コンピュータグラフィックス科 ニュース・作品

卒業制作発表会 結果報告

学生作品

2019年2月19日(火)、コンピュータグラフィックス科の卒業制作発表会が行われました。

コンピュータグラフィックス科では、2年次にアニメ専攻、ゲーム専攻に分かれます。

卒業制作もアニメ専攻の学生は、CGアニメ作品を制作し、ゲーム専攻の学生は、グループや個人でUnityを使ってゲームを制作していきます。

卒業発表会では、アニメ部門、ゲーム部門に分かれノミネート作品が発表されました。 その中からスマートフォン投票で優秀賞、最優秀賞が決まりました。

【アニメ部門】

■最優秀賞: 「弱肉強食」 園部 若菜

 (狐に追われたリスが森の仲を逃げ回るフルCGアニメーション作品。リスのかわいらしい表情や動き、そして狐の意地悪そうな表情と、森を駆け巡る動きが見ごたえのある作品。)

↑プレゼンテーションの様子

■優秀賞: 「Boss Stage」 高橋 陸

(ゲームの中で、アーマーを着た騎士と、魔女の対戦ゲームのような設定のアニメーション作品)

アニメ専攻の受賞者達。 トロフィーを持って記念撮影。

おめでとうございます。

 

【ゲーム部門】

■ 最優秀賞: 「Lost Civilization」  (大塚 健司、尾上 瑠奈、小野原 雄平、小池 雅貴、齊藤 史勇人、杉浦 竜哉、山岸 哲也)

Lost Civilization PV

↑プレゼンテーションの様子

↑先生からのコメントもありました。

 

■ 優秀賞:「百怪魑魅(ひゃっかいちみ)」 (五十嵐 小桃、佐藤 茉弥乃、林 綺音、黄 培涵、林 微婷)

和風の屋敷に現れる色々なモンスターを退治していくゲーム作品

↑プレゼンテーションの様子

 

■ 優秀賞:「水上市場」 ラッキャサクン パーリタ (個人作品)

タイの夜の水上市場をボートで遊覧するインタラクティブ作品

↑プレゼンテーションの様子

皆さんおめでとうございます。 良い作品が作れてよかったですね!

(高橋) 

 

▲ページトップへ戻る