学科ニュース・作品

【講師】CG映像制作科の授業担当の先生紹介!その1

 こんにちは CG映像制作科の科長の永井です。
 
 前回は担任を紹介しましたが、今回は
 様々な授業を担当してくれる講師の先生の中から
 学科のメインの授業を担当している先生を紹介します

 

■担当クラス

 1年担当授業:CG制作実習Ⅰ~Ⅱ (メイン)
 2年担当授業:CG制作実習Ⅲ~Ⅳ (メイン)

■得意分野

 Autodesk Mayaをメインとして、Adobe Photoshop、Illustratorを使用したリアルやデフォルメの3DCG作品制作を教えています。
わかりやすいフルカラープリント教材を作るのが特技!モデリングが得意で、中でもキャラクターモデリングは一番得意!
「Autodesk Mayaキャラクターモデリング造形力矯正バイブル -へたくそスパイラルからの脱出! ! -」という書籍を出版しています。※みなさんは教科書として購入済みです。

■見ていてほしい又は、好きな映画・作品


 ウエストワールド(海外ドラマ) 2016年~
  ※海外のドラマってこんな規模で作れちゃうんだ!CGもすごい。シナリオもすごい。


 レディープレイヤー1(映画)スティーヴン・スピルバーグ 監督
  ※世代を超えて楽しめる。いくつのキャラを知っているかな。ガンダムに鳥肌。


 マトリックス(映画) ウォシャウスキー姉妹(旧兄弟) 監督
  ※エンターテイメントの側面からではなく、哲学的な考察を交えながら観よう!


 The Last of Us(ゲーム/PS4)
  ※人生で一番好きなゲーム。ものすごく映画的&哲学的にできているシナリオ最高。

 

 かもめのジョナサン(小説)リチャード バック 著
  ※すべての若者に読んで欲しい。44年ぶりに完結した「完成版」を読んでね。

■みんなへのメッセージ

 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。 

 CG制作の講師をしている田島です。
おばちゃんです。ちっさいおばちゃんです。めっさ厳しいスパルタおばちゃんです。
1年生の最初の頃の授業は「速くて授業について行けない~」と泣く学生多数。
しかし安心してください。慣れます!(笑)
そしてMayaを使って「CGが美しく作れる人」に育ちます!

 私はフリーランスの講師なので、他の学校でも教えています。なのでこっそり教えちゃいます。日本電子のCG映像制作科は最高です。最高の教育を受けられます。本当です。先輩たちの作品を見れば「1年間or2年間でこんなすごいものが作れるようになるのか」とわかると思います。教室、機材、教材、講師、教員、サポートetc様々なものが皆さんを大切に育てるために揃っています。

 ただし、素晴らしいクリエイターとなるかは皆さん次第です。クリエイティブな作業、特にCG制作は根気と忍耐が必要です。
「楽しみながら一生懸命」をモットーにがんばりましょう。
みなさんに会えるのを楽しみにしています。2年間よろしくお願いします。

 

■担当クラス

 1年担当授業:CG概論 / CG表現演習Ⅰ~Ⅱ / CGクリエイター検定対策
 2年担当授業:CGプレゼンテーション / CG映像表現研究

■得意分野

 3DCG全般 Adobe Substance Painter(わりと最近だけどね!)

 "理論型より直観"です!

■見ていてほしい又は、好きな映画・作品

 youtubeで見ることができる作品から集めてみました。

映画・ドラマのオープニングから~

「エレメンタリー ホームズ&ワトソンinNY オープニング」

「007 トゥモローネバーダイ オープニング曲 日本語訳 [HD]」

「Panic Room (2002) – Opening Title Sequence」

「The Girl with the Dragon Tattoo Opening Sequence (2011) [HD]」

 

 

 

 

CMから~

 

「au 5Gその手に」篇TVCM

「ペプシコーラ CM 桃太郎」

「日本橋高島屋S.C. オープニングムービー」ひよっこと同じく田中達也氏の作品

 

 

 

■みんなへのメッセージ

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。 
みなさんに会える日を楽しみにしています!

 

 

以上 講師の先生紹介その1でした。

引き続きその2で別の先生もご紹介しますね!

 

 

CG映像制作科 永井

 

▲ページトップへ戻る