東京・新宿の工業系専門学校

学園情報へ
オープンキャンパス&体験入学
資料請求

情報処理

学科紹介

あいつにまかせれば大丈夫!そんなプログラマになる

情報処理科

情報処理科

2年制

資格と技術を武器に業界を突き進むシステムエンジニアになる

情報システム開発科

情報システム開発科

2年制

プラス1年で1ステップ上へ。上級システムエンジニアになる

高度情報処理科

高度情報処理科

3年制

情報処理分野ってどんな業界?
技術の進化は果てしなく、慢性的な不足状況のプログラマ。コンピュータ専門用語を使った「文書」をつくる人をプログラマといいますが、この「文書」はパソコン、ゲーム、デジカメ、ケータイ、クルマなど、世の中のあらゆる製品に使用され、活用されている必要不可欠なものです。
情報処理分野をめざすなら
もって生まれた才能を活かした天才プログラマが活躍する一方、努力と実績を積み上げていくプログラマも、業界では多数活躍しています。プログラマのフィールドに国境はなく、武器になる技術力はもちろん、技術者としてどれほど信頼されるかがプログラマとしての成功の秘訣です。
情報処理分野の適性は?
職場ごとに仕事の流れや形態が異なる点がプログラム業界の特長です。共通していることは、時間を計画的に使える能力、情報や自分の仕事を整理できる能力。優れたプログラマやシステムエンジニアになるためには、「まじめにちゃんとやれる能力」を身につけておくことが大切でしょう。

さらに詳しくは「情報処理業界とその学びについて」へ

U-20プログラミング・コンテスト(主催 経済産業省)

経済産業省商務情報政策局長賞

「タッチ君鉄道運輸部」

経済産業省主催U-20プログラミング・コンテストで、高度情報処理科の学生が制作したタイピングソフトが受賞、経済産業省の情報化月間記念式典で表彰されました。

赤松龍寛さん 小菅裕太さん (高度情報処理科)

業界からの応援メッセージ ※氏名五十音順

富士通(株)

システムエンジニア

野島 洋平さん

埼玉県立浦和高校出身
情報処理科卒業

日本電子での学業成績が評価され、学校推薦で富士通株式会社に入社。現在はSEとして、河川水位監視システムなどの設計業務に従事。要件定義のため全国を飛び回る日々を送っている。

高校生時代

本当に興味あることを学びたくて、日本電子へ

私が通っていた高校は、いわゆる進学校だったのですが、毎月のように様々なスポーツの対抗戦が開催される風変わりな学校でした。しかも当時は半数近くの生徒が、その行事や部活動に熱中するあまり、当たり前のように浪人をするという、一風変わった伝統があったんです。それで自分もご多分に漏れず、高校生活を満喫した後、浪人生活をスタートさせたのですが、あるときふと「偏差値が高い、就職に有利というだけで選んだ大学に入って、何かいいことあるのかな?」と疑問を感じてしまって…。そのときに本当に自分が興味のあることを学ぼうと考え、出した答えが、ITの世界に進むこと。そして、すぐに専門的な知識や技術を身につけるために、大学ではなく専門学校へ進むという選択でした。

日電時代

印象に残っているのは一人ひとりにあった柔軟な指導

例えば、資格取得。意欲や、明確な目標がある学生がいれば、カリキュラムよりも学生のニーズを優先してくれました。短期間で取得できるよう個別に指導の時間を設けてくれたりと、かなり手厚いサポートだったと思います。C言語の知識を徹底して叩き込まれたのも、今思えば、有難かったですね。C言語は当時、「基本ではあるが、近い将来、役に立たなくなる言語」と言われていたのですが、実際は全然そんなことなくて。自分が現在、基幹系のシステム設計に携わっていることもありますが、学校を卒業して10年近く経った今も、日本電子で学んだ知識がしっかり役に立っています。またあの時期に、同級生たちが書く多様なプログラミングコードに触れられたのも貴重な経験でした。同じ条件で記述していてもプログラマによって書かれるコードが全然違うことはよくあります。そして違うことにはちゃんとプログラマごとの理由があるんです。そうしたことに対する理解を深められたのも、日本電子という個性を尊重してくれる環境で学ぶことができたおかげだと思っています。

現在

「誰のため」かを考えるそれがSEとして重要な心がけ

現在は、防災系システムを手がける部署のシステムエンジニアとして、河川水位監視システムの設計に携わっています。主な顧客は官公庁。全国を飛び回り、お客様が困っていることや実現したいことを聞き出して、それをシステムに落とし込むのが自分の役割です。いつも心がけているのは、システムを実際に使う人たちのことを考え、分かりやすく、使い勝手のいいものを設計すること。なので時には、お客様に対して、要望とは異なるこちらの考えをお伝えすることもあります。これはなかなか勇気のいることですが、災害時に、一人でも多くの人たちから「役に立った」と言ってもらえるシステムを開発するためには、必要不可欠な姿勢です。「誰のため」や「何のため」を考えることは、SEだけでなく社会人にとっても大事なこと。「誰のため」なのかを意識することを心がけながら、プログラムの基礎をしっかりと学んでほしいですね。

(株)ディー・エヌ・エー

システムエンジニア

森 悠介さん

八洲学園高校(新宿キャンパス)出身
情報システム開発科卒業

通信制の高校を卒業し、SEを目指して日本電子に入学。念願のSEとして就職した後、新しいステージを求めて転職。現在はDeNAで、注目のゲームプラットフォーム「AndApp」の運用・開発に携わっている。

高校生時代

ビハインドを取り戻し、“好き”を仕事にするために

最初に入学した高校は1年で中退して、数年間働いていました。しかし20歳になる頃、このままではいけない、もっと楽しめること、自分が好きなことを仕事にしたいと一念発起。もともとゲームが好きだったことがきっかけで、システムエンジニアを目指して進学を決意しました。まずは通信制の高校で卒業資格を取得。24歳という年齢的なビハインドがあったため大学より専門、それも真剣に学べる学校に行きたかったのです。日本電子はちょっと硬派な第一印象が良くて選んだのですが、それは正解でした。真面目に、真摯に、一生懸命、勉強に打ちこめる環境が整っていました。しかも情報システム開発科は社会人経験者や留学生が多く、入学して来た経緯をとやかく言う人は誰もいません。年齢が就職に不利になることはないという先生の言葉も、背中を後押ししてくれました。

日電時代

SEという目標に向かってクラスの仲間が一致団結

日本電子に入学したのは24歳の時です。自分でいうのもおこがましいのですが、日本電子時代は真面目な優等生でした。2年間でSEを目指すのですから、とにかく必死です。情報システム開発科は“SE養成学科”ともいわれ、先生方は知識も経験も豊富。授業内容はもちろん充実していますが、さらに求めるとプラスαで個別に対応してくれました。より難しい問題を用意してくれることもあり、それを解くのは楽しかったですね。また国家資格「基本情報技術者」の取得のために、クラス全員が一致団結して頑張る。同じ目標に向かって励まし合い、成長できたことは得難くも楽しい経験で、一生付き合っていける友人もできました。何より思い出深いのは卒業制作です。初めてチームを組んでプロジェクトを完成させたのですが、期間内でやりきることが難しく、作り終えはしたものの何かやり残した感覚が未だ残っています。知識や技術はもとより、そういったほろ苦い思い出まですべて、日本電子で学んだことは自分の身になり、今の仕事でも大いに役立っています。

現在

世界でも数少ないプラットフォーム「AndApp」を運用・開発

ゲームとWebサービスを提供する企業にSEとして就職したものの、31歳でDeNAに転職。現在は、スマートフォン向けのゲームをPCで遊ぶことができるプラットフォーム「AndApp(アンドアップ)」のサービス運用・開発に携わっています。前職も面白い仕事ではあったものの、蓄積したスキルをより有意義に活用すべく新しいフィールドに挑戦。転職に不安はつきものですが、思いの外、優しく受け入れてもらえました。しかし仕事となると舌鋒鋭く、妥協を許さない。エンドユーザーがいてこそという思いを強く持ち、常に新しい価値を提供していく。そんなDeNAの社風、文化の中で成長し、思いっきり仕事ができることに喜びを感じています。特に「AndApp」というプラットフォームの立ち上げに関われたことはまたとない貴重な経験でした。「グランブルーファンタジー」リリース時には大反響が巻き起こり、大きなやりがいを感じました。今後はよりサービスを成長させ、仕事に貢献できるよう頑張っていきたいですね。

難関資格を取得した学生にインタビュー

高度情報処理科

大宮 晃平さん

叡明高校(旧 小松原高校)出身
株式会社アイデム内定

資格を活かし、開発にも挑戦!
やる気まで引き出してくれる

高校の頃からパソコンが好きで、将来はSEになろうと思っていました。でも自分から積極的に行動するのはちょっと苦手で…。クラス担任制の日本電子なら親身になって指導をしてくれると思い入学を決意。入学後は予想通り先生が一人ひとりをきちんと見てくれ、細かいところまで汲み取り、その後につなげてくれました。先生の勧めで学外活動のコンテストにも参加し、卒業制作では学校のシステムを動かし、修正するところまで挑戦。勉強は大変ですが、楽しくて熱い3年間でした。資格を取るのも先生がノウハウを知っているから分かりやすく、さらにやる気まで引き出してもらえました。そのおかげで1年の時に難関資格の情報セキュリティスペシャリスト※を取得できました。しかもその資格が情報システムからサイバーセキュリティまで網羅した内容だったので、入社試験の面接で実践的な話ができ、多くの企業から内定を頂きました。本当に学校には感謝しています!

取得資格

  • 情報セキュリティスペシャリスト
  • オラクルマスターデータベース 11g ブロンズ
  • オラクル認定Javaプログラマ SE7 シルバー
  • Androidアプリケーション技術者認定試験ベーシック
  • GAIT検定オンラインプログラムシルバー

※現・情報処理安全確保支援士

学科紹介

あいつにまかせれば大丈夫!そんなプログラマになる

情報処理科

情報処理科

2年制

資格と技術を武器に業界を突き進むシステムエンジニアになる

情報システム開発科

情報システム開発科

2年制

プラス1年で1ステップ上へ。上級システムエンジニアになる

高度情報処理科

高度情報処理科

3年制

情報処理業界とその学びについて

IT・情報処理を学ぶとは?

あなたは「IT・情報処理」に対してどういうイメージを持っているでしょうか。「よく分からないけど何となく重要そう」「幅広い就職先があるらしい」「プログラミングとかできると便利だろうけど難しそう」「専門知識はあまりないけどコンピュータを使うのは好き」など色々あると思います。「自分は文系だから関係ない」と思っている人もいるかもしれませんね。

情報化社会と言われている現在、情報技術(IT)はあらゆる所で活用され社会基盤の重要な一翼を担うようになっています。30年前はまだ個人がコンピュータを所有することすら珍しい時代でしたが、現在では当たり前のようにコンピュータが利用されていますし、近年ではスマートフォンの利用も一般的になってきました。スマートフォン向けのアプリ開発も急速に進んでおり、その恩恵に与っている人も多いことでしょう。

しかし、情報技術の進展がこれだけ急速に進んでいるにも関わらず、ITの仕組みを理解したうえで使いこなしている人は未だに少数派です。多くの人がITについて学ぶ必要性を実感しつつも、「プログラミングとか難しそうだし…」と敬遠してしまうのです。こうしたプログラミングやシステム開発の技術を習得することがIT・情報処理の学びの中心になります。

IT・情報処理を学ぶと何か良いことがあるの?

ITや情報処理のスキル習得に対する世の中の関心は近年ますます高まっており、Life is Tech!(iPhone・Androidアプリ・ゲーム開発、プログラミング、デザインなどの最新IT技術を学ぶ中高生向けプログラム)が注目を集めていることからも関心の高さが窺えます。最近では大学卒業後(あるいは中退後)に「技術を身につけて就職したい」と考え情報系の専門学校に再入学する人も少なくありません。ITや情報処理のプロフェッショナルが現在でも求められているからこそ、専門知識とスキルを備えた人材が重視されるのです。ITや情報処理について学ぶことは、まさに現代の情報化社会を生き抜いていくための“武器”を身に付けることに他ならないと言って良いでしょう。

「コンピュータが好きなので自分の強みにしたい」「システムエンジニアになるためにプログラムや設計など様々な技術を習得したい」「コンピュータについて学んで就職に役立てたい」「コンピュータスキルを活かして新しいビジネスの仕組みやサービスを考えてみたい」というあなた、ITや情報処理を学んで情報化社会を生き抜く実践的なスキルを身に付けてみませんか。

IT・情報処理について具体的には何を学ぶの?

PCを使った実践的な授業(実習)を通じてシステム開発・プログラミング・スマートフォンのアプリ開発などを行い、様々な領域でプロフェッショナルとして活躍するためのITスキル習得を目指します。コンピュータの仕組みなどの基礎からWindows、LinuxといったOSについて学んだうえで、主要なプログラミング言語であるC言語やJavaを学習します。その他、Visual BasicやC#などのWindowsプログラミング、Webサーバ上で動くプログラミング(PHP言語)など幅広いプログラミング言語を習得できます。様々なプログラム言語を駆使してシステムを構築するプログラマやそのシステムを企画・設計するシステムエンジニアを養成します。また、プログラミング以外にもWebサイト制作技術、ネットワーク技術、インターフェイスデザインなどを学習します。開発プロジェクトや卒業制作展に向けた作品制作に取り組む学校もあります。

理系出身者ばかりでもないので、文系だからといってITや情報技術について学ぶことを最初から敬遠する必要はありません。入学時にプログラミング言語や設計に関する知識がなくても、積極的に勉強に取り組むことで自分の実力を伸ばしITのエキスパートになることができます。

IT・情報処理を学ぶとどんな資格が取得できるの?

情報処理について学ぶと、IPA(情報処理推進機構)が実施している各種の情報処理技術者試験を受けて資格を取得することが可能になります。情報処理技術者試験とは、情報処理技術者としての知識・技能が一定以上の水準に達していることを経済産業省が認定する国家試験です。高度な情報処理技術を持った人材の確保が急務となっている現在、これらの情報系の国家資格を取得しておくことは就職にも有利になります。

情報処理を学ぶ学生の多くが取得を目指す資格は基本情報技術者試験です。基本情報技術者の取得によって情報処理技術者としての基本的知識・技能を有していることが認められるため、ITエンジニアとしてキャリアをスタートさせるうえでの入口にあたる資格と言えます。また、在学中により高度なIT技術を身に付け応用情報技術者試験というワンランク上の国家資格を取得する人も少なくありません。

なお、情報系の資格は国家資格に留まりません。情報検定や情報活用試験、Linux技術者認定、マイクロソフト認定プロフェッショナルといった資格を取得する人もいます。

IT、情報処理の学びを活かした仕事って?

ITや情報処理について学ぶことで目指せる職種として筆頭に挙げられるのが、システムエンジニア(SE)やプログラマでしょう。在学中に身に付けた実践的なスキルを活かし、Web制作やゲーム制作、情報処理関係(コンピューターメーカー、ソフトウェアサービス等)の会社でシステムエンジニアとして働く人が多いです。

もっとも、ITは全ての産業の基盤となっており情報処理のスキルはあらゆる業界で応用することが可能なので、Webや情報系に限らず様々な業界で活躍することができます。実践的なITスキルを習得することで、多彩な業界への就職が可能です。代表的なのは医療機器関係で、医療IT技術者や医療情報開発エンジニアとして医療業界に携わる人もいます。その他にも官庁や商社、金融(証券会社)、食品、建設業界など情報処理スキルが求められる業界は枚挙に暇がありません。

ただし、「情報処理を学べばどこにでも就職できる」訳では必ずしもありません。ITや情報処理のスキルはあらゆる業界で応用可能であるからこそ、在学中に自分の進む道をしっかりと見極めていくことが必要になると言えます。

■同じ分野内で探す
■他の分野から探す
■その他