイン科

Webデザイン科

2年制

自分のアイデアが世界へ広がるモバイルアプリプログラマになる

ケータイ・アプリケーション科

ケータイ・アプリケーション科

2年制

Web・モバイルってどんな業界?
Webやモバイルの業界は、スマートフォン・タブレット端末の急激な普及により、劇的に成長しています。ビジネスや実生活に欠かせないインフラ(基盤施設)としてそのサービス内容も多岐にわたっており、PC・スマートフォンといった端末を横断したインターフェースやアプリケーションの開発が求められています。著名な企業でいえば、Google、ヤフー、楽天、DeNA(モバゲー)、ガンホー・オンライン・エンターテイメント、グリー、コロプラなどが挙げられます。
Web・モバイルをめざすなら
IT業界の中でもっとも目まぐるしく新しい技術やサービスが展開されるWeb・モバイル業界。「新しい情報をキャッチしよう」「新技術を率先して修得しよう」という姿勢が大切になります。すでに多くのアプリケーションが世に出されているため、今までにない企画や提案ができる能力も必要です。近年特に、スマートフォン・タブレット端末のユーザーがビジネス用途だけではなく、私たちの生活レベルでも使われるようになってきているため、広い視野を持つことも重要になります。
Web・モバイルの適性は?
いち早く新しい情報やトレンドをキャッチし、誰よりも早く取り入れている人。みなさんにもそんな情報通のお友達はいないでしょうか? このWeb・モバイル分野では、新しいことに恐れずチャレンジする気持ちと、面白さや利便性を追求し、柔軟に受け入れることのできる人物が適しています。

これからのWeb・モバイル分野に
求められることってなんだろう···?

世の中はどうなっているのだろう…?
幅広い世代に向けたサービスが求められてきています!

総務省の調査によるとスマートフォンの世帯所有率は、75.1%にのぼり、タブレット型端末は36.4%と携帯型端末の所有率は高まっています(平成30年度 情報通信白書)。

老若男女問わず、幅広いターゲット層に対応したサービスを展開していく事が重要となります。

もっと見る

活躍の場はスマホだけじゃない…?!
ウェアラブルコンピューティングの分野にも活躍の場が広がる

ウェアラブルコンピュータとは、着用できるコンピュータのこと。単に持ち運べるノートPCやスマートフォンとは異なり、衣服や腕時計として身につけたまま使える電子機器のことを指します。

常に身につけている特長を活かした、新たな価値を生み出すことが期待されており、特に高齢化社会の日本において医療やフィットネスの分野での活用の可能性は大きいと考えられています。心拍数計、歩数計でなく、体の動きや体温、睡眠パターン、移動速度などを記録することで健康に関する情報が得られ、ユーザーに有益なアドバイスを示すことはもちろん、様々なサービスやアプリケーションとの連携も期待されています。

もっと見る

Web・モバイル分野を学ぶ上で知っておかないといけないことって何…?
モバイルの特長である「半径1m以内」の手軽さとインターフェースの重要性

携帯端末はすぐ手に届く距離に置かれることが多く、ユーザーは情報へ即座に反応するようになりました。この便利さによって、タイムリーに役立つ情報を届けることができるようになりました。

一方で、多くの情報が届けられるユーザーの注意を引くために、キャッチコピーや文章の明瞭さ、デザインといった視覚表現やユーザーの興味を引くための工夫・情報の質が問われてきます。

情報の新規性(=企画力)とそれに気づかせる見せ方(インターフェース)がますます重要になってきます。

もっと見る

卒業生作品がApp Storeにて販売中!

スゴイ便利帳
日常生活で役に立ついろいろな便利な知識が40種類収録されているアプリ。
実物換算
「東京タワー○個分の高さ」等、実物の物75種類以上の物に置き換えて計算できるアプリ。
  • BLOSSOM PEDOMETERS

    育成型歩数計アプリ

    一定数歩くごとに植物に水をやるので、植物を育てながらウォーキングできる。

  • MUSIC

    ミュージックプレイヤーアプリ

    音楽を再生すると画面中央の円盤が回る。シンプルだが視覚的に楽しい。

  • WANPIC

    カメラアプリ

    動き回る愛犬の写真撮影でも、このアプリならベストショットが撮りやすい。

業界からの応援メッセージ ※氏名五十音順

(株)AbemaTV

Webデザイナー

石塚 千裕さん

東洋大学附属牛久高校 出身
Webデザイン科卒業

日本電子を卒業後、Web制作の企業にデザイナーとして勤務し、その後、株式会社サイバーエージェントに転職。現在は株式会社AbemaTVに出向し、プロモーション、番組アートワークのデザインを担当している。

高校生時代

Webデザイナーという仕事の深さに興味を持って専門学校へ

大学附属の高校だったので、進路を考える際、そのまま大学に進むという道もありました。元々、自分でWebサイトを作ったり絵をデジタルで描いたり、昔からパソコンを使うことが好きで趣味で色々と作っていました。そんな私が、Webデザイナーを目指そうと思った最初のきっかけは、高校のときの学校説明会です。日本電子の担当の方からWebデザインの仕事についていろいろ話を聞かせていただき、デザインの世界に興味を持ちました。体験入学にも行き、Webサイトのデザインだけでなく、企画やプレゼンテーション、プログラミングなど幅広い知識が必要と知り、もっと深く実践的に学びたいと思い、日本電子のWebデザイン科への進学を決めました。

日電時代

挑戦できる環境のおかげでオールマイティな実力が身についた

日本電子時代に一番印象に残っている授業は、1年次の「進級制作」です。これは企業と連携して進めるもので、初めてクライアントに向けて1つのWebサイトを制作する授業になります。企業との打ち合わせの時は、緊張で震えながらプレゼンを頑張ったことを覚えています。その授業ではクライアントの要望を聞いて実現する難しさも味わうことができ、本来、社会人になって行うような一連の仕事の流れを体験できました。日本電子では、土台となる基礎を幅広くしっかりと勉強できるのでWebデザイナーとしてどんな仕事にも対応できるオールマイティな実力が身につきました。さらにWebデザイン科は授業以外の活動も意欲的に行っており、「技能五輪全国大会」にも出場させていただきました。3日間という限られた時間の中、企画、デザイン、プログラミング、プレゼンまで行いサイト制作をするのですが、結果敢闘賞を受賞することができ、大きな自信となりました。当時は大会に向けて、仲間と切磋琢磨して勉強に励んでいました。そんな大変だった時間を共にした、日本電子時代の仲間が大人になってからも大切な存在ですね。

現在

挑戦することは楽しい!やりがいはそこから生まれる

入社後は、複数のコミュニティサービスを経験し、現在はサイバーエージェントとテレビ朝日が共同で展開する「AbemaTV」というサービスに携わっています。立ち上げ当初はPCやTVデバイスなど開発チームでUIデザインを担当していましたが、現在はプロモーションや番組側のデザイン、アートディレクションを担当しています。駅や店舗などの野外広告や、イベントで使用するブースのデザインの仕事も手掛けています。自分の作ったブースでお客様が写真を撮って、ネットにアップするのを見かけたときは次の仕事へのモチベーションアップにも繋がり、お客様が喜んでくれることが私の原動力になっているんだなと実感しました。日本電子で培ったゼロから作り上げる「企画力」と、持ち前のチャレンジ精神で、現在では非常に幅広い分野の仕事に取り組めています。高校生の方がもし進む道を模索しているなら、自分の好きな物をとことん追求してみるのが大事だと思います。音楽でも絵でも何でも構いません。私の場合は好きなことをずっと続けていたら、現在の仕事に繋がったことがたくさんあります。これからも、ものづくりが「好き」という気持ちで色々な仕事にチャレンジしていきたいと思います。

もっと見る

(株)ZOZOテクノロジーズ

プログラマー/アプリ開発エンジニア

遠藤 万里さん

福島県立喜多方桐桜高校出身
ケータイ・アプリケーション科卒業

初めて買ったiPhoneでアプリの魅力に衝撃を受け、ケータイ・アプリケーション科に入学。現在は、ベンチャー企業でスマホアプリ開発のエンジニアとして活躍中。

高校生時代

ガラケーからスマホへアプリの魅力に夢中に!

高校1年生の時に初めてiPhoneを買ったことで、 アプリ”と出会いました。それまで使っていたガラケーとはまるでちがう、最先端の技術に、「アプリってすごい!」と衝撃を受けたことをよく覚えています。当時はITに詳しくなかったのですが、使っているうちに「自分も好きなものに携わりながら人を楽しませるようなアプリが作りたい」と感じるようになり色々と調べると、ケータイ・アプリケーションを専門的に学べる学科があることがわかり、日本電子のオープンキャンパスに参加しました。雰囲気がよく、先輩がとてもフレンドリーで、楽しそうに学校生活を送っているのを見て、ここで学びたいと感じ、入学を決めました。

高校生時代

ガラケーからスマホへアプリの魅力に夢中に!

高校1年生の時に初めてiPhoneを買ったことで、 アプリ”と出会いました。それまで使っていたガラケーとはまるでちがう、最先端の技術に、「アプリってすごい!」と衝撃を受けたことをよく覚えています。当時はITに詳しくなかったのですが、使っているうちに「自分も好きなものに携わりながら人を楽しませるようなアプリが作りたい」と感じるようになり色々と調べると、ケータイ・アプリケーションを専門的に学べる学科があることがわかり、日本電子のオープンキャンパスに参加しました。雰囲気がよく、先輩がとてもフレンドリーで、楽しそうに学校生活を送っているのを見て、ここで学びたいと感じ、入学を決めました。

日電時代

スマホアプリを一から制作将来性が高く、人の生活を変えることもできる!

iOSとAndroidではアプリ開発の技術がまったくちがうので、それぞれの作り方を一から習得する必要があります。私はずっとiPhoneを使っていたこともあり、iPhoneアプリの授業がとくに好きでした。講義と実習を通じて、企画から制作、販売までひととおり学び、一連の作業がすべて1人でできるようになったことは大きな収穫です。アプリ開発の全体を把握して開発をするのはとても大事なことだと、就職して改めて実感しています。卒業生の中には、実際にアプリを作ってApp Storeで販売し人気アプリへと成長させている人もいた為、自分がなりたいイメージがわきやすかったのも良い面です。スマホアプリは将来性が高く、夢のある分野だと思います。学生の時にインターンシップで現場を体験できたことも、刺激になりました。日本電子は設備も整っているし、経験豊富な先生方がていねいに教えてくださるので、プログラムなど知らずに入学してもゼロから学べて安心です。就活サポートも手厚く、親身なアドバイスのおかげで、夢だったエンジニアとしての就職が叶いました!

現在

人気アプリの仕組み作りを担当!反響がすぐにわかってやりがいに

日本最大級のファッションアプリIQON(アイコン)

入社してすぐにiOSアプリの開発チームに入り、若い女性を対象としたファッションコーディネイトアプリ『IQON(アイコン)』を担当することになりました。スマホアプリはユーザーにダイレクトに届けることができ、反応が見えやすいので、評価や改善点が即座にわかるのもいいところ。企画から参加でき、自分の意見を提案できるのも、やりがいにつながっています。授業と実践はちがいますが、わからないことは同期や先輩に教わりながら、毎日新しいことに挑戦しています。 私がiPhoneを手にして人生が変わったように、これから、テクノロジーによって人々の生活が変わる瞬間が多くあるはずです。その貴重な瞬間にこの業界にいることができ、自分自身が開発できることが何よりの喜びです。今度も技術に磨きをかけながら成長していきたいと思っています。

もっと見る

学科紹介

デザイン+プログラムで無敵のトップクリエイターになる

Webデザイン科

Webデザイン科

2年制

自分のアイデアが世界へ広がるモバイルアプリプログラマになる

ケータイ・アプリケーション科

ケータイ・アプリケーション科

2年制

スマホ・モバイル業界とその学びについて

スマホ・モバイルを学ぶとは?

突然ですが、現在の日本におけるスマートフォン所有率は何%くらいだと思いますか。また、携帯電話所有率はどうでしょうか。

総務省が発表した「平成26年版 情報通信白書」によると、全世代での携帯電話所有率は約95%、スマートフォン所有率だけで見ると約60%(10代や20代では80%以上)だそうです。「意外とスマホの普及率低いかも?」と思ったかもしれませんが、僅か5~10年でこれだけ急速に普及したことはやはり驚くべきでしょう。

このように今やお馴染みとなったスマホですが、「なぜこんな小さい端末にこれだけの機能が詰まっているのだろう?」「今後どういう機能が搭載されるようになるのかな?」と思ったことはありませんか。当たり前のように利用しているがゆえに、意外とその仕組みについては知らない人が多いのではないでしょうか。こうした仕組みを理解し、プログラミングやアプリ開発の技術を具体的に学んでいくことはこれから益々重要になります。

スマホ・モバイルについて学ぶ意味とは?

スマホ・モバイルの業界はIT業界の中でも特に目まぐるしく、新しい技術やサービスが続々と展開されています。アプリ開発の市場は今後も伸び続けるのではないかという推測もあり、新しい情報や技術をキャッチしようとすることが絶えず求められます。

スマホの普及に伴い、情報処理やアプリ開発は業種を問わず必要とされるようになっています。Life is Tech!(iPhone・Androidアプリ・ゲーム開発、プログラミング、デザインなどの最新IT技術を学ぶ中高生向けプログラム)が注目を集めていることからも、アプリ開発に対する世間の関心の高さがうかがえます。しかし、多くの人が「プログラミングとか難しそうだし…」と敬遠してしまっており、アプリに詳しい人材が現在でも不足しているのが実情です。スマホの仕組みやアプリ開発について学ぶことは、スマホが普及した現代社会を生き抜いていくための“武器”を身に付けることに他ならないと言えます。

「スマホの最先端を知りたい」「アプリの開発とかちょっと面白そう」「アプリ開発を通じて新しいビジネスの仕組みやサービスを考えてみたい」というあなた、最先端のアプリ開発技術を学んで、スマホ市場の最先端を担ってみませんか。
スマホ・モバイルについて具体的には何を学ぶの?

アプリ開発をはじめ、ビジネスマネジメントやデザインなどクリエイターに必要な技術や知識を幅広く身につけます。

中心となるのは、Android開発とiOS開発です。Java言語やObjective-C言語の基本文法を学習したうえでアプリ開発の実践を行い、App StoreやGoogle Playで販売できるアプリケーションの開発を目指します。また、HTML言語やJavaScript、LinuxなどWebページやWebアプリケーションの開発技術についても学習します。情報系の資格取得に向けた授業も多いです。

加えて、企業の経営構造やキャッシュフロー、事業計画、収益見通しなど、ビジネススキル・ビジネス企画について学習することも新規事業を広く社会で受け入れてもらううえでは重要です。

プログラミングについて知らなくても大丈夫?

上記の学習事項を見て、「面白そう」と思った人もいれば「イメージと違って結構難しそう」と感じた人もいるでしょう。「プログラミングについて全然知らないし、授業についていけないかも…」と心配する人もいるかもしれませんがその必要はありません。実践的な教材を使って学習を積み上げることで、こうしたスキルは入学後に段階を追って身に付けていくことができます。重要なのは、アプリ開発のスキルを積極的に習得しようとする姿勢です。発展のスピードが非常に速い分野なので、貪欲にスキルの習得に取り組んでいく向上心と熱意が求められると言えます。

スマホ・モバイルを学ぶとどんな資格が取得できるの?

スマホ・モバイルを学ぶことで取得できる資格としては、情報関係の資格があります。

最も一般的な「情報処理技術者試験」は、情報処理技術者としての知識・技能が一定以上の水準であることを経済産業省が認定している国家試験です。さらに、Javaプログラミング能力認定試験やAndroidアプリケーション技術者認定試験といった実践的な資格を取得することも可能です。高度IT人材の確保が急務となっている現在、こうした情報系の国家資格やベンダー資格(IT関連製品のユーザーが適切な操作技術や管理技術を満たしていることを認証する民間資格制度)を取得しておくことは就職の際にも有利になります。
スマホ・モバイルの学びを活かした仕事って?

スマホ・モバイルの学びを活かした仕事は多岐に渡ります。最初に思い付くのはSoftbankやYahoo、NTTドコモといったWeb・モバイル関係の企業だと思いますが、前述の通りプログラミング技術やアプリ開発技術はどの企業でも求められているため、Webやモバイルに限らず様々な業界への就職が考えられます。アプリ開発のために学んだスキルを活かし、ソフトウェア開発やWebとの連携をはかったアプリ制作など複数の部署で活躍することが可能です(iOSとAndroid両方のアプリ開発が可能な人は依然として少ないため、どちらもできると重宝されるようです)。

ただし、「スマホ・モバイルについて学べばどこにでも就職できる」という訳ではありません。アプリ開発のスキルはあらゆる業界で応用可能であるからこそ、在学中に自分の進む道をしっかりと見極めていくことが必要になると言えます。

▲ページトップへ戻る