学科ニュース・作品

[高度][工学]全国専門学校ロボット競技会で準優勝しました。(中編)

2018年12月21日(金)、国立オリンピック記念青少年総合センターで
第27回全国専門学校ロボット競技会が開催されました。


<第27回全国専門学校ロボット競技会 公式サイト>
https://www.invite.gr.jp/news/27robo/index.html
※全国専門学校ロボット競技会(スチールファイト)とは、ソフトウェア、ハードウェア、
有線ロボット、二足歩行ロボット部門の4部門で技術力を競う競技大会です。
専門学校等に在籍する学生が、日頃培った技術の成果を発表することによって、勉学意欲向上、
創造性発揮、学生間の人的・教育的交流を促進すること等を目的としています。
 

前回の記事では、競技会の練習風景をお伝えさせていただきました。

https://www.jec.ac.jp/blog/kzkj/27/

前回の記事をご覧になっていない方は、是非上記リンクからご一読下さい。

 

本記事では、中編として、有線ロボット部門を中心に大会当日の様子について書かせて頂きます。

まずは、開会式です。

本校の古賀校長先生の挨拶で開会致しました。

                 古賀校長先生の開会挨拶

 

その後は、参加校の紹介です。各学校の代表者が壇上に上がり、本競技会に対する意気込みを述べます。

本校からは、電気工学科1年生の中務周君が壇上に上がってくれました。

堂々とした態度で、会場を圧倒していました。チームの士気が一気に上がります。

                学校紹介で壇上に上がる中務君

開会式が終了したら、試合前に円陣を組みます。まだ、一緒に過ごして1年も経たない1年生が大部分ですが、

絶対に勝つという想いが一つになり、一体感が生まれていました。

本気で練習に取り組んだからこそ、勝ちたいという想いが強くなったのだと思います。

               試合前に全員で円陣を組む様子

試合までの少しの時間ですが、調整を続けます。プログラミングを担当している学生は、調整してきた特性値に間違いが無いか確認していました。

また、ハードウェアを担当している学生は、ロボットのパーツが確実に噛み合っているか等確認していました。

                試合前の最終確認をする様子①

                試合前の最終確認をする様子②

 

試合開始前には、審判からルール説明があります。

何度も確認してきた内容ですが、真剣な眼差しで聞いている様子が印象的でした。

             試合前に主審から注意事項の説明を受ける様子

 

いよいよ、試合開始です!まずは、有線部門です。

下の写真に示すように、本競技では、有線でつながれたコントローラーでロボットを操作します。

そして、自陣に落ちているカラーボールを回収し、さらに相手陣地内にある箱に入るようにカラーボールを発射します。

本校の有線ロボットは、相手ロボットの発射するカラーボールを妨害するための機構を設けました。

具体的には、下の写真に示すように、大きなビニール袋にファンで空気を送り込むことで、大きな壁を作ります。

また、床面のボールは、ベルトコンベア機構で回収して砲台へ運び、高速回転するローラーで発射します。

               有線ロボット部門試合の様子①

               有線ロボット部門試合の様子②

 

結果は、準決勝で敗れてしまい、ベスト4でした。しかし、ファンが生み出す圧力で、小さく畳んだビニール袋を巨大な壁にするというアイデアが評価され、優秀メカニック賞を受賞しました!

初出場の有線ロボット部門でしたが、チームで何度も話し合うことで生まれたアイデアで、見事受賞することができました!

改めて、おめでとうございます!

             優秀メカニック賞の受賞を喜ぶ学生の様子

本校では、ロボット競技会等の課外活動に挑戦できるよう、教員一丸となってサポートしています。

専門学校では、机上の勉強だけではなく、ものづくりの経験も積みたい方。また、クラスメイトと協力して

何かに挑戦したい方。そして、より実践的な経験を積んだ電気技術者になりたい方は、是非本校のオープンキャンパスにお越しください!

 

以上が、有線ロボット部門の報告となります。次の後編では、ソフトウェア部門、及びハードウェア部門について紹介したいと思います。

 

高度電気工学科・電気工学科では、学科ブログだけでなくyoutubeでも、学生生活の様子を配信しています。
 Youtube「高度電気工学科・電気工学科」へのリンク

▲ページトップへ戻る