東京・新宿の工業系専門学校

学園情報へ
オープンキャンパス&体験入学
資料請求

AI・IoT

学科紹介

次世代のAIシステムを創造するITエンジニアになる

AIシステム科

AIシステム科

2年制

スマホから人工衛星まで守備範囲、電子設計技術者になる

電子応用工学科

電子応用工学科

2年制

AI・IoT分野ってどんな業界?
人工知能が物事を考えて実行したり、インターネットを通じてあらゆるモノが動くようになった時代となりました。AIやIoTは社会全体を変えてしまうほど大きな影響があると、産業界から注目されると同時に、近い将来、今ある仕事の50%はなくなってしまうといわれています。一方でAIやIoTを使いこなして社会を便利にしたり豊かにする仕事も大量に考えられています。その時に中心的な活躍するエンジニアが今求められているのです。
AI・IoT分野をめざすなら
生活のさまざまなことがIT化している現在、その技術はソーシャルネットワークなどのインターネットサービスや個人向けのスマホアプリ、果ては宇宙開発分野まで利用されています。また、最新技術が次々発表される分野なので、これらの技術が使われているものに関心を持ち、インターネットやニュースなどを通じて、実例を「知る」ところから始めるとよいでしょう。
AI・IoT分野の適性は?
数年後にはあなたも「引く手あまた」の人材となれることが間違いないとされるAI・IoT分野では、未知の事柄でも、まずはチャレンジする気持ちが求められます。また大きな成長が予測される最先端分野の重要な技術ですので、これまでになかったサービスや製品などを考える柔軟な発想力が大切です。

業界からの応援メッセージ

日本マイクロソフト(株)

執行役員 最高技術責任者 兼 マイクロソフト ディベロップメント株式会社 代表取締役 社長

榊原 彰 さん

1986年に日本アイ・ビー・エムに入社。同社のエグゼクティブITアーキテクト、ディスティングイッシュト・エンジニア(技術理事)として社内外で活躍した後、IBMグローバル・ビジネス・サービス事業CTO、IBMスマーター・シティ事業CTOなどを歴任。2016年より日本マイクロソフト株式会社にて最高技術責任者(CTO)、2018年からはマイクロソフト ディベロップメント株式会社にて代表取締役社長を兼務している。

テクノロジーの世界にどっぷりハマる絶好の機会

最強の人材。それは「データサイエンティストでプログラマ」

当社は、年間1兆円近くを研究開発に投資している世界でも有数の企業として知られており、少し前から、特にAI関連への投資額がずば抜けて増加しています。なかでも力を入れているのが、最近のAIブームを牽引している深層学習(ディープラーニング)の技術。当社でも-Microsoft-Cognitive-Toolkit-といって、音声認識や画像認識、検索適合性評価などのタスク支援を目的としたツールキットを開発し、世の中に広めていこうとしています。

これによって実現すると考えられているのが、AIが大量のデータを解析し、人間の頭では想定できない相関関係や因果関係をパターン認識して教えてくれるという世界。例えば、医療の世界では、医用画像をディープラーニングの手法で解析することで熟練したドクターよりも正確にがん組織を見つけ出すことが可能になる技術や、患者のがん細胞の遺伝子解析を元に、その患者に最も適した新薬を投与して効果的な治療を行う新しいがん治療(プレシジョン・メディシン)などに、大きな期待が集まっています。

また今は、ただ命令に答えるのではなく、人間の感情を理解し、主体的に人間の要求を満たしていくようなAIの進化も求められています。実は当社でも2015年、女子高生の人格を持ったチャットボットの『りんな』というサービスをリリースしました。現在すでに680万人以上のユーザが登録(2018年4月時点)していて、りんなが毎日、大勢の人たちとチャットをするという面白い実験が進んでいます。

こうした中で、当然、開発や運用の手法も驚くべきスピードで変化し、現場で技術者に求められる能力もずいぶんと変わりつつあります。もちろん基礎的な知識として、何度もプログラムを書き、アルゴリズム構造を体得することが大事なのは今も昔も変わっていません。しかし現在は、AIに何を学習させたいのか、そして学習させたことで何を成し遂げたいかを考えることができる技術者が求められているのです。「ITのことだけしかわからない」では通用しません。

ビッグデータからビジネスに活用できる情報を引き出す専門技術者でデータサイエンティストと呼ばれる職業が近ごろ注目されていますが、「データサイエンティストでプログラマ」が今は最強の人材といえるかもしれません。

専門学校で学ぶということは、特化した分野にどっぷりハマることのできる絶好の機会だと思います。これから技術者をめざそうという人たちには、今、世の中でどのような変化が起きているかをいつも意識しながら勉強を続けてもらいたいと思います。また若い時期に、他の技術者たちとも積極的に情報交換するようにしましょう。最近では、プログラミングに関するTipsやノウハウを公開できる-Qiita-などの便利なサービスもあり、当社のパブリッククラウドサービスである-Microsoft-Azure-など無償ではじめられるサービスも増えました。気になる技術を低コストで学べる環境が充実しています。できるだけ視野が狭くならないよう、いろいろな技術に触れてみてください。

【日本マイクロソフト株式会社 PROFILE】
日本マイクロソフト株式会社は、1975年にビル・ゲイツとポール・アレンらによって設立された世界最大のソフトウェア会社マイクロソフトコーポレーションの日本法人。現在は「地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする」という新たな企業ミッションのもと、全世界で「変革(トランスフォーメーション)」を実行中。従来の枠組みにとらわれない取り組みを加速させ、「革新的で、安心して使っていただけるインテリジェントテクノロジを通して、日本の社会変革に貢献する」企業像を目指している

Device2Cloudコンテスト

[ 優勝 ]

IoTなどのクラウドへ繋がるアプリやサービスの企画・開発・発表を行い、成果を競うコンテストで、電子応用工学科ほか3学科の有志チームが出場。見事優勝を果たしました。

有志チーム「JEC学ラボー2017」岡田学さんをはじめ計9名(電子応用工学科)

学科紹介

次世代のAIシステムを創造するITエンジニアになる

AIシステム科

AIシステム科

2年制

スマホから人工衛星まで守備範囲、電子設計技術者になる

電子応用工学科

電子応用工学科

2年制

■同じ分野内で探す
■他の分野から探す
■その他