学科ニュース・作品

【新入生の皆さんへ】「デッサン室をご紹介します!」

【新入生の皆さんへ】実習室のご紹介!

デッサン室Ⅴ(671教室)~

 

新入生の皆さん、こんにちは!

アニメーション科・研究科、デッサン科目担当の森です。

早く学校が始まってほしいですが、もう少しの辛抱です!Stay Home!ですね!

さて、今回はアニメーション科とアニメーション研究科が使用している5つの実習室のうち、デッサン室Ⅴをご紹介します。

 

■校舎外観と教室■

 

■教室の特徴■

本科のデッサン室は、本館隣の6号館7階にあります。

大きな窓から自然光を取り入れながらデッサンに取り組むことが出来ます。

デッサンの上達のコツは、対象(描くモチーフ等)や場(ライティング等)の設定、つまり「観て考える」が80%を占めます。

テクニックや材料は20%位と考えて良いです。

徹底して対象と場の設定を大切に考え、皆さんの学習時間が充実できるようしっかりとサポートしていきます。

 

■プロの講師陣■

芸大美大を出て、現在はプロの画家として活動している講師の先生方が親身に指導して下さいます。

制作中に適時指導、制作後には講評会を行い、作品を分析しながらしっかりとアドバイスをもらえます。

 

■科目担当教員からのメッセージ(森洋史)■

多くの科目の中、デッサン科目は完全なアナログ制作になります。

「画用紙に鉛筆で制作」が基本となり極めてシンプルな制作方法です。

観察する力・判断する力・描写する力、つまり集中力を磨き、皆さんの個性や可能性を伸ばしていきます。

その力は、デジタル制作などにも諸々応用力として波及することは間違いありません。

私たち教員も日々の鍛錬を怠らず、絵を描くことを通して学生の皆さんと共闘していきます。

 

■新入生の方へおすすめ情報■

デッサンは初めてという方のために動画コンテンツを作成しました。

今回は、「グラデーション制作」についての解説動画です。

授業が始まりましたら、実際に皆さんにも制作してもらいます。

前段として、動画を見て知識として持っておいて頂くとスムーズに進められるはずです。

是非ご覧になってみて下さい。

 

▲ページトップへ戻る