カレッジニュース

  • 授業

ネットワンシステムズ株式会社と共同で潜在意識分析AI技術を活用した実証実験を実施

学校法人電子学園日本電子専門学校(本館:東京都新宿区百人町1-25-4 校長:船山世界)は、ネットワンシステムズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:荒井透)と共同で、dotin Inc. (本社:アメリカ合衆国カリフォルニア州、CEO:Ganesh Iyer)が提供するAI技術を活用した自動グルーピングシステムを開発し、実証実験を実施しました。

本校学内で行われるグループワークのチーム編成は、従来担任の教員が個別に行っておりました。そのためには少ない情報から個々人をグループ分けする必要があり、担任教員の負担が高くなっていました。

dotin Inc.が提供するAI技術では、わずか10枚の写真を選択するだけで、個人の潜在的な属性、職業への適性、他者との相性度等を診断する事が可能となります。今回、この技術を活用し、相性度の高いチームを自動的に編成するシステムを開発。新入生オリエンテーション期間にて、約200名(本校AIシステム科、ゲーム企画科、高度情報処理科、電子応用工学科)の学生に対し実証実験を実施しました。

 

本実証実験では、以下2点を中心に効果測定(アンケート)を実施しました。

①「潜在意識分析AIエンジン・自動グルーピングシステム」を活用した、グループワークのチーム編成による教員の負担軽減

②「潜在意識分析AIエンジン・職業適性診断システム」を活用した、学生の職業適性自己分析の促進

 

その結果として、①は教員に対するアンケートから、グルーピングにかかる教員負担の60%を軽減できることが判りました。また②では学生に対するアンケートから、74%の学生が「結果が参考になった」と回答し、自己分析の促進効果があることが判りました。一方、システムへの登録・利用作業が発生するため、グルーピング以外での負担増加という課題があることも判明しております。

日本電子専門学校では、今回の実証実験を含めて今後も最新テクノロジーの積極的な活用に取り組んでまいります。

 

≪日本電子専門学校について≫
法人名:学校法人電子学園
学校名:日本電子専門学校
所在地:東京都新宿区百人町1-25-4
校長:船山 世界
創立:1951年
教育分野: AI、情報処理、ネットワーク・セキュリティ、Web・モバイル、ビジネス、CG・映像、ゲーム、アニメ、デザイン、電気・電子分野に、10分野昼夜間部25学科を設置。

≪ネットワンシステムズ株式会社について≫
企業名:ネットワンシステムズ株式会社

所在地:〒100-7024 東京都千代田区丸の内二丁目7番2号 JPタワー
代表取締役社長:荒井 透
設立:1988年
業務内容:世界の最先端技術を取り入れた情報インフラ構築とそれらに関連したサービスの提供。戦略的なICT利活用を実現するノウハウの提供。

<本件に関するお問合せは>
日本電子専門学校
広報部 小原 弥恵
03-3363-2985 obara@jec.ac.jp

▲ページトップへ戻る