学校サイトへ
大学/専門在学・中退・卒業生、社会人、浪人生、高認、フリーター、学びなおしを考える女性の皆様へ

コンピュータグラフィックス科 馬目 江里子さん

茨城工業高等専門学校学校卒業→社会人

高専卒業後、進学資金を貯める為に一度就職。

食品系工場の機械オペレーターとして4年間勤務。

CGプログラマとしてのキャリアと女性としての幸せを両立するのが目標

高校進学時からCGを学びたいと思っていましたが、進学した高専にはその分野の学科がありませんでした。中退も考えましたが両親とも相談し、きちんと卒業することを約束。その後、専門学校で学びなおそうということも決心しました。学費を用意するために、一度就職し工場のオペレーターとして4年間勤務。仕事にもやりがいは感じていましたが、夢をあきらめることはできませんでした。
高専在学時から、進学先の検討は始めていましたので、パンフレットやホームページなども確認した上で、日本電子を含む2校の入学イベントに参加しました。実際に来校してみて、日本電子の先生は話しがしやすく、イベント終了後も相談ブースに居座ってしまいました(笑)また、言葉では説明しにくいのですが、雰囲気があうと直感的に感じられたことも出願の決め手となりました。

馬目さんの入学前のお悩み

年齢

働いている間もCGについて独学で勉強したり、休日にはデッサン教室に通ったりと、日本電子入学前にやっておけることは何でも取り組んでいました。高専が5年制だったことにあわせて、社会人経験4年となると、就職活動には不利なのではないかと悩みました。ただ、そんなことではあきらめられなかったし、日本電子のホームページにはそう言った経歴の人の内定インタビューも掲載されていたので、自分も絶対に希望の就職を目指そうと気持ちを持ち直しました。

時間の使い方

帰宅後、食事を済ませた後の自由時間は、独学でCGの勉強をしていました。今は、4限終了後19時頃までオープン実習を活用し、課題などに取り組んでいます。帰宅後も、個人の制作活動に時間を使うことができるので、一日中、思いっきりCGに没頭することができています。

日本電子での学び

CG制作の授業の中で、アニメーションについて学ぶものがあるのですが、これは入学までに独学で勉強していたときにとても苦労した技術でした。キャラクターにボーン(骨組み)を組み込み、動作をつける設定をするのですが、授業で習ったときには、とてもわかりやすく教えていただき、独学で覚え違いをしていたことにも気づくことができました。また、授業での制作でたくさんのキャラクターを動かす設定をし、クラスメイトが予想以上のリアクションをしてくれた時は、とてもうれしかったです。画像はその時のものです。

時間割例

入学時には気になっていた、周りとの年齢の差も、特に感じることなく日々を送ることができています。同じ夢を志している仲間が周りにいることと話も合いますし、とても心強いです。就職活動を控え、業界研究をしたり就活イベントに参加したりと情報収集も進める中、Houdiniという3DCGソフトウェアが業界で注目されていることを知り、勉強してみたいと思っています。やりたい気持ちに応えてくれる環境がそろっているため、どん欲に学ぶことができます。

日本電子で取得した資格

  • CGクリエイター検定(エキスパート)

いま目指している資格

  • CGエンジニア検定

進学で悩んでいるみなさんへMessage!!

まずはCGプログラマとして一人前になることが目標です。将来は家庭を持ち、仕事も家庭もしっかり両立することができるような女性になりたいと思っています。
最後に!志半ばで、他の何かを言い訳にしても、自分を納得させることはできないと思います。「やりたいことはとことんやっちゃえ!」が、いま夢に向かって頑張っている人に向けてのメッセージです。

本電子専門学校 学校サイトトップへ