学科ニュース・作品

【高度情報処理科】オラクル認定資格試験にチャレンジしましょう

新学期が始まらない、こんな時だからできること「オラクル認定資格試験にチャレンジ」しましょう。
オラクルの再受験無料キャンペーンは5月31日までです(2回目の受験は7月15日まで)。昨年の授業を思い出して、是非この期間に資格取得を目指しましょう 。

試験名:Bronze DBA Oracle Database Fundamentals (Available only in Japan)

試験コードは「1Z0-085」です。試験範囲は、試験内容チェックリスト を参考にしてください。ざっくり言うと教科書の9章と11章を除いた範囲です。

サンプル問題

問題レベルは、オラクル社が公開しているサンプル問題 を参考にしてください。BronzeDBAは、「ITエンジニアのデータベース基礎知識」という位置づけになりました。思ったよりも簡単ですが、侮ってはいけません。

1週間後に受験するために行うこと

その1.各章ごとに教科書を読み直して、章末問題を解く。採点の際は解説をよく読むこと。見直しが出来るように、お手製の解答用紙を作るといいですよ(模擬試験も同様)。実習で確認している内容は記憶に残っているはず(?)ですが、10章は実習がなかったのでよく読み返してください。

その2.第1回模擬試験を解く。採点の際は解説をよく読むこと。

その3.第2回模擬試験を解く。採点の際は解説をよく読むこと。

その4.模擬試験の間違った問題を見直す。

試験センターは通常運用されています。受験日を決めて頑張りましょう。手続きについての質問やバウチャが必要な人は先生宛にメールをください。
試験に合格して、皆さん自身と先生たちを含めた周りの人たちに明るい話題を提供してください。
次へのステップ、新学期からのSilver DBAとSilver SQLにつなげましょう。

「目指せ!! オラクルマスター」期待しています。  奈良原 

 

▲ページトップへ戻る