ゲーム制作研究科 ニュース・作品

【新入生の皆さんへ】ゲーム制作研究科教員の紹介[2]

続報です!


栗原央道 先生

写真
新入生の皆様へ
初めましてゲーム制作研究科 栗原央道と申します。
新入生の皆様、入学おめでとうございます。ゲーム制作研究科を代表して、こころから歓迎し、お祝いを申し上げます。
ご父母の皆様、ご家族の皆様もお慶びの事と存じます。
また本学科の卒業生も、皆様が同窓の仲間に加わったことを喜んでいると思います。

新型コロナウイルス感染症の広まりの影響で、大変残念なことに入学式を実施することが出来なくなりました。
また授業の開始時期も遅らせることになり、状況など推移を見守りながら慎重に開始出来ればと思っております。

これまでにも様々な災害や事件などの出来事がありましたが、それを一つ一つ乗り越えてきました。
感染症の拡がりの中で、組織や各人がすべきこと、してはいけないことが示されています。
一日も早く収束する様に、それぞれが適切な賢い行動を取るようにいたしましょう。しばらくは自主学習を進めるなり、学生の活動の再開に備えてください。

さて、私はこの4月から学科長を務めることになりました。
新入生だけでなく在学生の皆様にも、新任の挨拶に代えてメッセージをお送りします。

日本電子専門学校は『電子技術を核とした創造性豊かな技術者の育成を通して世界に貢献する。』という 建学の精神のもと、1951 年に創立されました。
創立より一貫して、コンピュータ・電気・電子分 野のスペシャリスト育成を本校の使命と捉え、産業界への貢献に繋げてきました。

入学された皆様、そして現在本学科で学んでいる在校生の皆様に対しても、未来のスペシャリストとして日々学校で学び、成長していく姿を期待しております。
皆さん、教職員スタッフ共々一緒に3年間頑張って行きましょう!



永嶋涼 先生

写真
新入生の皆様

初めまして、ゲーム制作研究科の永嶋涼と申します。
ご入学おめでとうございます。心よりお祝い申し上げます。

私は1年次のプログラミングを担当致しますので、授業が始まれば皆様とは顔を合わせる機会が非常に多くなります。
ですので、早めに顔と名前を覚えていただければ幸いです。
よく漢字を間違えられますが、永久の「永」に、山へんに鳥(とり)の「嶋」で永嶋です。

新型コロナウィルスの影響により、入学式を始め各種行事が中止になってしまい、皆様も不安を感じている事と思っております。
授業が再開した際には一つ一つ丁寧に行っていきたいと考えています。

初めての挨拶もこのような形での挨拶となり、我々教員も非常に寂しく感じております。
一刻も早く皆様にお会いできるのを楽しみにしております。



西村学 先生

写真
新入生の皆様へ

2年の担任をしております、西村です。

今年は異例の状況で、授業も開始できない状況ですが、
家で行えることもたくさんあります。

勉強ももちろんですが、ゲームを作るということで、
ゲームの知識をつけるために、ゲームをしてみる。

情報サイトを閲覧して、ゲーム業界の動きを見る。

そういったこともとても大事になってきます。自身のゲームを作るときに
参考にしたゲームの内容を取り入れてみることもできますし、
その知識を応用することもできます。

たくさんの経験が良い作品を作れるきっかけになりますので、
この機会にたくさん経験をしてみてください。

皆様とお会いできることを楽しみにしています。



大野雅俊 先生

写真
新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

本来であれば直接皆さんの前でお祝いの言葉を伝えたいところですが、
この場でご挨拶をさせていただきます。

現在、世界的な未曽有の事態となっています。
様々な不安もあるかと思いますが、くれぐれもご自身の体調にはお気を付けください。
また、このような状況だからこそ出来ることにも目を向けてみてください。

新入生の皆さんとは、授業が始まったら「ゲームプログラミング」の科目で
すぐお会いすることになると思います。
授業の内容は初回の時にお伝えしますので、特に今準備してもらうことはありません。
皆さんとお会いできるその時を楽しみにしています。


また続報をお届けします!その時まで、お体に気を付けてお過ごしください!

▲ページトップへ戻る