東京・新宿の工業系専門学校

学園情報へ
オープンキャンパス&体験入学
資料請求
  • 情報システム開発科 資格と技術を武器に業界を突き進むシステムエンジニアになる
オープンキャンパス&体験入学

情報システム開発科 Information System Development

アジャイルやクラウドなどを活用した最新のWebシステム開発技術・手法と、エンジニアに必須の普遍的な知識を短期間でバランス良く身につけることができるのが本科の特色。プログラミング技術はもちろん、システム設計から開発までの全工程を学び、プログラマの上位職種であるシステムエンジニア(SE)をめざします。大学や社会人経験のある学生が多いのも本科の特長です。

★他の学科もチェック

学科ブログ

    めざす職種

    • システムエンジニア
    • プログラマなど

    学びのポイント

    2年間で「SE」をめざす即戦力SE育成専門学科

    卒業後にSEをめざす本科では、現役SEやSE経験のある教員の指導を通してクラウドなど最新のシステム開発環境で、開発の全工程が学べる独自カリキュラムを設置しています。

    「日立」「富士通」「NTT」「JR」系列など大手IT企業で多数の卒業生が活躍!

    「日立製作所」「富士通アドバンストエンジニアリング」「NTTデータアイ」「NHN PlayArt」「JR東日本情報システム」などへ多数就職しています。

    「PDCAサイクル学習」により入学後半年で「基本情報技術者」を取得

    P(Plan・計画)、D(Do・実行)、C(Check・確認)、A(Action・改善)の学習方法で、1年次の秋には国家資格「基本情報技術者」を、2年次の春にはより上位の「応用情報技術者」取得をめざす本科独自の指導スケジュールで、毎年多数の合格者を輩出しています。

    在校生インタビュー

    「国家資格を取って、就活を有利に!」

    高橋 洸一さん
    埼玉県立熊谷商業高校出身

    内定先/キヤノン株式会社

    Q. 日本電子を選んだ理由は?
    情報系の中で、資格取得率が一番高いと聞いて、情報システム開発科を選びました。基本情報技術者試験に合格することができたのは、授業と先生のサポートのおかげです。
    Q. 日本電子に入って良かったと思うことは?
    やはり第一志望の大手企業から内定がもらえたことです。将来の夢は、誰もが知っているシステムを作ること。それに向かって一歩踏み出すことができました。
    Q. 今後、入学を考えている人へのメッセージ
    学校の授業をまじめに受けていれば、専門技術や知識が身に付き、資格も取れます。日本電子は企業からの信頼が厚く、就活も有利。良い会社に就職したい人にお勧めです。

    学習環境・教材・機材

    IT企業のシステム開発現場に近い 実践的な学習環境で学ぶ

    システム開発に最適なコンピュータ実習室
    IT企業のシステム開発環境と同様の実習環境を整える本科では「C言語」「Java」「PHP」など、プログラム言語の授業は一人ひとりの学習進度に合わせた授業形態で実施。グループで行うシステム構築実習ではアジャイル開発等、企業の開発現場に即した環境で実践的に学びます。

    本科オリジナルテキストを使い 「技術」と「資格」をバランスよく習得

    Javaオリジナルテキスト

    本科ではJava習得に適したオリジナルテキスト・問題集を導入。JavaはIT業界で広く採用されているプログラミング言語です。組込みシステムからWebシステムに至るまで幅広く使用されるため、Javaを習得すると活躍の場が広がります。

    Webシステム構築教材(クラウド対応)
    Google App Engineなどインターネット上でデータを共有できるクラウドを利用。システムを動かしたり、実際に作ったものをクラウドにのせるといった演習を行います。
    UMLモデリングツール
    システムエンジニアの主な仕事は情報システムの設計です。システム設計の演習では、実際の現場でも使われているツールを使用します。学生の間にツールに慣れることができるので、就職後はスムーズに仕事ができます。
    オリジナル課題チェックシステム
    プログラミングの実習授業では、課題チェックシステムを導入。学生が提出した課題を担当教員がチェックし、直すべきところをすぐに指摘できるようになっています。実習の数だけしっかりと力がつく、本科のしくみを支えています。

    「職業教育」と「キャリア教育」のバランスのとれた質の高いカリキュラム

    「産学共同開発カリキュラム」の開発などによって、常に業界とチューニングできる最新のカリキュラムを更新しています。また、専門性を効果的に身に着けるために、年次を超えて発展科目や関連科目といった相関関係を明確にしたカリキュラム構成になっています。

    時間割
    情報システム開発科の時間割例
    • ※この時間割は、変更になる場合があります。
    • ※エクステンション(共通選択科目)とオープン実習は、月曜日から金曜日の4限目に実施。時間割や自分の希望に合わせて選択することができます。

    主な就職先

    NTTデータアイ/NTTコムウェア/NTTデータCCS/富士通アドバンストエンジニアリング/明治安田システム・テクノロジー/ドコモ・データコム/CLINKS/菱友システムズ/エヌ・ティ・ティ・システム技研/日本サード・パーティ/システムYAMATO/レジェンド・アプリケーションズ/東京京装コンピュータ/東急コンピュータシステム/富士ソフト/ジャパンシステム/ソーバル/セゾン情報システムズ/NHKメディアテクノロジー/JR東日本情報システム/アクセンチュア/日立製作所/NHN PlayArt/テプコシステムズ/日立INSソフトウェア/サイビーンズ/インフォテック/NHNテコラス 他多数

    取れる資格

    • ・基本情報技術者
    • ・応用情報技術者
    • ・UML技術者資格
    • ・オラクル認定Javaプログラマ(OCJ-P)
    • ・オラクルマスター
    • ・マイクロソフト認定資格
    • ・Microsoft Office Specialis(MOS)
    • ・サーティファイ情報処理技術者能力認定資格
    • ・情報検定(J検)
    ■同じ分野内で探す
    ■他の分野から探す
    ■その他