学科ニュース・作品

【新入生の皆さんへ】ゲーム制作研究科教員の紹介[3]

続・続報です!


菊池由紀 先生

写真
新入生の皆様へ
ご入学おめでとうございます。
今皆さんは不安でいっぱいですよね。憤りも感じているでしょう。
共にスタートできるその日が来るまで、一緒に頑張りましょう。

私は一年生のデッサンの授業を担当させていただきます。
菊池由紀と申します。どうぞよろしくお願い致します。
何故ゲームなのにデッサン?
それは授業で少しずつ理解していただけると思います。
デッサンで力をつければ3DCGの上達にもつながります!
「描く」ってとても楽しいものです。「描く」ことで
発見できることもたくさんあります。
まずは「鉛筆」を手に取ってみてください。

青木先生が既にメッセージにあげてくださっていますね。
私からも重ねてお願します。
『落描き』に時間を使ってみてください。
○△□にちょっと影をつけたりすると立体的になりますよ。
組み合わせてキャラクターを作ってみるなんてどうでしょう。
『落書き』も同様。言葉をたくさん書くのも良いでしょう。
緑の美しい季節なのにステイホーム。この時間に感じた様々なこと、
見つけたもの、なんでも良いと思います。
絵に描いても文字に書いても良いのです。
是非!手を動かしてみてくださいね。手を動かすと脳も元気になりますよ。
どんな『落描き』『落書き』をしたか、ぜひ見せてください。
お会いできる日をわくわくしながら待っています!



 

平幸乃 先生

写真
新入生の皆様、御入学おめでとう御座います。
ゲームCGデザインの授業を担当しております、非常勤講師の平 幸乃と申します。
三年間宜しく御願い申し上げます。
この度は新型コロナウイルスの影響で大変御苦労、御心配をされている事と思いますが、
体調管理を徹底して頂き、何よりも何事よりも御自愛下さいます様、御願い申し上げます。
グラフィック制作に関しては直接御会い出来ました際に御伝えしてゆきたいと思いますが、
まずは『知る』為の行動をしてみましょう。
アウドドアは自粛せざるを得ない状況ですが、インドアだからこそ楽しめる事が沢山あります!
『映画』『テレビ』『アニメ』『漫画』『ゲーム』などなどなど。
これらは授業が開始された際にも密接に関わってくるエンターテイメントとなりますので、
この期間を少しでも前向きに捉えて、皆様の糧として頂ければと思います。
因みに私の日頃は、勝手気ままなデッサンや、ラクガキをエンジョイしております。
最近は100円ショップで売っている画材や素材を用いたアナログの制作を画策中。
他にはバイクの整備などをして過ごしております。
時間の流れが何時もよりゆっくりである状況だからこそ、
皆様も楽しめる事を見つけて欲しいと思います。
皆様と直接御会いした際に、『知る』や『楽しい』を共有させて頂き、
制作に繋げてゆければと思っております。
少しでも早く皆様と御会い出来る事を楽しみにしております。



 

猪亦真衣 先生

写真
非常勤講師の猪亦(いのまた)です。
コロナ禍の中いかがお過ごしでしょうか。
私は家でアニメや映画を観たりゲームで遊んだりしています。

この時間があるからできる体験は大事な事です。
何もない所から創造はできません。頭にある体験が創造をする第一歩です。
体験した事の仕組みや構成を考えてみましょう。

一部のクラスの皆さんとはお会いする機会がありますので、
色々とお伝えできればと思います。
また学校でお会いしましょう。


随時更新中!

 

▲ページトップへ戻る