グラフィックデザイン科 ニュース・作品

六本木ミッドタウン デザインハブ見学

授業

Good Design Finalist 2018

大型連休明けの5月7日午後3時過ぎから「フィールドサーベイ」授業の一環で校外活動で六本木ミッドタウン内にあるデザインハブの見学に1年生全員で行ってきました。

デザインハブは日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)と呼ばれる団体と日本デザイン振興会(JDP)、武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ(D-LOUNGE)、インターナショナル・デザイン・リエゾンセンターの4つの機関により運営されているデザインネットワークの拠点です。

5月8日まで行われていたGood Design2018のFINALISTの作品を見てきました。アイボとかスクーターとかGood Designの数々がオシャレに並べられていました。

入ってすぐの入り口のところに2018 Finalistの作品のサムネイルが壁一面に掲げられており、改めてその多さにびっくりしました。 学生たちは食い入るように見ていました。

アイボやスクーターといった興味をそそるものがたくさんあり、学生達は真剣な表情で見学していました。学生達はこの見学を通してデザインに対する自分なりの想いを持つことができたようです。

来週には銀座のギャラリー見学も待っているので、さらにデザインって何だろうと考えることが多くなりそうです。

最後は全員で記念撮影をして六本木を後にしました。

▲ページトップへ戻る