• ネットワークセキュリティ科 サイバー攻撃から守るセキュリティエンジニアになる

ネットワークセキュリティ科 Network Security

コンピュータへの不正アクセスや悪質なハッキング、重大な障害を引き起こすコンピュータウィルスなど、巧妙化するサイバー犯罪から企業の信用や人々の暮らしを守るセキュリティエンジニアを育成します。本科ではインターネットやネットワークの基本技術を理解した上で「サイバーセキュリティ」や「電子認証」などのセキュリティ技術を習得します。

めざす職種

  • ネットワークセキュリティエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • サーバ管理者
  • ネットワーク管理者など

学びのポイント

1

企業と共同開発したオリジナル教材でセキュリティエンジニアをめざす

シスコ・ネットワーキングアカデミーは、本校が導入して20年の実績。アカデミーで提供される教材のほか、担当教員独自のオリジナル教材も使用。また、企業と共同開発したサイバーセキュリティ教材も導入しています。

2

シスコ社製ルータ200台以上不正アクセス、ログ解析技術を習得

基本的なネットワーク技術はセキュリティエンジニアに必須。本科では200台以上のルータ・スイッチで実習。ネットワークの基本技術を学んだ後、セキュリティ技術を習得します。

3

「CCNA Routing & Switching」「Linux技術者認定資格」など資格合格者多数

ネットワーク技術の証明となる「CCNA Routing & Switching」と「Linux技術者認定資格」を多くの学生が取得。さらに上位資格の「CCNP」「CCNA Security」「CCNA Cybersecurity Operation」もめざせます。

在校生インタビュー

知識ゼロからでもプロを目指せる!

押味 真由さん
東京都立晴海総合高校出身

内定先/株式会社TOKAIホールディングス

Q. 日本電子を選んだ理由は?
どんな学校に進もうか真剣に考え、迷いましたが、実際に自分の目で確かめた時に日本電子の雰囲気の良さ、先生との距離が近く安心感が持てたことが決め手です。
Q. 本科に入って一番よかったと思うことは?
セキュリティに関する知識はゼロに等しく不安があったのですが、授業では2進数からわかりやすく教えてくださり、着実に知識を積み上げていくことができました。
Q. 今後、入学を考えている人へのメッセージ
ネットワークセキュリティはこれからますます需要が高まる仕事です。知識がなくても、やってみたいと思ったら、基礎から教えてくださる日本電子がオススメだと思います。

学習環境・教材・機材

セキュリティエンジニアに必要な技術を習得 仮想化環境も完備

ネットワークの基礎から専門科目までしっかり学習
ネットワークやセキュリティの基礎から「不正アクセス対策」「電子認証」「サーバセキュリティ」「セキュリティログ解析」といった専門科目を学びます。また、ネットワークシステムのサーバ構築を通して、利用者から管理者レベルのサーバ管理技術を修得します。

▲専門学校では初のサイバーセキュリティ教材「WADJET」(ウジャト)。企業に求められているセキュリティ。その“番人"の期待は高まる一方。

日本の高等教育機関で最大規模の実習環境 専門学校では初導入の「WADJET」でサイバー攻撃を分析
インターネット接続機器「ルータ」「スイッチ」を1人2〜3台以上使用でき、セキュリティエンジニアに必要とされるネットワークやサーバの基本技術を身につけます。サイバーセキュリティに特化した、サイバー攻撃統合分析プラットフォーム「WEDJET」を専門学校では初めて導入しています。

「OKI社」「NTT-AT社」「Stonebeat security社」と共同開発した実践的カリキュラムを導入

オリジナル教材で効果的に学習 連携授業も豊富
シスコシステムズ社、OKI社、NTT-AT社、StonebeatSecurity社との企業連携によるカリキュラムや、ネットワーク、サーバ、セキュリティ各分野の実習科目でオリジナル教材(授業プリント)を使用して学習します。
企業連携で開発したカリキュラムで学習
「OKI社」と本科が共同開発したカリキュラムで、企業の無線LAN規格から学習。また、サイバー攻撃対策としてStonebeat Security社と共同開発したカリキュラムで、サイバーセキュリティ分野を学習します。
シスコ・ネットワーキングアカデミー

インターネット機器最大手の「シスコシステムズ社」が1999年に日本に導入した、ネットワークエンジニア育成プログラム。本科では「CCNA Routing and Switching」「CCNA Security」「CCNA Cybersecurity Operations」の3コースを導入しています。

  • ※1999年に導入したのは本校含め全国の大学・専門学校13校のみ

「職業教育」と「キャリア教育」のバランスのとれた質の高いカリキュラム

「産学共同開発カリキュラム」の開発などによって、常に業界とチューニングできる最新のカリキュラムを更新しています。また、専門性を効果的に身に着けるために、年次を超えて発展科目や関連科目といった相関関係を明確にしたカリキュラム構成になっています。

主な就職先

NTTコミュニケーションズ/NTTコム ソリューションズ/NTT-ME/ラック/NECネッツエスアイ・サービス/アクセンチュア・テクノロジー・ソリューションズ/ケー・イー・エルテクニカルサービス/ディ・アイ・システム/ユニアデックス/DNPデジタルコム/NTTコム エンジニアリング/CTCシステムマネジメント/エヌアイデイ/デジタル・インフォメーション・テクノロジー/IIJエンジニアリング/ブロードバンドタワー/NTTデータ先端技術/興安計装/三井情報/CLINKS/ネットワンシステムズ/MKIテクノロジーズ/NTTデータシステム技術/IDCフロンティア/ジェイエムテクノロジー 他多数

取れる資格

  • ・シスコ技術者認定
  • ・Linux技術者認定資格(LinuC、LPIC)
  • ・ネットワークスペシャリスト
  • ・情報処理安全確保支援士(旧:情報セキュリティスペシャリスト)
  • ・CompTIA Security +
  • ・CompTIA A+
▲ページトップへ戻る