• CG映像制作科 文部科学省 職業実施専門課程 認定学科

CG映像制作科 CG & Visual Arts

本科は1974年に始まった放送芸術教育と1979年に始まったCG教育をあわせ持つ数少ない学科として始まりました。海外映画・ドラマをはじめ、テレビ・CM・MV・PVなど、あらゆる映像でニーズの多いVFX※制作技術を中心に学び、映像作品を作りあげます。卒業生はVFXアーティストや3DCG デザイナー、コンポジッターとして様々なCG映像業界で活躍中です。
※VFX=3DCGを使って特殊な映像を制作し実写映像と合成する視覚効果

めざす職種

  • VFXアーティスト
  • コンポジッター
  • CGデザイナー
  • マットペインターなど

学びのポイント

1

『シン・ゴジラ』、海外ドラマ『マンダロリアン』などVFX映像制作に多数の卒業生が参加

『るろうに剣心』『銀魂』『キングダム』など多数のシリーズ映画を手掛ける「Spade&Co」、『STAND BY MEドラえもん 1・2』『アルキメデスの大戦』からTVCMなども制作する「白組」をはじめ、海外ドラマや特撮作品などの大きなプロジェクトに関わっています。

2

実践的なスキルでCG・映像業界に多数就職

現場で役立つ、実践的なスキルを身につけられることが本科の強み。これまでに多くの卒業生が、大手企業のCMをはじめ、アーティスト(Perfume・サカナクション・椎名林檎)などのMV制作からPV制作まで、入社後すぐに様々な映像制作に関わっています。

3

VFX映像に必要なカメラ撮影技術から映像編集に至る全工程を学ぶ

現場経験豊富な教員の指導のもと、VFX映像にかかせないカメラ撮影技術をはじめ、CGとの合成技術に至る全ての制作工程を学ぶことができる数少ない学科です。

在校生インタビュー

2年間でVFXを学べるのが魅力!

川島 優人さん
福岡県立京都高校出身

内定先/株式会社オムニバス・ジャパン

Q. 日本電子を選んだ理由は?
大学でミュージカル制作の面白さに気づき、最先端CG技術を身につけたくて大学を中退。日本電子に決めたのは2年間でVFXを学べる環境と、就職実績の高さが魅力だったからです。
Q. CG映像制作科で学んで良かったことは?
特別活動で映画やイベントを見に行く機会が多くあり、それが楽しく、勉強になりました。実際に業界で働くプロから、貴重な体験談や苦労話が聞けるのも日本電子の強みです。
Q. 今後、入学を考えている人へのメッセージ
「CG作品を作りたい!」という思いだけで入学。経済的にも厳しい中、新聞奨学生として学び、2年間でしっかり技術を身につけ希望の会社に内定。日本電子なら夢は叶います。

学習環境・教材・機材

「Maya」「NUKE」をはじめ、シネマカメラやドローン、VFX専用スタジオなど、最新の環境を使ってCG映像を制作

CG・VFX映像制作に必要な最新のソフトを導入した実習室
3DCG制作ソフト「Maya」をはじめ、質感を作り出す「Substance Painter」、ハリウッド映画で多く使われている実写映像とCGを合成するVFXツール「NUKE」そして今注目されている「Unreal Engine」、CMやPV映像を魅力的にする「AfterEffects」の各種プラグインを導入しています。
4Kシネマカメラからジンバル、ドローンなど様々な機材を活用した実習で、幅広いVFX映像表現に対応
プロ仕様の撮影機材はもちろん、VFX専用スタジオ(バーチャルプロダクション/グリーンバック/モーションキャプチャ/3Dプリンタ)などプロと同じ環境で実践的な映像スキルを習得できます。授業だけでなく、個人制作でも自由に使うことができ、最新の機材を使って作品制作ができます。
企業と連携したコンテンツ制作の機会が多数在学中からプロに作品を見てもらえます
在学中にインターンシップやプロジェクトで映画からアーティストのMV、オリジナルPV、有名CMの制作などに参加。また、クラスメイトと一緒にCMやプロジェクションマッピングなどの映像コンテストにチャレンジでき、自分達の作品を世界へ発信することも可能。授業だけでは経験できない、より実践的な学びの機会が数多くあります。

オリジナル教材と業界標準のツールで思い通りの作品制作を現実のものに!

大事な基礎を押さえ、業界の意見を反映させたオリジナル教材
本科教員が作成するオリジナルテキストや授業用データは、大事なCG映像制作の基礎を押さえるだけでなく、業界からのアドバイスをもとに毎年内容を更新し、今必要とされている技術・知識を習得可能。教材は他の授業とも連動しており、CGやVFXについてより理解を深めることができます。
表現の幅を広げる「Houdini」「ZBrush」「Cinema 4D」
多彩なエフェクト表現を可能とする「Houdini」や、リアルなCG表現に欠かせない業界標準のスカルプトツール「ZBrush」、モーショングラフィックスツール「Cinema 4D」を授業で活用。様々な枠にとらわれないCG映像制作を実現します。

「職業教育」と「キャリア教育」のバランスのとれた質の高いカリキュラム

「産学共同開発カリキュラム」の開発などによって、常に業界とチューニングできる最新のカリキュラムを更新しています。また、専門性を効果的に身に着けるために、年次を超えて発展科目や関連科目といった相関関係を明確にしたカリキュラム構成になっています。

主な就職先

ARK/オムニバス・ジャパン/Spade&Co./白組/jitto/コンセプトラボ/FLUX/ビジュアルマントウキョー/slanted/1(ICHI)/Animation Cafe/フィニット/tsumiki/ミラージ/TREE Digital Studio/イマジナリーパワー/Canvas/イマージュ/OLM/デジタル・フロンティア/東映デジタルセンター ツークン研究所/日本映像クリエイティブ/OXYBOT/テレサイト/テレビ朝日クリエイト/NHKアート/NHKメディアテクノロジー/イメージ・ロジック/キュー・テック/IMAGICA/デイジー/StudioGOONEYS/ジェットスタジオ/東映アニメーション/D・A・G/MAPPA/unknownCASE/テトラ/デジデリック/Toneplus/アティック/エルロイ/スパイロ/アニマロイド/フレイム/ラークスエンタテインメント/トムス・ジーニーズ/SOLA DIGITAL ARTS/デジタル・メディア・ラボ/トランジスタ・スタジオ/Flying Ship Studio/ポリゴン・ピクチュアズ/Ufotable/アニマ/KATACHI/ダイナモピクチャーズ/pHスタジオ/コマデン/Beach/スクウェア・エニックス/Modeling Cafe/カプコン/Black Beard Design Studio/イルカ/QREAZY/ネイキッド 他多数

▲ページトップへ戻る