• ネットワークセキュリティ科 最先端の技術を身につけた、セキュリティエンジニアをめざす

ネットワークセキュリティ科(夜間部)

世界的に大きな問題になっているサイバー犯罪から、企業や社会の大切な情報を守るセキュリティエンジニアを育成。シスコ・ネットワーキングアカデミーを中心に短時間で高度な技術習得を効率よく学習。業界トップレベルの企業と共同開発プログラムも導入し、バランスのとれた最先端の技術・資格を取得できます。

めざす職種

  • ネットワークセキュリティエンジニア
  • サーバセキュリティエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • サーバエンジニア

学びのポイント

1

シスコ・ネットワーキングアカデミー導入21年の教育実績。豊富な機材を使えるため、「CCNA」「CCNA Security」両コースの知識・技能が習得可能。※シスコ・ネットワーキングアカデミーが登場した1999 年に導入したのは本校含め全国の大学・専門学校13 校のみ

2

CCNA、Linux技術者認定試験(LPIC, LinuC)など難関資格取得者を輩出。多くの卒業生が業界の一流企業で活躍。

3

インターネットを利用したWebコンテンツで、自宅での予習・復習も可能。

在校生インタビュー

福田 貴士さん
茨城県私立鹿島学園高校出身 社会人経験あり

内定先/第一情報システムズ

高校時代はやりたいことも特になく、卒業後もアルバイトを続けていました。パソコンが好きだったのもあり、次第にITの仕事に興味を持ち、ネットワークやセキュリティについて考えるようになりました。このような技術・知識を学べる学校が少ないので、日本電子への入学は必然でしたね。授業は初めて聞く話ばかりでしたが、聞いているうちに理解できて面白くなりました。ゼロから学び、就職内定までたどり着けたので、安心できる学科です。

学習環境・教材・機材

セキュリティエンジニアに必要な技術を修得。シスコルータ200台以上。仮想化環境も完備

コンピュータ実習室
ネットワークやセキュリティの基礎から「不正アクセス対策」「電子認証」「サーバセキュリティ」「セキュリティログ解析」といった専門科目を学びます。また、ネットワークシステムのサーバ構築を通して、利用者から管理者レベルのサーバ管理技術を習得します。
シスコルータ・スイッチ200台以上
日本の高等教育機関では最大規模となる200台以上のインターネット接続機器「ルータ」「スイッチ」を完備。一人2〜3台の実機を使い、セキュリティエンジニアに必要とされるネットワークやサーバの基本技術を習得します。実機を使った学習のため、シミュレータソフトを使った学習より理解しやすく効率的に学べます。

「OKI社」「NTT-AT社」などと共同開発した実践的カリキュラムを導入

オリジナル教材
シスコシステムズ社、OKI社、NTT-AT社など企業連携によるカリキュラムのほか、ネットワーク・サーバ・セキュリティ各分野の実習・演習科目で本学科の実習室環境に即した、オリジナル教材(授業プリント)を使用して学習します。
無線LAN構築カリキュラム

「OKI社」と本科が共同開発したカリキュラムで、企業の無線LAN規格から学習。アクセスポイントの測定から設定変更による影響を無線で流れるデータを確認しながら無線LANの設置やセキュリティ設定を学びます。

シスコ・ネットワーキングアカデミー

インターネット機器最大手の「シスコシステムズ社」が1999年に日本に導入した、ネットワークエンジニア育成プログラム。本科では1999年当初から導入(※)、CCNAやCCNP合格者を毎年多数輩出しています。

  • ※1999年に導入したのは本校含め全国の大学・専門学校13校のみ

主な就職先

ラック/NTTコミュニケーションズ/NTTコム ソリューション&エンジニアリング/NECネッツエスアイ・サービス/アクセンチュア・テクノロジー・ソリューションズ/ケー・イー・エルテクニカルサービス/ディ・アイ・システム/ユニアデックス/DNPデジタルコム/IDCフロンティア/CTCシステムマネジメント/エヌアイデイ/デジタル・インフォメーション・テクノロジー/GMOインターネット/JMテクノロジー/トランスネット/ジャパンコンピューターサービス/興安計装/三井情報/CLINKS/ネットワンシステムズ/KDDIエボルバ/NTTデータシステム技術/インターネットイニシアティブ/MKIテクノロジーズ/NTTコムテクノロジー/富士ゼロックス情報システム/日本サード・パーティ/IIJエンジニアリング ほか多数

取れる資格

  • ・CCNA
  • ・CCNP Enterprise/Security
  • ・Linux技術者認定試験(LPIC, LinuC)
  • ・CompTIA Security+
▲ページトップへ戻る