東京・新宿の工業系専門学校

学園情報へ
オープンキャンパス&体験入学
資料請求

グラフィックデザイン科

日本電子専門学校「グラフィックデザイン科」の最新情報を発信しています


授業の様子

2018年06月14日

カテゴリー: 授業の様子

竹尾見本帖本店を見学しました

2018年6月14日、グラフィックデザイン科2年生が紙の専門店竹尾見本帖本店へ見学に行きました。
blog20180614104.JPG

続きを読む »

2018年05月25日

カテゴリー: 授業の様子

銀座ギャラリーめぐり!グラフィックデザイン科1年生

グラフィックデザイン科に1年生が入学して早くも2ヶ月が経とうとしています。学校生活にもなれ、IllustratorやPhotoshopなどグラフィックツールの操作スキルもレベルアップしてきました。そろそろ自分の引き出しを広げてみよう!ということで、授業の一環で銀座のギャラリーめぐりにでかけました。その様子をお伝えします。
20180525007.jpg

続きを読む »

2018年05月01日

カテゴリー: 授業の様子

ものづくり施設Tschool見学

2018年5月1日、グラフィックデザイン科の2年生たちが、今年2月に東京・立川にオープンしたばかりのファブスペース「Tschool(ツクール)」にお邪魔しました。Tschoolさんは、3Dプリンター、レーザーカッターから塗装用エアーコンプレッサーまで備え、試作、小ロット生産から塗装、梱包までできる都内でも最大級のファブスペースです。
2年生の授業「インタラクティブデザイン」での作品作りの事前学習として見学に伺いました。
20180501030.jpg

続きを読む »

2017年08月04日

カテゴリー: 授業の様子

UIUXデザイン 専門学校東洋美術学校×日本電子専門学校

touyo6.jpg

7月26日(水)昨年に続き、今年も専門学校東洋美術学校クリエイティブデザイン科3年生と
日本電子専門学校グラフィックデザイン科2年生との間で、UIUXデザインの
合同プレゼンテーションが専門学校東洋美術学校で行なわれました。

続きを読む »

2017年08月02日

カテゴリー: 授業の様子

「コンテンツ東京2017」 EXPOに見学に行きました!

contents_2.jpg

6月29日(木)の午後、1,2年生合同で東京ビッグサイトで行われていた「コンテンツ東京2017」EXPOに
見学に行きました!
これは7つの専門見本市から構成され、コンテンツビジネスを支えるあらゆる要素が出展する
大規模国際総合展です。グラフィックデザインEXPOも第一回とあって主だった企業も出展されていて
人気の高さがうかがえました。

続きを読む »

2017年08月01日

カテゴリー: 授業の様子

素材調達!竹尾見本帖見学と紙の購入

takeo_1.jpg

6月15日、この日朝から2年生は「アドバタイジング」の授業の中でパッケージデザインに使う紙と
「エディトリアルデザイン」の授業の中で製本に使う紙の購入を兼ねて、神保町にある
竹尾見本帖に見学に行きました。

続きを読む »

2017年07月24日

カテゴリー: 授業の様子

今年も上野動物園 校外学習として撮影に行ってきました!

ueno_1.jpg

7月19日(水)朝から気温も上昇。暑い一日になりそうだとの予感的中。
それでも学生達は暑さにめげる事なく、10時から2時間園内をくまなく歩いて撮影をしておりました。

続きを読む »

2017年06月01日

カテゴリー: 授業の様子

フィールドサーベイで銀座ギャラリー見学へ♪

2_mein.jpg

1年次の前期授業「フィールドサーベイ」で銀座ギャラリー見学を行いました。
5月18日(木)午後,教室で点呼を取りその後大久保から新宿、新宿から
山手線で新橋まで電車移動しました。
急に降ってきた雨に傘のない学生はコンビニに駆け込んで傘を購入することに。
生憎の雨でしたが,皆、興味深々で見学をしていました。

続きを読む »

2017年01月25日

カテゴリー: 授業の様子

アートディレクターの寺尾功司さん講話会開催

2017年1月23日にアートディレクターの寺尾功司さんをお招きし講話会を開催しました。
今回の講話会は、グラフィックデザイン科で講師をされている平野先生(株式会社空飛ぶペンギン社)のご紹介で実現。平野先生が普段お仕事でご一緒されているご縁から、アートディレクターのお仕事についてお聞きする機会となりました。
2017012302.jpg

続きを読む »

2016年12月23日

カテゴリー: 授業の様子

グラフィックデザイン科でビジュアルプログラミング始めました

日本電子専門学校のグラフィックデザイン科では先進性のある技術を習得し実践力のあるデザイナーの育成を目指しています。
今年の1年生から「ビジュアルプログラミング」の授業がスタートしました。教えてくださる先生は講師の平野北斗先生。
この日は授業ガイダンスが行われ、グラフィックデザイナーを目指す学生が「ビジュアルプログラミング」を学ぶ必要性について、コンテンツ業界の潮流を紹介しながら説明くださいました。

DSC_0004%202.JPG


Processingというプログラミング言語によりアート表現やビジュアルデザインが動的でインタラクティブな表現が可能になってきたことを、事例を交えながら解説いただきました。
学生たちはこれまで習ったビジュアルデザインが、動的に表現される様子を見て関心を持った様子でした。

DSC_0002%202.JPG

今回の授業で学ぶ「ビジュアルプログラミング」は「Scratch」というプログラミング言語です。ScratchはMITメディアラボ ライフロングキンダーガーテングループのプロジェクトとして開発され、無償で使用することができます。
今後学生たちはこのプログラミング言語を学びながら、クリエイティブに考え、体系的に判断するスキルを身につけていく予定です。

DSC_0006.JPG

DSC_0008.JPG


2016年11月23日

カテゴリー: 授業の様子

業界研究 第二弾!東洋インキ株式会社様

22_toyotaitol.jpg

10月21日の1,2限で東洋インキ株式会社 技術センター テクニカルソリューションセンターの
池田卓美様にお越しいただき「カラーユニバーサルデザインについて」というタイトルで
講義と演習を行っていただきました。
その様子をお伝えします。

続きを読む »

2016年11月16日

カテゴリー: 授業の様子

業界研究 第一弾!株式会社モリサワ様

21_morisawataitol.jpg
後期の始まった10月14日、業界研究の授業の中で「株式会社モリサワ様」にお越しいただき
フォントにまつわる話をしていただきました。
フォント選びは学生たちにとっても難儀するものの1つです。
書体メーカーであるモリサワ様から講義を聞けるとあって、いつになく学生たちの表情は引き締まっていました。

続きを読む »

2016年08月03日

カテゴリー: 授業の様子

前期最後のセミナー。第3弾!

InDtop%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%92%E3%82%9A%E3%83%BC.jpg

セミナー第3弾!「InDesignセミナー」が7月22日に行われました。
前期最後のセミナーです。
Photoshop、Illustratorに引き続き、今回はInDesign。
5名の2年生が考えに考えてテキストもInDesignで作成し頑張ってくれました!

続きを読む »

2016年07月31日

カテゴリー: 授業の様子

UIUXデザインの合同プレゼンテーション開催!

tobitaitol.jpg

7月21日(木)午後2時より、日本電子専門学校7号館4階の座学教室において
東洋美術専門学校クリエイティブデザイン科3年生と日本電子専門学校グラフィックデザイン科
2年生との間で、UIUXデザインの合同プレゼンテーションが行なわれました。
非常勤で授業を受け持ってくださっている卒業生のブルヒム・ハフィド先生が両学校の講師を
なさっている関係で実現したプレゼンテーションでした。

続きを読む »

2016年07月23日

カテゴリー: 授業の様子

1.2年合同 グラフィックガーデン見学会を行いました!

7121_top.jpg

7月12日、この日はお天気もよく午後から気温もぐんぐん上がりとても暑い日でしたが、
2年に1度の頻度でお世話になっている日経印刷グラフィックガーデン様にお邪魔させていただき
印刷会社でのデザイナーの仕事や印刷物ができるまでを見学させていただきました。
1.2年合同のイベントとあってグラフィックガーデンに着くまでの15分あまり、学生達は
暑さを気にする様子もなく道中を楽しんでいました。

続きを読む »

2016年07月15日

カテゴリー: 授業の様子

セミナー第2弾!

0_Top.jpg

セミナー第2弾!「Illustratorセミナー」が6月24日に行われました。
その模様をお伝えしますね。

続きを読む »

2016年07月06日

カテゴリー: 授業の様子

アド・ミュージアム東京見学

628title%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%92%E3%82%9A%E3%83%BC.jpg

6月28日「フィールドサーベイ」授業の一環で1年生はカレッタ汐留にある「アド・ミュージアム東京(ADMT)」
http://www.admt.jp/に見学に行ってきました。
この日は生憎の雨でしたが、学生たちは校外学習とあって普段よりも元気さが増し、パワーが館内に充満していました。

続きを読む »

2016年06月10日

カテゴリー: 授業の様子

2年生による1年生のための「Photoshopセミナー」

toptop.jpg
今年度グラフィックデザイン科の目標は「主体性の向上」です。
それが遺憾なく発揮されたイベントが5月27日に行われました。
毎週金曜日の4限は1.2年生共に空いているので1,2年が合同でできるイベントなど企画しています。
5月27日は2年生から1年生へのセミナーを行うということで初っ端は「Photoshopセミナー」でした。
この日の為に2年生はホームルームでセミナー毎にわかれ、打ち合わせを重ねてきました。
人に教えるって大変!自分がきちんと理解していないと伝わるものも伝わらないですよね。

2年生の奮闘ぶり、セミナーの様子をご紹介しますね。

続きを読む »

2016年04月23日

カテゴリー: 授業の様子

今年もやりました!スタートアップワークショップ!!

Jecweektop.jpg

新入生を迎え、グラフィックデザイン科も華やかさが更に増しました。

今年度の授業準備期間(JecWeek)での活動の様子を報告しますね。

続きを読む »

2015年09月04日

カテゴリー: 授業の様子

前期授業が終了間近!プレゼンラッシュです!!

20150904005.JPG

9月に入り授業が再開しました。そして!9月10日(木)で前期授業が終了となります。
グラフィックデザイン科では、毎日のように課題の最終プレゼンテーションが行われています。
今回はその様子をご紹介します!

続きを読む »

2015年06月29日

カテゴリー: 授業の様子

[グラフィックデザイン科]紙×デジタル!同時進行でカタログ作ります!

20150629004.jpg

今や雑誌もiPadなどのタブレットで読むためのデジタルマガジンが主流になりつつあります。
小学館では人気ファッション雑誌9誌が電子雑誌で読めます。紙とデジタルの両方でコンテンツを楽しめる時代になってきました♪
グラフィックデザイン科では、伝統とモダンが共鳴する器で丁寧な暮らし、家の風景をつくる工房百木根(ももきね)さんのカタログ制作に取り組んでいます。
もちろん!デジタルと紙のカタログの特徴をそれぞれに生かして!同時進行で2種類のカタログを制作します。

続きを読む »

2015年05月19日

カテゴリー: 授業の様子

[グラフィックデザイン科]作品完成ラッシュ!エディトリアルデザインの授業

20150519001.jpg
新学期がスタートして早くも6週間。グラフィックデザイン科2年生のエディトリアルデザインの授業では間もなく第1課題の提出日です。仕上げに余念のない学生たちの様子をご紹介します。

続きを読む »

2015年05月13日

カテゴリー: 授業の様子

[グラフィックデザイン科]1年生もデジタルデザインに慣れてきました!Photoshopの授業紹介

20150613_001.jpg
新学期がスタートして1ヶ月!新入生たちも学校に慣れてきて学園生活を楽しんでいます。
今回はPhotoshopを活用したグラフィック制作実習の様子をお伝えします!
授業風景をご覧になれます!!


続きを読む »

2015年04月10日

カテゴリー: 授業の様子

表現の多様性にチャレンジ!!〜グラフィックデザイン科〜

グラフィックデザイン科では春恒例の「スタートアッップワークショップ」を行いました!
1,2年生が協力してチカラとアイデアを出し合い‘表現の多様性’にチャレンジしました。その様子をお伝えします。
20150410top2.jpg

続きを読む »

2015年04月08日

カテゴリー: 授業の様子

新学期が始まりました!〜グラフィックデザイン科〜

20150408.00723.jpg

日本電子専門学校グラフィックデザイン科でも新学期がスタートしました。新入生を迎えたグラフィックデザイン科の様子をお知らせします。

続きを読む »

2015年02月09日

カテゴリー: 授業の様子

授業紹介!「就職リテラシー」

20150203_001.jpg
グラフィックデザイン科では、1年生後期に「就職リテラシー」という授業があります。就職活動を控え、社会人基礎力について学ぶ他アクティブラーニング方式で時事問題についてディスカッションしたり、自己分析をします。今回はその授業の様子をお伝えします。

続きを読む »

2014年12月16日

カテゴリー: 授業の様子

企業連携「進級制作」

20141216top.jpg
グラフィックデザイン科1年生は現在企業連携課題「進級制作」に取り組んでいます。
データ提出日に向けて作業も佳境に入ってきています。その様子をお伝えします。

続きを読む »

2014年11月28日

カテゴリー: 授業の様子

【特別授業】インフォグラフィックスデザインを学ぶ!

20141128top.jpg
2014年11月27日、グラフィックデザイン科ではインフォグラフィックスデザインの特別授業を行いました。今回は産経新聞でグラフや地図、チャートなどインフォグラフィックス制作を手がけられる豊嶋哲志さんにお話いただきました。

続きを読む »

2014年11月19日

カテゴリー: 授業の様子

ユーザインタフェースを学ぶ!Sketch3セミナー

20141114_top.jpg

2014年11月14日(金)にグラフィックデザイン科では、2年生の授業「デジタルコンテンツ制作」「業界研究」の時間にて、ユーザインタフェースを学ぶ授業を開催しました。
アプリデザインのツールとしてにわかに注目度を高めているSketch3というアプリケーションソフト。今回は卒業生のブルヒム・ハフィドさんを講師にお迎えし教えていただきました。

続きを読む »

2014年11月07日

カテゴリー: 授業の様子

業界研究「カラーユニバーサルデザイン」を学ぶ

20141024top2.jpg

2014年10月16日、24日の2日間でカラーユニバーサルデザインについての特別授業を実施しました。講師をしてくださったのは東洋インキ株式会社グラフィックソリューションセンターの池田卓美さんです。
「業界研究」という授業ではデザイン業界の第一線で活躍する方をお招きし、お話をしていただきます。話題のテーマや先端技術について幅広く学び、業界への見識を広げることを目的としています。

続きを読む »

2014年10月24日

カテゴリー: 授業の様子

卒業制作の企画発表会を行いました

2014年10月24日に卒業制作の企画発表会が行われました。
20141025top.jpg

続きを読む »

2014年10月19日

カテゴリー: 授業の様子

特別講義「デジタルコミュニケーションデザイン」

20141019top.jpg

20014年10月16日に、グラフィックデザイン科では特別講義「デジタルコミュニケーションデザイン」を行いました。
今回お話いただいたのは、インタラクションデザイナーの平野北斗さんです。

続きを読む »

2014年09月12日

カテゴリー: 授業の様子

フットサルチームデザインプロジェクト_vol.3

日本電子専門学校グラフィックデザイン科ではフットサルチーム「フウガドールすみだ」のデザインプロジェクトにチャレンジしています。
2014年9月9日に最終プレゼンテーションを行いました。その様子をお伝えします。
20140912top.jpg

続きを読む »

2014年07月24日

カテゴリー: 授業の様子

上野動物園に写真撮影に行ってきました!

2014年7月16日にグラフィックデザイン科では1年生全員で上野動物園へ写真撮影実習に行きました。その様子をご紹介します。
20140724top2.jpg

続きを読む »

2014年07月21日

カテゴリー: 授業の様子

フットサルチームデザインプロジェクト_vol.2

日本電子専門学校グラフィックデザイン科ではフットサルチーム「フウガドールすみだ」のデザインプロジェクトにチャレンジしています。
今回は、チームを良く知りたい!という思いから試合観戦に行って来ました。その様子をお伝えします。
20140720top.jpg

続きを読む »

2014年07月21日

カテゴリー: 授業の様子

「桃太郎」デジタル絵本制作にチャレンジ!

2014年7月16日、グラフィックデザイン科では「電子書籍実習」の授業で制作してきた「桃太郎」デジタル絵本の作品発表会を行いました。
クライアントであるNPO法人レイヤーボックスの月森砂名さんをお迎えして、作品の講評とアドバイスをいただきました。
20140716top.jpg

続きを読む »

2014年07月18日

カテゴリー: 授業の様子

デジタルサイネージ特別実習

2014071803top2.jpg
2014年7月18日にグラフィックデザイン科ではデジタルサイネージ特別実習を行いました。
今回ご指導いただいたのは、ビーエム長野株式会社の中村様と小川様です。

続きを読む »

2014年07月17日

カテゴリー: 授業の様子

3Dプリンター特別実習

2014年7月17日にグラフィックデザイン科では3Dプリンター特別実習を行いました。
今回講師にお招きしたのは、Fab Cafe(ファブカフェ)の川井 敏昌様です。
学生たちのワクワク!ドキドキ!が止まらない♪楽しい特別授業の様子をお伝えします。
20140717top2.jpg

続きを読む »

2014年07月01日

カテゴリー: 授業の様子

今年もチャレンジ!若年者ものづくり競技大会

今年も山形市総合スポーツセンターにて若年者ものづくり競技大会が開催されます。
グラフィックデザイン科では2名の学生がチャレンジする予定で、大会に向けて技を磨いています。

続きを読む »

2014年06月27日

カテゴリー: 授業の様子

デジタルサイネージ制作/課題プレゼンテーションしました

20140628004top.jpg

グラフィックデザイン科2年生はデジタルサイネージの作品制作に取り組んでいます。今日は課題依頼主である、日本電子専門学校広報部の方に企画プレゼンテーションをしました。

続きを読む »

2014年06月24日

カテゴリー: 授業の様子

印刷会社を見学しました

2014年6月24日グラフィックデザイン科では1,2年生合同で日経印刷株式会社の会社見学に行ってきました。
20140625top.jpg

続きを読む »

2014年06月24日

カテゴリー: 授業の様子

フットサルチームデザインプロジェクト

日本電子専門学校グラフィックデザイン科ではフットサルチーム「フウガドールすみだ」のデザインプロジェクトにチャレンジします。
今日はフウガドールすみだの担当者、黒田様が課題説明をして下さいました。

20140624top.jpg

続きを読む »

2014年06月19日

カテゴリー: 授業の様子

広告作品が完成しました!

20140619top.jpg
皆さんこんにちは。早いもので6月も中旬になりました。
前期授業も残すところ1ヶ月あまり。
広告制作の授業でもドリンク飲料の広告作品が完成しました。

続きを読む »

2014年06月15日

カテゴリー: 授業の様子

デジタルサイネージジャパン2014に行ってきました!

20140613top.jpg

2014年6月13日にグラフィックデザイン科2年生がデジタルサイネージジャパン2014に行ってきました。

続きを読む »

2014年05月28日

カテゴリー: 授業の様子

素材研究!竹尾見本帖本店を見学しました♪

2014年5月27日グラフィックデザイン科の2年生が、紙の専門商社株式会社竹尾さんの店舗を見学しました。
素材研究の一環として、また、近々制作予定の作品のため紙を購入しました。
スタッフの方に紙の選び方や特徴を教えていただきました。
2014052701.jpg

続きを読む »

2014年05月20日

カテゴリー: 授業の様子

広告デザインの授業を紹介!

グラフィックデザイン科の2年生は、前期科目「グラフィック実習3」に取り組んでいます。
この授業では、ポスターやWebサイト、パッケージデザインなど広告デザイン全般的に手がけます。
現在はコンビニで販売される飲料水「Regina オレンジシナモンラテ」(仮想商品)の広告制作にチャレンジしています。
2014052001.jpg

続きを読む »

2014年04月24日

カテゴリー: 授業の様子

新学期授業がスタートしました-2

新学期の授業がスタートして2週目!
1年生はクラスの雰囲気もにぎやかになりました。
2年生は就職活動本番!スーツ姿も増えてきています。
今日は2年生の「エディトリアルデザイン1」の授業と1年生の「フィールドサーベイ」の授業の様子をご紹介します。

続きを読む »

2014年04月22日

カテゴリー: 授業の様子

新学期授業がスタートしました

4月14日(月)から新学期の授業がスタートしました。
グラフィックデザイン科に入学した1年生がまず取り組むのは、Adobe Photoshop,Illustrator,InDesignのアプリケーションソフトです。
2回目の今日の授業では、担任でもある植田先生が「Photoshopを使った画像修正の方法」について解説しました。
1年生たちは、Phoshotopを使って写真の一部を消したり修正する方法を学びました。
瞬時に写真がキレイになるTipsを知り、「おおぉ〜!」「すごぉ〜い!」などの驚きの声が上がっていました。楽しく学んでいる1年生たちです。

2014042201.jpg

2014年04月11日

カテゴリー: 授業の様子

スタートアップワークショップ

20140410top.jpg

2014年4月10,11日の2日間、グラフィックデザイン科では1,2年生合同でスタートアップワークショップを行いました。

続きを読む »

2013年05月30日

カテゴリー: 授業の様子

防災訓練ありました。

日本電子専門学校では、入学した新入生クラスを対象に5月の13日から6月7日まで
「学生防災避難訓練週間」が始まります。

5月22日 ホームルームの時間を使い、グラフィックデザイン科1年生は
避難訓練を行いました。
防災責任者が中心となり、20分間のビデオ鑑賞と、その後メディアホールの中庭に出て
実際に消火器を使って火を消すという訓練を行いました。

jyunnbi%20.jpgsyoukaki_1.jpg

syouka.jpgshiyoka3.jpg

中学、高校と避難訓練は行ってきていると思いますが、実際の消火器を使っての訓練は
初めての学生も多かったのではないでしょうか。
ただし、消化剤の入っている消火器は重さが5〜6Kgほどもありとても重いです。
学校では実際の消火器に触れて手順を理解してもらいたいということで
中味は水になっています。
火事だ!と大きな声で叫び、素早く消火器のピンを抜きホースを火元に近づけ
レバーを握る。
とっさの時にはパニックってしまい、うまく行かないかもしれません。
だから日頃から訓練をしておくのです。

日本電子ではこの4週間の間に新入生クラスの全員が体験します。

何事も日頃の訓練が大事ですね。

最後はクラスメイト全員で記念撮影。

syugou.jpg

天気も良く笑顔弾ける昼下がりでした。

担当:藤井

2013年04月11日

カテゴリー: 授業の様子

新年度Jec Week始まりました!

taitol_1.jpg

グラフィックデザイン科 新年度が始まりました。
4月4日 新宿文化センターでの入学式を終え、学科別のガイダンス、新入生オリエンテーションを済ませ、
4月9日からjec weekが始まりました。

グラフィックデザイン科では4月9日卒業生を迎え、就職講話会を開きました。
卒業生は2011年春に卒業した「松舘雄太郎」君。
現在株式会社「トミナガ」http://www.tomi.co.jp/でデザイナーをしています。
彼は岩手県の県立一戸高校を卒業し、本校グラフィックデザイン科に入学、
在学中は級長や学園祭の実行委員長も務めたパワフルマンです。

続きを読む »

2012年06月14日

カテゴリー: 授業の様子

【授業の様子】第3回 スタートアップワークショップ!

%E3%83%8F%E3%82%99%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%95%E3%82%9A.jpg
エスノグラフィーというデザイン手法を使う
今年で3回目を迎えるスタートアップワークショップ。今年は4月26日、27日の2日間、
1.2年生合同で、コミュニケーション能力を高めることを第一の目的に、
さらにはデザインをするにあたり、情報収集の手段やその重要性を知ることを目的に
行いました。

入学間もない1年生にとっては2年生とコミュニケーションがとれる絶好のチャンス!
2年生にとっても1年生を知る良い機会となりました。

続きを読む »

2012年06月08日

カテゴリー: 授業の様子

授業「業界研究」で商品企画について学ぶ

20120607001.jpg

グラフィックデザイン科2年生の授業に「業界研究」という授業があります。
この授業では、希望する就職分野に関わる情報や動向について学びます。

2012年5月24日(木)、6月8日(金)の2日間で国際交流基金の富岡順一氏をお招きして、商品企画について講義をしていただきました。

富岡さんが資生堂で商品企画に携わっていらっしゃったときのお話を中心に、商品企画の手順や考え方についてお話ししていただきました。

2012060701.jpg
資生堂ばら園の商品企画についてお話しされる富岡さん

2012060709.jpg
富岡さんが手がけられた商品企画の事例を沢山紹介していただき、商品企画のプロセスについて知ることができました。

講義の途中で、商品企画の考え方に気づくブレーンストーミングをしました。
富岡さんから投げかけられたお題に対して、学生たちが考えたアイデアを発表し合いました。
2012060703.jpg 2012060705.jpg
自分の考えたアイデアについて発表する学生たち


学生たちは資生堂から実際に発売されている商品がどのように作られたのかについて知ることができました。
また、デザインする上では多くの視点をもつことが大切だというお話を聞き、いつもアンテナを張って情報を集めておく必要があることを実感した学生たちでした。

企業の方からのお話にはいつも現場から発信されるメッセージが含まれています。
業界を目指す学生たちにとっては、プロのデザイナーの発想力や力量に圧倒される授業として人気です。


2011年11月17日

カテゴリー: 授業の様子

イラストレーション授業レポート

今回は1年生のイラストレーション授業をレポートします!

IMG_7535.JPG
<授業の様子>

イラストレーションの授業では、様々な画材で様々な技法を駆使して、ヴィジュアルで人に情報を伝達することを目的としています。
今回は「夢」というテーマのもと、ドローイングインクアクリルガッシュを使用し、ターゲットを特定の地域の青少年に設定し、作画を行いました。
パネルの水張りから始まり、ラフ案の描き出し、下描きを経て、先週からインクでの着彩に進んでいますので、その授業風景をレポートします。

IMG_7527.JPG
<水性ペンでの下描きを経て着彩へ>

IMG_7534.JPG
<ドローイングインクの特徴として透明感と発色の良さが挙げられます>

IMG_7529.JPG
<アクリルガッシュではドローイングインクとはまた違ったニュアンスになります>

IMG_7531.JPG
<制作の様子>

IMG_7536.JPG
<完成です!この作品ではドローイングインクとアクリルガッシュを併用しました>

当科では、デジタル制作はもちろんのこと、表現力の幅を広げることを目的として、「手で描く」ことも大切にしています。
絵が好きな学生がとても多いことも当科の特徴です。

今年の1年生も、初めてのパネル水張りやドローイングインクを使用したことがない学生が大半を占めていました。

今回紹介した、パネル水張り技法を知らない、ドローイングインクやアクリルガッシュを使ったことがない方も、何の問題もありません。入学後授業の中で1から学ぶことができます。

絵を描くことが好きな方、是非当科でその気持ちをデザインに活かしてみませんか?

<文責:植田>


2011年10月03日

カテゴリー: 授業の様子

上野動物公園で写真撮影会!

1年生が上野動物園に行ってきました。


IMG_7435.jpg


今回の目的は動物の写真を撮影することです。本科では写真撮影に関する授業があります。グラフィックデザインの分野では、画像を取り扱うことは必須です。被写体の特性を最大限に引き出し、いかに魅力的に人に伝えるか。これが非常に重要なのです。料理であればいかにおいしそうに撮影するか、モデルであればいかに美しく撮影するか、などですね。

春先から座学授業でカメラの構成から始まり、被写体ごとの撮影の仕方、構図や色味やなどについて学んできました。
今回は授業の総まとめとして、被写体を動物とし、生き動いている被写体に関して、その生命力や厳しさ、優しさ、たくましさをレンズに収めるべく上野動物園に行ってきたのです。

当日はさわやかな秋晴れに恵まれ、学生はあらかじめ調べておいた目当ての動物の姿を撮影するべく園内を巡っていました。


IMG_7445.JPG


撮影に没頭し様々な角度から何枚もシャッターを切っていました。
UPした写真は、学生が撮られていることに気づいていません。
それほど集中して撮影に取り組んでいたのですね。


IMG_7450.jpg


IMG_7454.JPG


午後の暑さで、バテ気味の動物もいましたが…

IMG_7423.JPG

そんな中ペンギンはとても涼しげに元気よく動き回ってました。

IMG_7432.JPG

パンダも観ることができてとても充実した撮影会になりました。

IMG_7463.JPG


<文責:植田>

2011年08月25日

カテゴリー: 授業の様子

Adobe Digital Publishing Suiteで作る電子カタログ

グラフィックデザイン科2年生の「情報デザイン2」では、電子書籍をテーマに学んでいます。
夏休み前までは、EPUBという技術で制作する電子書籍の制作を学んできました。

そして、夏休み明けの授業からAdobe Digital Publishing Suiteで作る電子カタログの制作がスタートしました。

1回目の授業では、Adobe Digital Publishing Suiteでどんなことができるのか?アプリケーションソフトの操作方法について学びました。

2011082403.jpg
学生に配布された教材

2011082401.jpg 2011082402.jpg  
左)PCで電子カタログ制作の仕方を学ぶ学生、右)電子カタログの事例を説明する井上先生

2011年08月20日

カテゴリー: 授業の様子

ePubで電子書籍を制作する技術を学ぶ

日本電子専門学校では、昨年後期(2010年10月)から電子書籍の技術を学ぶ授業に取り組んでいます。印刷会社などでePubによる電子書籍の出版が本格化されるということが期待されていますので、いち早く業界に対応できるように取り組んでいます。

基礎知識と制作方法を学ぶ

授業では、まず最初に電子書籍とは何か?電子書籍の現状がどうなっているのかについて学びます。
普段からInDesignで組版を学んでいる学生たちですので、文字の扱いには慣れたものですが、いざSigilなどのアプリケーションで電子書籍ファイルを作るとなるとちょっと不安顔です。

DVC00088.jpg

作ったePubファイルをiPadにダウンロードして出来映えをチェックしてみます。
ファイルを作る途中は大変な思いをしたのですが、iPadで出来上がった作品を見た瞬間はとても感動した様子でした。

ePubにCSSを適用する

一通りePubの作り方がわかったところで、今度はページのデザインやレイアウトを定義するためのcssを学びます。先生のオリジナル教材を使用して、「パンケーキの作り方」のレシピ集を作りました。

想隆社の山本さんから現場のワークフローを学ぶ

先生から基本的な電子書籍の制作方法を学んだところで、次に現場のワークフローについて学びました。
システム・デジタルコンテンツと出版・印刷の両方に精通した専門家集団の想隆社さんにお越しいただき、紙に印刷される絵本のために制作されたInDesignのデータを電子書籍用に作り替える方法を学びました。

1回目の授業では、配布されたInDesignファイルを、EPUBにする方法を学びました。
実務ワークフローに乗っ取って制作したことで、電子書籍制作のポイントを押さえることができました。

2回目の授業では、文章や画像をEPUBに生成したファイルに、CSSを適用する方法を学びました。

出来上がった電子書籍ファイルをiPadに入れてみて完成したときは、やっぱり感動した様子でした。

電子書籍の最新動向を学ぶ

EPUBの最新動向や技術についても講義をしていただきました。
Fixed Layout ePubなど、様々な表現の可能性が広がっていることを知ることができました。

グラフィックデザイン科の学生は1年次からHTML,CSSの学習をしているので、今回のEPUBについても比較的すんなりと理解できたようでした。

コンテンツの未来が様々な媒体に広がっていることを感じ取れた実習でした。

2011年07月27日

カテゴリー: 授業の様子

2年生「業界研究」レポート! ユニバーサルデザインを学ぶ-3

こんにちは!グラフィックデザイン科の道祖土です!
株式会社イワタの河野博史氏によるユニバーサルデザインフォントの講義の様子をお話したいと思います。今回は3回目の授業について報告します。

3回目の授業では、「様々な業界が取り組むユニバーサルデザイン」というテーマで、ユニバーサルデザインの始め方、電子書籍・電子新聞とフォントの関係などについてお話しいただきました。

201107205.jpg

最初に、文字の制作現場についてVTR「一文字に賭ける情熱」を通して紹介しただきました。
文字を作る現場はなかなか知ることができないので、学生たちはVTRにじっと見入っていました。専用のソフトウエアで文字が制作されていく様子からは、文字のプロの方たちの情熱や技術・知識の高さをかいま見ることができました。

次に、イワタUDフォントの特徴について解説いただきました。イワタUDゴシック、イワタUD明朝など、読みやすく、誤読されにくいことに配慮されたフォントの特徴を知り、早速使ってみたいと思いました。

201107203.jpg

ディスプレイに求められるユニバーサルデザインについては、実際に採用されている事例を紹介していただきながら解説いただきました。
ゲーム「グランツーリスモ5」でもイワタUDフォントが使用されていることを知り、私たちの良く知っている商品で活用されていることがわかりました。


また、電子書籍時代のフォントについても解説していただきました。
株式会社ダイヤモンド社のiPhone/iPad用電子書籍ビューアーBookPorterにイワタフォント/イワタUDフォントが採用されており、発行元や制作者が、いくつかのフォントから表示フォントを選んで電子書籍を制作できるということを知りました。
こうした取り組みがどんどん広がり、ユニバーサルデザインの配慮が波及していって欲しいと思いました。
電子出版にもユニバーサルデザインが求められてるということがわかりました。

201107202.jpg

今までは作品を制作する際に、文字のデザイン性を重視して選んでいましたが、今回の講義を通して、フォントの視認性、判読性について考慮していきたいと考えるようになりました。

今回の授業でイワタ様の講義は最終回となりました。
ユニバーサルデザインフォントの最前線の事例を沢山ご紹介いただいたので、今後も関心を持っていきたいと考えています。

2011年07月21日

カテゴリー: 授業の様子

アドミュージアム東京に行ってきました!

 先週の印刷博物館見学に続いて、アドミュージアム東京に1年生が行ってきました。先週は印刷博物館で印刷技術の発展について学びましたが、アドミュージアム東京では、数々の展示広告を通して広告表現の可能性を学んできました。

 館内見学の前に、館長さんから広告の歴史や、その時代特有の広告表現などについて講義を受けました。館長さんのお話はとても興味深く、メモを取る学生の姿も多く見られました。

IMG_6411.jpg     IMG_6408.jpg


講義が終了し、いよいよ館内を見学です。


IMG_6423.jpg     IMG_6426.jpg


館内では、紙ベースの広告だけでなく、時代を追ってのCMや、webなども展示されていました。

ポスターでは、「見せ方が参考になるな〜」とか、「Photoshopをどう使ってるんだろ〜」など様々な声が聞こえてきました。


IMG_6431.jpg     IMG_6433.jpg


広告の歴史をポスター、パッケージ、CM、web、デジタルサイネージなどメディアの発展と共に考察することができ、本当に伝えたいことをどのように伝えていくか、そのためのレイアウトや配色など、学生にとっては良い刺激になるとともに勉強になり、アイディアの引き出しも増えたのではないでしょうか。


<文責:植田>

2011年07月20日

カテゴリー: 授業の様子

印刷博物館に行きました!

7月14日に1年生が授業「サーベイ」で印刷博物館を見学してきました。

IMG_6305.jpg

今でこそ、デジタルで印刷物ができていく中、昔はどのような手法で情報を世に排出してきたのか?印刷技術の発達によって、どのような文化が広まっていったのかを学びました。
学芸員の方の説明のもと学生は熱心にメモを取り、説明に耳を傾けていました。

IMG_6277.jpg

デジタル技術が発達するまで、情報は様々な版画の技法で大量生産され、人々のもとに届いていたのですね。
版画のようなアナログ技法でしか伝わらない印刷物の魅力も学生は感じ取ることができたのではないでしょうか。

IMG_6296.jpg    IMG_6298.jpg

IMG_6301.jpg
<写真左上:館内の様子> <写真右上:版画の歴史を学ぶ学生> <写真左下:実際に多判多色刷りを体験>


「サーベイ」ではデザインに必要な調査方法はもちろんのこと、様々な角度からデザイナーに必要な知識を増やし、引き出しを増やすため、見学に出かけることも多々あります。


<文責:植田>

2011年06月30日

カテゴリー: 授業の様子

2年生「業界研究」レポート! ユニバーサルデザインを学ぶ-2

こんにちは!グラフィックデザイン科の道祖土です!
前回同様、株式会社イワタ様の河野博史氏によるユニバーサルデザインフォントの講義の様子をお話したいと思います。


▼ 第二回目の授業
本日は、前回に続きユニバーサルデザインフォントの復習を行いました。


P1100223.JPG


イワタUDゴシックの書体コンセプトやデザインのポイントなどを
分かりやすくパワーポイントと資料を用いてご説明してくださいました。
そして、ユニバーサルデザインが必要とされる機関などの紹介も。

P1100228.JPG


P1100236.JPG


第二回目の授業では実際にイワタUDフォントが使われている新聞や書籍をお持ちくださいました。

P1100238.JPG

P1100239.JPG

こういった新聞や書籍だけではなく、電化製品やバスの時刻表などにもイワタUDフォントが使われています。

今回の授業では、一般的に使用されているフォントと、イワタUDフォントの違いについてご説明頂きました。
そして実際に手元で新聞や書籍をみたのですが、前回もお話したようにとても読みやすく、文字もハッキリしているのでどんな方にも対応出来る書体だなと感じました。
本日もありがとうございました。

担当:道祖土彩実

2011年06月27日

カテゴリー: 授業の様子

2年生「業界研究」レポート!ユニバーサルデザインを学ぶ-1

こんにちは!グラフィックデザイン科二年生の道祖土です!


 グラフィックデザイン科の2年次のカリキュラムにある「業界研究」(2年次前期・後期)では印刷業界・デザイン業界の企業様をお呼びし、業界の動向や最新技術などの周辺的知識についてお話ししていただくという授業があります。私達が就職する業界の状況がどのようなものであるのか、就職活動を行う上でとても重要な授業となります。3回の授業の様子をレポートしていきたいと思います。


*株式会社イワタ様第1回目の授業

1%E6%9E%9A%E7%9B%AE.JPG

 6月16日に株式会社イワタ様の営業担当河野博史氏をお招きして、授業を行いました。
第一回目の授業では、様々な業界が取り組むユニバーサルデサインについて詳しくご説明をしていただきました。


2%E6%9E%9A%E7%9B%AE.JPG

 ユニバーサルデザインとは、誰にとっても障壁となるものが発生しないようにする。
つまり、誰もが普通に使えることを考えたデザインの事を言います。
近年、情報の入手におけるハンディキャップを持つ人が増え続けているそうです。
 そういった中でも、65歳以上の高齢者、弱視者、色覚障がい者の方々も不自由なく生活をしていく上でユニバーサルデザインを用いた文字組みは必然的だと言えます。

P1120446.JPG


 そして、このような方々への配慮として文字が分かりやすく(視認性)読み間違えをしない(判読性)事を重視したイワタUDフォントを河野様がお持ちくださった総合書体見本帳で見せて頂きました。見せていただいたイタワUDフォントは、既存の文字よりもハッキリしていて見やすく視認性や判読性のある書体だと思いました。

 今回の授業では、以上の事をご説明していただきました。
ユニバーサルデザインというものはもともと知っていたのですが、書体を用いたユニバーサルデザインについてはあまり知りませんでした。今回の河野様のお話を聞いてより一層私達のユニバーサルデザインへの関心や理解が深まったと思います。

関連リンク:http://www.iwatafont.co.jp/(株式会社イワタ様)

文責:道祖土 彩実
監修:植田 誠一

2011年05月16日

カテゴリー: 授業の様子

授業スタート!

 本日より授業がスタートしました。1年生の授業の様子を報告します。

 学生にとっての第1回目の授業は、「デッサン」でした。デッサンの授業では、授業概要の説明や画材に関しての説明があり、実際に鉛筆を削ってトーンスケールというものを制作しました。


 「ハッチング」という技法で、モチーフの立体感や質感、色味、空間を鉛筆で表現していきます。鉛筆の動かし方や持ち方も字を書くのとは違います。ハッチングでトーンを作ることに学生たちも最初は難しく感じたことと思います。


 鉛筆はカッターで削ります。字を書くのとは違って、鉛筆は寝かしたり立てたり様々な使い方をするのです。カッターで鉛筆を削るのが初めてという学生も多々いましたが、作業が進むにつれ段々と慣れてきたようでした。


 鉛筆が削れたら「トーンスケール」の作成です。トーンスケールとは、ハーフトーンの定規みたいなもので、デッサンの基準となるものです。立体感や質感、色味、空間表現はハーフトーンを使って表現していくのです。

IMG_5711.jpg
<授業の様子①>

IMG_5712.jpg
<授業の様子②>


 デッサンで物の本質や見方を理解してこそのデジタル制作なのですね。次回からはいよいよモチーフを設定しての描写になります。画材の扱い方に早く慣れて造形要素について考えながら描写できるようになってくれることに期待しています!

<文責:植田>

2010年12月06日

カテゴリー: 授業の様子

【授業の様子】電子書籍(Digital Publishing Suite)の制作を学ぶ

グラフィックデザイン科2年生は、後期授業で電子書籍の制作技術を学んでいます。
現在4回シリーズで、株式会社スイッチの鷹野雅弘さんを講師にお招きして、「電子書籍」に関する講義と制作技術指導をしていただいています。
1,2回目の授業では、電子書籍の代表的なファイル形式であるEPUBによる電子書籍の制作方法について教えていただきました。
3回目にあたる2010年12月2日(木)は、「Adobe Digital Publishing Suite」を使用した電子書籍の制作手法について教えていただきました。
毎回丁寧に電子書籍についての知識や技術を教えてくださる鷹野さん。今回は、手元のノートパソコンで電子書籍の作り方を実演され、出来上がった電子書籍はその場でiPadにアップロードしてインタフェースやインタラクションについて解説してくださりました。

2010120201.jpg
Adobe Digital Publishing Suiteを使用した電子書籍のワークフローについて説明される鷹野さん

2010120202.jpg
iPadをビデオカメラで移しスクリーンに映しながら、丁寧に電子書籍のインタフェースやインタラクションについて説明される鷹野さん
2010120204.jpg 2010120203.jpg
(写真左)説明される鷹野さん、(写真右)電子書籍の作り方を学ぶ学生たち

今回の実演を通して、電子書籍で実現できるサービスを具体的にイメージできた学生たちは、早速作品を制作してみたいと感じたようです。
この講義を受講した2年生たちは、この後の授業で実際に電子書籍のコンテンツ作りに着手する予定です。

報告:井上順子
関連リンク:株式会社スイッチ、Adobe Digital Publishing Suite

2010年11月22日

カテゴリー: 授業の様子

【授業の様子】電子書籍(EPUB)制作を学ぶ

雑誌・書籍の新しい媒体として、電子端末のディスプレイで読むことのできる電子書籍が注目されています。
グラフィックデザイン科では、いち早く、電子書籍の制作スキルを学ぶための授業に着手しています。2010年10月から電子書籍の代表的なファイル形式であるEPUBと呼ばれるコンテンツを制作するために必要な技術を学ぶ授業がスタートしました。

この授業の7回目にあたる2010年11月18日(木)に、株式会社スイッチの鷹野雅弘さんを講師にお招きして、「EPUBファイルの制作の流れ」について講義と制作技術指導をしていただきました。

2010111702.jpg
オリジナル教材を使ってEPUBの制作技術について講義される鷹野さん

2010111701.jpg
EPUB制作で配慮すべき点について自分の考えを述べる学生と鷹野さん

日本電子専門学校グラフィックデザイン科では、電子媒体向けコンテンツの制作にいち早く対応できるための授業に取り組んでいます。
グラフィックデザイン科の学生たちは、業界でも注目を集める電子書籍の技術を習得しようと熱心に講義を受けていました。
鷹野さんによる講義は4回シリーズで行われる予定です。

報告:井上順子
関連リンク:株式会社スイッチ

2010年10月06日

カテゴリー: 授業の様子

【授業の様子】業界研究「クリエイターをめざす人の就活」を講義いただきました

2010090601.jpg

2010年10月6日(水)にグラフィックデザイン科2年生授業「業界研究」にて、広告制作業界を良く知るための講義をしていただきました。
お招きした講師は、社団法人日本広告制作協会 教育人材部会長 佐藤良仁様。
佐藤氏はこれまでに国内外の代表的な広告代理店で活躍されており、その活動の様子を交えながら広告制作の業界についてお話してくださいました。

2010090604.jpg

2010090603.jpg

講義内容:広告制作の「業界」について知る
『クリエイターをめざす人の就活』
 ・業界の相関関係
 ・構造
 ・習慣
 ・業界用語
 ・会社の種類

2010年09月06日

カテゴリー: 授業の様子

【授業の様子】電子書籍についてお話いただきました

2010年7月16日(金)、グラフィックデザイン科2年生の授業「業界研究」にて電子書籍についてのお話をしていただきました。
お迎えした講師は、JAGAT研究調査部 郡司秀明氏。
「電子書籍の動向とデザイナに求められる役割」と題し、3時間にわたって講義をしていただきました。

■講義の内容
テーマ:「電子書籍の動向とデザイナに求められる役割」
内容:
・プレーヤー動向からみた電子書籍
・デバイス・フォーマットからみた電子書籍
・メディアからみた電子書籍
・デザイナに求められる役割は?

2010090701.jpg

郡司さんは、iPadを手に実際のコンテンツを示しながら、電子書籍でできることについてわかりやすく解説してくださいました。

グラフィックデザイン科では、2年次後期「情報デザイン3」の中で電子書籍(EPUB)の制作に取り組みます。

2010年08月12日

カテゴリー: 授業の様子

【授業の様子】情報デザイン試験にチャレンジ!

2010年6月11日(金)にグラフィックデザイン科2年生が情報デザイン試験を受験しました。
「情報デザイン試験」は、社会で働きはじめる人に必要とされる、情報を「受け取り、伝える」能力を総合的に評価する試験です。

グラフィックデザイン科では、2年間を通じて情報デザインの授業を学びます。
●デザインの企画や制作に必要な情報を収集するためのフィールドサーベイ。
●数値やデータなどの情報を見る人に伝わりやすくデザインするインフォメーショングラフィックス。
●あらゆる立場の人が見てわかる、理解を深めることのできるグラフィックデザイン制作を行うユニバーサルデザイン。
●電子メディアに表現が拡張されているグラフィックデザイン業界で、インタラクティブな情報表現を学習。


上記のように、実習を通じてグラフィックデザインにおける情報デザイン能力を学び、平行して試験対策のための講座も開設。
今回受験した学生の81%の学生が合格し、「文部科学省後援 情報検定 情報デザイン試験初級合格」の称号を受けました。

就職活動中の2年生にとっては、1年時に受験した色彩検定に続き2つ目の資格を得ることができました。就職活動にはずみがつくことを期待したいと思います。

2010年07月26日

カテゴリー: 授業の様子

【授業の様子】株式会社アレフ・ゼロさまの講義

こんにちは、2年生の古家です:)
今回は、株式会社アレフ・ゼロの川崎紀弘様の講義の様子をお伝えいたします。

川崎様は、「ポートフォリオをどのように作ったら良いのか」についての講義を、3週に渡ってお話してくださいました。

0625_1.jpg

川崎様による、ポートフォリオの作り方講座

私たちは今まで、「ポートフォリオとは、自分が手がけたデザインを集め、見せるもの」だと思っていました。しかし川崎様は講義の最初に「ポートフォリオとは、自分のスタイルであり、いつでもどこでも見てもらうものである」とお話なさってくださいました。

0625_2.jpg
0625_3.jpg

ポートフォリオを作るには、まず他人のものを見て、どういうポートフォリオがあるのか、を見せていただきました。どのポートフォリオも個性が溢れ出ていて、その人がどんな人なのか、を一目で理解することができました。

0625_4.jpg
0625_5.jpg
0625_6.jpg

また、画面だけではなく、実際のポートフォリオを持って来て下さり、見せていただきました。実際のポートフォリオは思っていたよりも自由な発想で出来上がっており、私たちは衝撃を受けました。自分が手がけたデザインを集めるだけでなく、趣味である写真のアルバムを作ってみたり、ひとつのことを深くまで研究した冊子を作ったり、種類も形態もばらばらで、見ていてとても面白いものでした。

0625_7.jpg
0625_8.jpg

川崎様からは、1回目の講義の際に、自分は何が得意で何が苦手か、将来はどのような仕事に就きたいか、そこから自分なりのポートフォリオをどのように作って行きたいか、という課題を頂き、2回目の講義の際に発表いたしました。
それに対し、今後どのようにしたら自分なりのポートフォリオを作れるか、川崎様からアドバイスを頂きました。今回は代表として、松舘くん、豊田さんが発表しました。

0625_9.jpg
0625_10.jpg
0625_11.jpg
0625_12.jpg

また、3回目の講義には、ポートフォリオの台割を見てもらったり、現在作っているポートフォリオを見てもらい、アドバイスを頂きました。時間が限られた中で、たくさんの人が川崎様からのアドバイスをもらいました。

今回の講座を経て、ポートフォリオをどのように作ったら良いか迷っていた生徒も、どこから始めたら良いのか悩んでいた生徒も、理解が深まったかと思います。
これを機に、それぞれが自分なりのポートフォリオを作り、日本電子のグラフィックデザイン科の学生でしか作れないポートフォリオが出来上がることを期待しましょう!^^*

関連リンク:株式会社アレフゼロ様(http://www.alephzero.co.jp/)
担当:古家 茜(グラフィックデザイン科2年)

2010年06月28日

カテゴリー: 授業の様子

【授業の様子】エディトリアルデザインの作品紹介

今回は、グラフィックデザイン科2年次「エディトリアルデザイン2」の作品紹介をさせていただきます。

読み手の目線や情報の流れなどを考え、情報内容の伝わりやすさを考え、雑誌や書籍の紙面をデザインするのがエディトリアルデザインです。
グラフィックデザイン科の2年生では、女性向けヘアードレッサー商品のパンフレットをデザインするという課題にチャレンジしました。

既存のパンフレットを分析し、ターゲットである20代女性にふさわしいイメージや、パンフレットの形状を考え、デザイン提案を行いました。

紹介する6作品は、クラスで先生、学生たちで講評会を行ったときに上位になった作品です。

劉軍鈴くんの作品
ryu1.JPG

ryu2.JPG

利倉美咲さんの作品
toshikura1.JPG

toshikura3.JPG


藤本絢香さんの作品

fujimoto1.JPG

fujimoto2.JPG

古家茜さんの作品
furuya2.JPG

furuya1.JPG

生田冬樹くんの作品
ikuta2.JPG

ikuta1.JPG

小川高志くんの作品
ogawa1.JPG

ogawa2.JPG

大伴奈都子さんの作品
ootomo1.JPG

oomoto2.JPG


2010年06月11日

カテゴリー: 授業の様子

【授業の様子】株式会社イワタさんによるユニバーサルデザインフォントの授業 その3

こんにちは、グラフィックデザイン科2年の古家です。
本日は、前回、前々回に引き続き、株式会社イワタ様による第3回目の講義の様子をお伝えします。

2010051502.jpg

株式会社イワタ様による、最後の授業

4月30日、5月28日に引き続き、河野博史様によりイワタUD(ユニバーサルデザイン)フォントについて、詳しくお話を聞きました。
河野様による授業は今日で最後になりました。学生の聞く姿勢も心なしかいつも以上に背筋を伸ばしているようでした。

3回目の講義のタイトルは、「ユニバーサルデザイン化が進む新聞」〜UDフォントの理解がデザインに差をつける!〜

新聞文字の取り巻く環境が近年変化してきているお話をお聞きすることができました。
戦後間もない頃に1ページ15段、1段15文字からスタートした新聞ですが、近年では、読者の高齢化が進むにつれ、新聞紙面の大文字化のニーズが急速に進んでいるということがわかりました。

株式会社イワタさんもこの新聞紙面の大文字化のニーズに伴い、文字の品質そのものを見直し、新しい文字を開発されました。ちょうどこの頃に大文字化を検討していた信濃毎日新聞社と共同開発でユニバーサルフォント(イワタUD新聞書体)を開発された経緯についても実例を交えながらお話いただくことができました。
2010051501.jpg
信濃毎日新聞社との共同開発のイワタUD新聞書体について解説される河野さん

0528_02.jpg
実際にイワタUDフォントを使用した新聞。文字のひとつひとつの可読性が高く、とても読みやすい紙面となっていました。

2010051503.jpg
信濃毎日新聞の書体変更前と変更後を比較しながら解説される河野さん

2010051504.jpg
UDフォントの実例を目の前に感想を言い合う学生たち

0528_01.jpg
学生がいただいた配布資料


まとめ

河野さんの講義を通じて、UDやUDフォントについて距離がより縮まり身近に感じることができるようになりました。
ユニバーサルデザインはニーズが増す一方で、UDの知識・技術は、業界でもこれから成熟していくということがわかりました。
「デザインを学ぶ学生の頃から、ユニバーサルデザインについて知識を持っておくと、ユニバーサルデザインに取り組む企業への就職においても強みになると思います」と河野さんからコメントをいただきました。
情報デザインの授業でも旅行会社のパンフレットをCUDの観点からデザイン提案する課題に取り組んでいるので、講義の内容をデザインの実践に直接結びつけて活用していきたいと思います。
これからデザインをするにあたっても、UDについて考え取り入れていきたいと思います。

全3回に渡り、学校に訪問していただき、講演をしてくださった河野様に大変感謝いたします。本当にありがとうございました!

2010年06月06日

カテゴリー: 授業の様子

【授業の様子】株式会社イワタさんによるユニバーサルデザインフォントの授業 その2

こんにちは、グラフィックデザイン科2年の古家です。
本日は、株式会社イワタさまによる、第2回目の講義の様子をお届けしたいと思います。

00.jpg

株式会社イワタ様の第2回目の授業

4月30日の第1回目に引き続き、河野博史様よりイワタUD(ユニバーサルデザイン)フォントについてのお話を聞きました。

0521-04.jpg
0521-05.jpg

今回は、実際にイワタUDフォントを使用した商品を、河野様が持って来てくださいました!

01.jpg

こちらは、イワタUDフォントを使用した、テレビのリモコンです。

0521-02.jpg

こちらは、イワタUDフォントを内蔵した電化製品です。
お馴染みのiPhone内のアプリである「電子辞書」に、イワタUDフォントが使用されています。

0521-03.jpg

こちらは、イワタUDフォントを使用した、自宅用の電話です。

0521-06.jpg
0521-07.jpg

また、電化製品だけでなく、雑誌やパンフレットなどの、印刷物にもイワタUDフォントが使われております。

今回は、パソコンなどに使用されているフォント(MSゴシックなど)と、イワタUDフォントの違いについて、一文字一文字詳しいお話をいただきました。
視覚に障がいのある人だけではなく、目の疲れで見落としてしまうであろう、ふたつの字形のデザインや、文字を加工したときにつぶれてしまわないようにする配慮など、イワタUDフォントのたくさんの配慮を知ることができました。

2010年05月14日

カテゴリー: 授業の様子

【授業の様子】竹尾見本帖本店を見学!

2年次前期授業「パッケージデザイン」の授業で、素材研究のため紙の専門ショップ「竹尾見本帖本店」へ見学に行きました。

top0513.jpg

ショールームを見学

2010年5月13日(木)、グラフィックデザイン科2年生が「竹尾見本帖本店」へ見学に行きました。パッケージデザインの授業では、紙の素材感を活かしデザインを展開していきます。
今回は、パッケージデザインの素材研究として、紙についての理解を深めるために、紙の専門店である竹尾見本帖本店へ行きました。
店長さんが、ショールームの使い方をご説明くださり、普段入ることのできないショップのエリアをご案内くださいました。

051306.jpg

051303.jpg

作品制作のための紙を選び購入!

このショールームでは、竹尾さんの常備在庫品のうち350銘柄(3,000種類)の紙を色のグラデーション別に一覧することができ、実際にサンプルの紙を購入することもできます。
学生たちは、先週まで取り組んでいたチョコレートクッキーのパッケージ展開図を印刷するための紙を購入しました。

051301.jpg


2Fギャラリーで「2010 日本タイポグラフィ年鑑作品展」を見学!

2階のギャラリーでは、「2010 日本タイポグラフィ年鑑作品展」が開催されていました。
2010年『日本タイポグラフィ年鑑』という作品集にも収録されている優秀作品を紹介する展覧会です。世界各国から寄せられた優秀作品からタイポグラフィの「今」を見ることができました。特に紙の質感や厚さ、ディティールにこだわった作品からは、グラフィックデザインにおける紙の重要性やパワーを感じることができました。

051305.jpg

関連リンク:株式会社竹尾
担当:井上

2010年05月11日

カテゴリー: 授業の様子

【授業の様子】株式会社イワタさんによるユニバーサルデザインフォントの授業!

「業界研究」(2年次前期・後期)では、デザイン業界、グラフィックデザイン業界の企業様をお呼びし、業界の動向や最新技術、ノウハウ、周辺的知識についてお話していただきます。
私たち2年生が就職する業界が今どのような状況にあるのか、これから就職活動をするにあたってどのようにしていけばいいのかを学ぶ、とても重要な授業です。
4月30日に行われた、株式会社イワタ様による「ユニバーサルデザイン(UD)、UDフォントおよび組版」についての授業についてレポートします。
今回のレポートは、グラフィックデザイン科2年の古家が担当します。
学生の目線から授業や学校の様子をレポートします。 1年間よろしくお願いします!

0430_0.jpg

株式会社イワタ様第1回目の授業

来たる4月30日に、株式会社イワタ様より河野博史様を招き、授業を行いました。イワタ様にはイワタUD(ユニバーサルデザイン)フォントについて、詳しいお話を聞きました。

0430_1.jpg
0430_2.jpg

ユニバーサルデザインの基礎から、なぜユニバーサルデザインが注目されているのか、実際にユニバーサルデザインとは何か、詳しくわかりやすい説明をいただきました。

0430_3.jpg

イワタ様は、私たちがユニバーサルデザインをより分かりやすくするための資料を、たくさん作ってきてくれました。ご配慮ありがとうございます!

名前のみでしか知らなかったユニバーサルデザインについて、私たちの理解は深まりました。特に、ユニバーサルデザインに配慮された商品やサービスが増えることにより、障害者や高齢者だけでなく、私たちの日常が過ごしやすくなるという利点に、私は興味を引かれました。
これから先の未来に、ユニバーサルデザインが増えるといいな、という思いと、将来の私たちが、ユニバーサルデザインが広がることに貢献していきたいと思います。

関連リンク:http://www.iwatafont.co.jp/(株式会社イワタ様)
担当:古家 茜

2010年05月08日

カテゴリー: 授業の様子

【授業の様子】スタートアップ★ワークショップ!

ゴールデンウィークをはさんだ4月26日(月)、27日(火)、5月6日(木)にスタートアップワークショップを開催しました。
スタートアップワークショップは、新入生を対象として、クリエイターを目指す学生たちに必要とされる「クリエイティブなマインド」「チームワーク活動への参加」「コミュニケーション力」を身につけるために行っています。
今年は昨年に続き2回目の実施となります。

0514top.jpg


インタビューとマンダラートで友だちを取材!

ワークショップで制作するのは「エコバック」。3人1グループとなり、グループのメンバー同士が友だちのためにエコバックを制作しプレゼントします。
入学して間もないので、友だち同士についてもあまり良く知らない状況ですので、まずはエコバックをプレゼントする相手を知るためにインタビューを行いました。

050502.jpg

3人がそれぞれ自分の趣味などについて聞かれた質問に答えます。

050501.jpg

グループ活動は初めてですが、しだいに盛り上がってきてワイワイとディスカッションが始まりました。

050503.jpg

今回インタビューをしやすくするために活用したのが「マンダラート」。
マンダラートとはアイデアを発散させていくための発想法です。
はじめに、学生たちはマンダラート記入シートに自分の好きなことについて記入します。1シートに8個のキーワードを書くことができます。
書き終わるとグループのメンバーで見せ合い、趣味や好みについて理解をします。
友だちと話すうちに、8個のキーワードの中で1番好きなアイテムや趣味に話が集中してきました。

エコバックの模型(サンプル)を作る!

相手の好みがわかったところで、次は、エコバックのデザインを考えます。
インターネットで画像検索をして、表現したいイメージに必要な画像を集めます。
それらをプリントアウトして、原寸大のエコバックの枠にコラージュしていきます。
コラージュするうちに、どんなデザインにしたいのかイメージがはっきりしてきました。

050504.jpg


印刷用のデータを制作!

模型(サンプル)をもとに、次は実際にエコバックに印刷するためのデータを制作します。
Illustratorを使用して、写真をトレース(アウトラインをなぞって移すこと)したり、フリー素材を使用してPhotoshopで写真合成をしました。
050506.jpg


いよいよエコバックの完成!

データが完成し、いよいよエコバックの完成です。
デザインしたデータを専用のプリント用紙に印刷紙、エコバックへアイロンで転写します。
グループのメンバーで役割分担するなど協力して活動していました。
友だちにプレゼントするエコバックなので、どんなふうに仕上がるのが不安そうにみつめています。
DTPの授業を学び始めて1ヶ月足らずの学生たちでしたが、「表現できること」にこだわらず、「表現したいこと」を追求し満足のいく作品を制作しあげました。

050508.jpg

技術力とクリエイティブマインド デザイン業界は他の業界と同じで、今やパソコン,インターネットなどの技術無しでは作品を完成させることができません。第一線のクリエイター、デザイナーになるためには、こうしたデジタル技術の習得が必要不可欠です。 でも、もっと大切なものが「相手(消費者やユーザー)を思いやる心」「アイデアを形にしようとする心」などのクリエイティブマインドです。 日本電子専門学校のグラフィックデザイン科では、デジタル技術の習得はもとより、変化の激しい業界で求められる先端技術への取り組みを実践しています。こうした技術力と同時に普遍的に求められるのが、クリエイティブなマインド、グループワーク、コミュニケーション力です。 今回のワークショップは、2年間でクリエイティブなマインドを培うためのスタートになったようです。

関連リンク:なし
記事担当:井上

2010年04月14日

カテゴリー: 授業の様子

【授業の様子】授業が始まりました!

4月12日、いよいよ授業スタートです。
1年生にとっては、初めての授業の日。実習室の席に座って、「DTP実習」「Webデザイン1」の授業を、講義の教室で、「色彩演習」を受けました。

DTP実習でAdobe Illustratorにチャレンジ!

DTPの授業では、授業ガイダンスを受け、その後、Adobe Illustratorというソフトについて学習しました。
「DTP実習」は、Adobe Photoshop,Adobe Illustrator,Adobe InDesignという、DTP業界、グラフィックデザイン業界で使用される3つの主要ソフトウエアの操作方法を学び、作品制作をする授業です。
グラフィックデザイン科の2年間を学ぶ上で、必ず必要となる授業となります。

初めて制作したクマのキャラクター作品

初日は、Adobe Illustratorの基本ツール「矩形ツール」を使って、クマのキャラクターをデザインしました。
「まる」や「星」「四角」といった、簡単な図形の組み合わせで、キャラクターが仕上げる方法について、説明を受け、その後、学生それぞれでキャラクター制作をしました。
初めてIllustratorで制作したクマのキャラクター。
心なしか、学生さんそれぞれの性格や好みも加わったように感じ、個性豊かな作品が仕上がりました。

関連リンク:なし
記事担当:井上

2009年07月06日

カテゴリー: 授業の様子

素材研究授業「竹尾見本帖本店」見学

グラフィックデザイン科2年次前期には「パッケージデザイン」という授業があります。
この授業では、パッケージをデザインする上で必要な知識や技術について学びます。グラフィックデザインでは、平面のデザインが主体となりますが、このパッケージデザインでは展開図を組み立てる事により、立体としてのグラフィックデザインを扱うことになります。

パッケージデザインの要素として欠かすことの出来ない素材として「紙」があります。ひとことで紙といっても、その種類は膨大でプロのデザイナーになると紙の種類や特徴も良く理解して、グラフィック作品の表現をしていきます。

今回は、2年生が「パッケージデザイン」の授業で、竹尾という紙の会社に見学に行きましたので、その様子を報告しますね。


プロの現場を見る

竹尾見本帖本店は、様々な紙の種類を直接手に取ってみることができるお店です。その種類は実に3,000種類。他のお店ではなかなか見る事のできない紙を実際に手に取り確認しにくるプロのデザイナーさんたちも沢山いらしていました。
この日は、竹尾見本帖本店の店長さんが、自ら店舗の案内をしてくださいました。
店舗の裏側には大判の紙を保管する棚がずらりと並んでいました。紙の専門店ならではの光景を目の当たりにし、紙への関心も高まりました。

2009070601.JPG 2009070602.JPG
店舗裏の倉庫に案内してくださる店長さんと説明を聞く学生たち。


企画展を見る

2階にあるギャラリーでは、特別展示「見本帖本店COLLECTION」が開催されており、「クラフトペーパー」「ファーストヴィンテージ」というブランドの紙を活用して商品化された作品がずらりと展示されていました。

2009070603.JPG 2009070604.JPG
ギャラリースタッフの方が丁寧に学生の質問に答えてくださっています。


展示作品から学ぶ

商品化された作品と紙の活用方法に魅了された学生たち。気になった作品について、使用されている紙の種類とその活用方法をメモしています。

2009070605.JPG 2009070606.JPG
実際に製品化された作品を見る学生たち。


作品制作に活かす

1階のショップでは、竹尾の常備在庫のうち350銘柄(3,000種類)もの紙を手に取って見ることができます。数百枚の紙がグラデーションを描いて陳列されている光景はとても美しいものでした。学生たちは、今後の作品制作に使用する紙を選んでいます。

2009070607.JPG 2009070608.JPG
選びきれない程の紙を前に、1〜2時間吟味を続ける学生たち。


2009年06月04日

カテゴリー: 授業の様子

Adobe CS4セミナー開催

アドビシステムズ社による学内Adobe CS4セミナーを開催

新入生が入学して早くも2ヶ月が立とうとしています。
新入生たちもクラスに慣れてきて、勉強もどんどん加速していろいろな知識を吸収しています。

さて、そんな学生たちが使用する教室のご説明です。
日本電子専門学校グラフィックデザイン科の教室では、デザイン業界の主流であるApple社のPCを使用しています。
作品制作にはアドビシステムズ社のグラフィックソフトAdobe Illustrator,Photoshop,InDesign,Dreamweaber,Flashを使用します。
沢山のソフトウエアを複合的に使用して、作品を制作していくのです。

その、メインソフトウエアが、この春バージョンアップされてリリースされたのです。
このソフトウエア「Adobe Creative Suite 4 」の新機能について解説していただくセミナーを開催しました。

新入生はもちろん、2年生にとっても新しい機能を総合的に知るにはもってこいのチャンス!
参加した学生たちは皆、新機能の解説に目を見張っていました。
後日、このセミナーで知った新機能を、早速課題制作で活かしている学生たちも見受けられました。

デザイン業界で主流のソフトを使いこなし、すてきな作品をどんどん制作していって欲しいです♪

003.JPG 001.JPG 002.JPG

左)製品の新機能について、1つ1つ具体的な事例を交えながら解説していただきました。
中)新機能の解説に見入る学生たち。熱心にメモも取っていました。
右)グラフィックデザイン科とWebデザイン科の学生たち総勢120名あまりが参加しました。

2009年05月15日

カテゴリー: 授業の様子

スタートアップワークショップ!!

デザインに親しむ為の姿勢を培う

4月27日、5月1日、8日の3回
DTP実習「スタートアップワークショップ」を行いました。


DTP実習は3つのアプリケーションソフトの修得を目的にしていますが
クリエイターにとってのクリエイションマインドもとても大切にしています。
そのクリエイションマインドに、勉強を始めた4月に気づくことができれば
この先の2年間の未来が描けるのかな。という訳でワークショップの開催です♪


このワークショップは、体験を通してクリエイターに必要な3つの力に
気づいてもらうためのものです。
<3つの力とは>
1)クリエイションマインド
2)コミュニケーション能力
3)ターゲットユーザーのリサーチ


♪ワークショップって何だろう?♪
もともとは「工房」とか「仕事場」「作業場」の意味を持つ言葉です。
このDTP実習においてのワークショップは「主体的に参加したメンバーが共同体験を
通じて創造と学習を生み出す場」として捉えています。


テーマは
”エコバックを作ろう”
3人1組になって、一人一人が相手にプレゼントするためのエコバックをデザインします。


DTP%E5%AE%9F%E7%BF%92%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97.png


制作のステップとしては
1)紙で試作品を作る
2)ダーゲットユーザのリサーチ
3)プレゼント用エコバック制作
4)リフレクション


となります。


まずは「マンダラート」と呼ばれる発想シートを使ってキーワード探し
真ん中にテーマが記載されているのでそのテーマについて思いつく8つの言葉を書き出します。
ヒアリングしたい人にシートを渡し、8つの言葉を書いてもらいます。

mandara-to.jpg mandara-to2.jpg
左)マンダラートと呼ばれる発想シート
右)自分の好きなもの(好きなこと)をキーワードに書いてもらったシート


次にチームで確認
3人一組になってヒアリング

hanasiai2.jpg hanasiai1.jpg
講師のアドバイスも受けてヒアリングを続ける学生達


ヒアリングから実際のアイディア出し
マンダラートやチームでのヒヤリングから形が見えてきました。
コンピュータでの作業の前にラフスケッチです。

risati1.jpg risati2.jpg

risatiBag1.jpg risatibag2.jpg

相手の欲しているトートバックって意外に難しいのです。
デザインってここにあるのですね。
自分の好きなもの得意なものを作るのは比較的簡単ですが
相手が要求しているもの、または要求以上のものを提案出来る能力となると
難しいです。
クリエイションマインドここにありです!


実際に出来上がったトートバック
dekiagari.jpg

DTP実習にも「情報デザイン」が着実に活きていて、
発想の軸が外れたりした時に、例えば
友人を再度リサーチすることで、発想し直すという事が出来るのですね。


そして最後はリフレクション
これまでを「振り返り」ます。

%E3%83%AA%E3%83%95%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%88.jpg


1年生のスタートアップワークショップが終了しました♪


相手のニーズに応える難しさを知った学生達。
ついつい自分の趣味を反映させてしまいそうになりながらも
何とか完成にこぎつけました♪


クリエイションマインドもコミュニケーション能力もターゲットユーザーのリサーチ
も大変だったけれど、それに気づく事ができた彼ら。

今後が楽しみです♪

2009年05月03日

カテゴリー: 授業の様子

DTPソフト(Illustrator,Photoshop,InDesign)を複合的に学ぶ

Photoshopの正しい使い方

今年度よりIllustrator、Photoshop、InDesignの3つのソフトウェアをまとめて
「DTP実習」として行うことになり、5名の講師が担当しています。
DTP実習は1年生の前期授業の基幹科目でもあります。

             ♪

月曜日は岩屋民穂先生。岩屋先生はバリバリのグラフィックデザイナー
http://www.graphersrock.com/about/index.html

水曜日は野尻研一先生。野尻先生はDTPエキスパート認証試験問題作成・採点委員
http://www.nik-prt.co.jp/recruit/kyoiku_impression.html

そして金曜日が尾川一行先生。尾川先生はマルチクリエイター
http://www.intel.co.jp/jp/consumer/Learn/Products/centrino2/contents2.htm

そこに井上順子先生
http://www.jec.ac.jp/course/ag/curriculum/
と藤井の5名で行っています。

金曜日、尾川先生の授業での出来事。

この日Photoshopの概要を学生達に伝えるべく、写真を撮ろうということになり
カメラの撮影基本をレクチャー後、学生達は各々撮影に入りました。
そのうちの一人が集合写真を撮ろう!と言い出し、
新入生全員でのクラス写真撮影となりました♪
入学してまだ多少の緊張はあるものの、集合写真は結束力を高めるいいきっかけに
なりました。

P4170488.JPG

今年は例年になく元気な男子学生達と笑顔の女子学生達


Photoshopを普段自宅でも使用しているという学生は、わりと多く、
1年生も例外ではありませんでした。
では、その使用目的は?と質問すると、予想通り「イラストを描く」が
圧倒的に多く、Photoshop本来の使い方である「画像補正」とか「画像合成」に
至っては、みな首をかしげて????マークがいっぱいの顔をしていました♪
(こういう瞬間が好きだったりします。個人的には)

尾川先生も、それを楽しんでいるかのように、
Photoshop本来の使い方を説明しました。

Photoshopの王道は画像補正、画像合成です!
デジタルレタッチによって女性を10歳ほど若返らせる、なんていうのは
当たり前の技術で、実際に尾川先生が手がけた女性のビフォーアフターに
学生達からはオオ!!!と大歓声が。
この反応が嬉しいんだよね(尾川先生も私も)

「イラストを描く」って事ももちろん出来るけれど、
グラフィックデザイン科に入った以上はPhotoshopの達人と呼ばれるぐらいに
画像補正のスペシャリストになって欲しい!とこの学生達を見ていて
そう思いました。


次回もDTP実習「スタートアップワークショップ」について
報告しますね。

2009年04月18日

カテゴリー: 授業の様子

クッシュボールでのGood&New編

4月13日(月)この日から平成21年度の前期授業がスタートしました♪


今年の新入生との初顔あわせは「フィールドサーベイ」の時間。
授業2日目ですが、おお!固くなってる固くなってる。
授業のガイダンスに入る前にクッシュボールを使っての
Good&Newを発表してもらうことにしました。


クッシュボールって?Good&Newって?
?マーク続きですよね。


Good&Newとはアメリカのピーター・クラインという教育学者によって
開発された手法で、過去24時間以内に起こった何か良い出来事をボールをいじりながら
発言し、次の人にパスしていくというものです。
ポジティブ思考を安定化させ、グループを活性化させ、
お互いに協力し合う強いチームワークを作るためのエクササイズに良く用いられています。

始めてのセミナー参加時などにも活用されていて、私が参加したセミナーでは
アイスブレイクの手法の一つに取り上げられていました。


でも私自身がこのクッシュボール&Good&Newを知ったのは
もう何年も前ですが、学校で行われた教員研修会の時でした。
学生サポートセンター カウンセリングルームの
岡村先生が紹介をしてくださいました。

これはホームルームで使えそうと思い、早速クッシュボールの購入へ。
それ以来、新入生が入ってくるたびにクッシュボールを使ってGood&Newを
行っています♪


クッシュボールとは?こんなかんじのもの

kuxtush.jpg

グラフィックデザイン科にあるクッシュボール、色はオレンジ、イエロー、レッドの3色混合


このクッシュボールの素材は天然ラテックス製で
握った時の感触はグニュグニュというかグチャグチャしたような
なんとも気持ちの良いものです。

このボールを使う事によってリラックスでき、
カラフルな色や触感は右脳を刺激するといわれています。
気持ちよい状況ではネガティブな感情が起こりにくくなるそうで
◯◯しちゃあいけないよ。と精神論を語るより効果があるとされています。


さて私も学生達にクッシュボールを渡してひとりづつGood&Newの発表に
入りました。本来だと小グループで円になって行うのだけれど
今回は全員の前で行いました。発表者が終わるごとに全員が拍手を送るのです。


kyousitu1.jpgkyousitu2.jpg


バイト代がアップしたとか、地元の駅が自動改札になったとか
姪っ子が生まれたとか発表が終わるごとにオオッ!!という歓声とともに
大きな拍手。
いいぞぉ〜!元気だぞ。
今年は男の子が元気みたい。

この拍手が良いのです。発言した後に拍手をもらえると、照れくさいけど
なんか言って良かったなって気持ちになるのです。
リフレーミング効果もあるようで、
自分と同じような体験をしていても、人ってそれぞれ受け止め方が違うじゃないですか。
色々な見方が有って、ネガティブな思考より、プラスの思考で受け止められたら
良いですよね。そのプラスの受け止め方の練習にもなるのですね。
クッシュボールって。


全員の発表が終わる頃には、固かった表情が一変。
グラフィックデザイン科の幸先の良さを占っているみたいで
なんだか今年もいい感じ♪

この明るさで1年を乗り切ってもらいたいです!


次回は授業「DTP実習」の報告をしますね。

2008年11月20日

カテゴリー: 授業の様子

編集デザインにチャレンジ☆情報紙完成!

インタビューから編集デザインまで
情報紙の企画・編集デザインをしました

2年次選択授業「エディトリアルデザイン」では、5人1班で情報誌の制作に取り組みました。
先生から提示された条件は2つ。
1.)かならずインタビューを含んだ調査活動をすること。
2.)メンバーがそれぞれの特集を分担し、特集ごとに見開きページで構成すること。

学生たちは、授業時間を中心に班での活動を開始!それぞれの班が調査場所を話し合い、お店などにインタビューに出かけました。
実在するお店に調査をし、店主さんにインタビューをすることで、より読み手に魅力を感じてもらえるような内容と表現を引き出すことができたようです。

今後は、編集デザイン事務所の方に作品を講評していただき、さらなる改良をしていく予定です。

08111902.jpg 08111905.jpg 08111904.jpg

左図:4つの班それぞれの完成作品
中図:スイーツについて調査した班
右図:男性の身だしなみについて調査した班

(グラフィックデザイン科・井上順子)

2008年10月30日

カテゴリー: 授業の様子

株式会社モリサワによる授業‘業界研究’ 

「文字の魅力とはどのようなものなのか?」を知るために、日本の書体デザインのパイオニアである株式会社モリサワさんに2年次後期授業‘業界研究’で講演をいただきました。

世界でも初めてという画期的な写真による文字=写真植字を発明して以来、一貫して「文字の未来」をみつめて研究・開発を続ける株式会社モリサワ。
お話いただいたのは、株式会社モリサワ営業三部カスタマーセンターの大澤叙夫さんです。

授業業界研究は3回(10月22日、29日、11月12日)で行われ、「フォントの基礎知識」「文字は語る(書体のデザイン)」「組版で語る(組版のデザイン)」をテーマにお話しいただきます。
2回目の10月29日は、‘書体のデザイン’をテーマに講義をしていただきました。

20081028_10.jpg 20081028_9.jpg 20081028_7.jpg

左図/事例を交えお話くださる講師の大澤叙夫さん
中図/豊富な配布資料をご用意くださいました
右図/講義を熱心に聞く学生の様子

続きを読む »

2008年10月05日

カテゴリー: 授業の様子

後期授業「情報デザイン」が始まりました

Webサイトを中心とする電子メディアを介して、私たちが扱う情報量は膨大になっています。また、コンピュータや携帯電話、情報家電など複雑な機器を使用すると、ユーザにとって「使いやすさ」のデザインが必要だということに気づきます。
こうした「情報量の増大」、「情報端末の使いやすさ」などを背景として『情報デザイン』というキーワードが注目されています。

身の回りにあるモノゴトを整理し、ユーザにとってわかりやすく伝達する『情報デザイン』。
日本電子専門学校グラフィックデザイン科では、学科開設時(1997年)(当時はコンピュータデザイン科)の11年前から「情報デザイン」科目を設置し教育に取り組んでいます。

今年の1年生は授業の第1課題として、『街・人・場の観察から提案するピクトグラムデザイン』に取り組みました。
200810104.jpg 200810106.jpg 08101033.jpg

そして、一連の「調査・問題発見・デザイン」活動について、10月3日(金)アップルストア銀座にて、成果発表をしました。
IMG_1485.JPG

続きを読む »

2008年08月06日

カテゴリー: 授業の様子

王子製紙株式会社訪問

夏休みも目前!という7月16日、1年生は銀座にある王子製紙株式会社へ行ってきました。

私たちグラフィックデザイン科にとって、「紙」とは切っても切れない縁で結ばれており、作品の出来栄えを左右する重要な要素だといっても過言ではありません。
今回は、紙についての知識を深めるべく、王子製紙株式会社で勉強してきました。

会社に一歩踏み入れると、学生は会社の大きさにびっくり!一番初めに通されたのが会議室。
そこで社員の方より、紙についての特別講義を受講しました。紙の歴史や原料、製造工程、用途や種類について、サンプルを用いながらの講義には学生も興味深く話を聞いていました。
紙に塗工する実習を体験した学生が真剣に取り組んでいた姿はとても印象的でした。


IMG_12901.gif IMG_12981.gif IMG_12941.gif


受講後は1階のペーパーライブラリーにて、様々な種類のペーパーサンプルをお土産にいただきました。
学生から、「紙ってこんなにいっぱい種類があるんだ」とか、「紙の暖かさっていいよね」等の声も聞こえてきて、今回の特別講義が有意義な時間だったと改めて感じました。これから就職活動をする彼らにとって、会社の雰囲気を知るという意味でも貴重な体験になったのではと思いました。


普段あまり意識しないで触れている様々な「紙」。今回学んだ知識を、今後の皆さんの制作に役立ててほしいと思います。
グラフィックデザイナーはデジタルスキルはもちろん、様々な角度から知識を取り入れていかねばなりません。素材を知ることもデザイナーにとって重要なのです。

2008年05月21日

カテゴリー: 授業の様子

Adobe CS3セミナー開催!

no11.jpg no12.jpg no13.jpg

2008年5月16日、日本電子専門学校メディアホールにて、Adobeデーが開催されました。
このイベントは、Adobe社の方にお越しいただき、新入生に向けてAdobe CS3の新機能や魅力についてお話いただくセミナーです。
担当の中澤さんは、プレゼンテーションの画面をわかりやすく切り替えながらAdobe社製品のIllustrator,Photoshop,Flash,Dreamweaver等について説明をして下さいました。
新入生は入学してから約1ヶ月、これらのソフトウエアを使用しているのですが、入門段階では学習しない、写真編集の応用的な機能などが紹介されると、「おお~!」「すご~い。」と感嘆の声を上げ、興味深く聞き入っていました。
日本電子専門学校はAdobe社のCLP締結校(※1)であるため実現したセミナーでした。

※1Adobe社のCLP締結校…アドビ社の教育機関向けソフトウエア販売プログラムであるCLPプログラムに加入している高等教育機関のことです。

2008年05月08日

カテゴリー: 授業の様子

企業連携による実践型授業スタート!

topbnar.jpg

2年次授業「広告制作」では、朝日新聞やサントリーなど皆さんもよくご存知の企業さんにお越しいただき、学生に向けて課題を提案していただきます。
学生は、現場に即した課題制作を体験し、就職活動に備えることができます。

まずは本番の企業課題に先立ち、ウオーミングアップ。架空に設定された企業課題にのっとり、一連の企業課題の流れを体験します。
今回は、この架空課題「ミネラルウォーターのブランドロゴ制作」への取り組みについて報告します。

4月17日は企業さんからの課題オリエンテーションの日です。
下の写真のように、「日電商事株式会社」の重役の方から課題の説明を受けました。

P1030204.JPG P1030209.JPG P1060106.JPG

続きを読む »

2007年12月08日

カテゴリー: 授業の様子

授業「業界研究」紹介!!その2

日清食品「Chin」の誕生秘話

お約束通りまたまた授業「業界研究」のその2をご紹介しちゃいましょう!

今回は前期産学連携授業「広告制作」の中で一星企画さんより出された課題に、日清「Chin」の広告キャンペーン企画を考えるというのがありました。
CHIN.PNG
授業「広告制作」は前期の学習成果発表展で発表もしています。

その発表を行うにあたり、許可をいただいた
日清食品さんから今回学生達に「Chin」の誕生までの話をしてもいいですよ。との申し出がありこんな機会はめったにないと思い業界研究授業の中でお話いただきました。

続きを読む »

2007年11月20日

カテゴリー: 授業の様子

授業「業界研究」紹介!!

何が参考になるかわからない!?業界研究

こんにちは。前回から随分と時間が経ってしまいました。
楽しみにしていた皆さん。ごめんなさい。今後は定期的にブログUPして行きますからね。
どうぞ宜しくお願いします。m(_)m

グラフィックデザイン科では2年次前期後期を通して「業界研究」という授業が組まれています。今回はその授業を皆さんに紹介しちゃいましょう。
「業界研究」とは様々な業界の方に学校にお越しいただき学生達に今その業界で行われている最新情報をお話いただく授業なのです。

デザインには生活を良くしたりとか、世の中を変えて行くだけの力があると思うのですが、その世の中を変えて行く為には今何が起っているのか、何が問題なのかを発見しなければいけないのですね。デザイナーは世の中の様々な事に目を配ったり情報を分析したりしながら問題を解決出来るためのデザインを提案していかなければいけないのです。

そんな訳で週に1回1コマ(50分)の短い授業ではあるのですが、各業界の方に学校にお越しいただき学生達に熱く語っていただいています。
学生達はその話から自分の経験や思いを併せて考え膨らませ、今後出された課題や卒業制作の作品作りに生かして行くのです。

では最近行われた授業を紹介しましょう!

続きを読む »

2007年10月17日

カテゴリー: 授業の様子

AppleStore銀座にて前期授業成果発表展開催!

アップルストア銀座では現在カレッジナイトという、学生がMacで制作した映像作品や音楽、Podcastingやスライドショーなど、日頃の作品を披露できる企画を開催しています。
去る10月3日(水)にそのアップルストア銀座でのカレッジナイトにおいて、日本電子専門学校のグラフィックデザイン科、WEBデザイン科の学生が前期授業成果発表と称して、前期授業で作成した数々の作品についてプレゼンテーションを行いました。

DSC_0011.gif

グラフィックデザイン科では産学連携のもと授業に取り組んでいます。産学連携とは企業と学校教育の連携により、実社会でのデザイナー業務を知り、卒業後即戦力となるクリエイターを育成することを目的にした取り組みです。2年生は広告制作の授業の中で、企業にご協力いただき仮想の課題を提供してもらい、企画の立案から広告制作、プレゼンテーションまで一貫した実務の流れを学んできました。その中で優秀賞をいただいた学生の作品のプレゼンテーションや、1年生はフィールドサーベイの授業成果など、6名が発表を行いました。

この日に至るまで、学生はパワーポイントでの作品の見せ方や発声、目線、ジェスチャーなど良いプレゼンテーションとはどのようなものかを追求し、連日夜遅くまで練習してきました。発表当日はほぼ満席となった会場で多くの来場者を前にして緊張を隠せない様子でしたが練習の成果を発揮し、大勢の観客の前で発表を行うことができました。今後社会に出て活躍していく皆さんにとって、大きな自信となるような貴重な経験になったことと思います。

●当日の様子

続きを読む »

2007年07月24日

カテゴリー: 授業の様子

授業紹介 『フィールドサーベイ』

「フィールド」という言葉は野外、専門領域という意味を持ち、「サーベイ」という言葉には、実地調査という意味があります。
「フィールドサーベイ」では、机の上だけでの作業だけでなく、街や文化施設に出かけ、現在進行形で発展している分野や作品、流行などについて調査や分析、見学をしてデザインにどう生かせるのかを考え、学んでいく授業なのです。。
それでは授業のひとコマを覗いてみましょう! 今回のテーマは「秋葉原での人物像調査」でした。様々な情報が発信され、個性豊かな人物が集う街秋葉原で人物像を調査することで様々な角度から秋葉原を分析してみました。

打ち合わせ中
調査内容を念入りに打ち合わせします。調査をするにあたっての事前打ち合わせは大切なことですね。

調査中
様々な物を観察し、秋葉原の人物像を分析していきます。

店舗調査
店舗を調査することでも人物像を分析していくことができますね。

スケッチ中
クロッキーやスケッチも欠かせません。

jyugyou.jpg
取材してきたものは学校で、イラストを交えながら記事としてまとめていきます。

P1050023a.jpg
もうすぐ完成です!

続きを読む »

2007年06月19日

カテゴリー: 授業の様子

エプソンカラーイメージングコンテストに挑戦!!

本校で特別ガイダンスを開催!
昨年度の受賞作品を参考に、応募作品のイメージを構想。

2007年6月18日、本校9号館メディアホールにて、「エプソンカラーイメージングコンテスト」についての特別ガイダンスが開催されました。同コンテストは1994年より毎年開催され、今年で14回目をむかえたグラフィックデザイナーへの登竜門となっています。本科は学科創設以来、連続して同コンテストにチャレンジしてきました。
ガイダンスを行ったことで、学生たちのコンテスト参加へのモチベーションが一気に高まりました。次世代を担うクリエイター・写真家・グラフィックデザイナーの育成を、積極的に行っている企業コンテストは、学生の実力を発揮させ、成長させる良い機会となっています。
ガイダンスでは、コンテストの特徴や、昨年度の受賞作品の紹介、受賞者に用意される様々な特典などについて説明がなされました。昨年度このコンテストにおいてみごと藤原新也賞を受賞した、本科2年生の田中真理さんの作品も紹介され、熱意がこもった説明を聞いていた学生たちは、徐々に作品制作に向ける熱意が沸き上がってきました。

2007年05月31日

カテゴリー: 授業の様子

デザイン事務所とタイアップ。企業広告課題がスタート!

■企業広告課題ってどんな授業なの?
学科開設以来継続してきた産学連携の授業。今年は11回目となりました。この授業では、1年次に学んだ基礎的なデザイン力とデジタルスキル、広告やマーケティングに関する知識を総合し、実際の広告のワークフロー(流れ)に沿って作品を制作します。

即戦力となる人材を育成するため、企業にご協力いただき仮想の課題を提供してもらい、企画の立案から広告制作、プレゼンテーションまで一貫した実務の流れを学びます。

■課題オリエンテーション開催!
こうしたデザイン事務所とタイアップした企業広告課題がスタートしました。5月16日、30日の2日間で、課題オリエンテーションが行われ、学生たちはデザインの現場さながらの雰囲気に緊張。これからいよいよスタートする課題に期待感が高まりました。
今年度ご協力いただいているデザイン事務所・企業は以下の4社です。

【クライアント企業4社(50音順)】
株式会社 アートプレスト
株式会社 一星企画
株式会社 広告製版社
株式会社 ワークスコーポレーション

■今年の企業広告課題はこれだ!!
2日間のオリエンテーションで各企業様から提示された課題は以下の5課題でした。

クライアント:株式会社 アートプレスト
課題内容  :
新会社のネーミングとロゴ、マーク制作。および新キャラクター、新キャラクターを使用した商品制作。
新たに立ち上げることを想定したネット会社のネーミング・ロゴを提案。10〜20代の若者をターゲットにキャラクター商品の展開まで検討する。

art1.jpgart2.jpgart3.jpg

クライアント:株式会社 一星企画
課題内容  :
ボックスヌードルの新発売に伴う、キャンペーン(広告・販促の総合プロモーション)の企画および制作。
ボックスヌードル「日清Chin」のコンビニにおける広告・販促のプロモーションを検討する。

issei1.JPGissei2.JPGissei4.JPG

クライアント:株式会社 広告製版社
課題内容  :
コンビニ向けデザート1点の企画。およびパッケージと店頭用POPの制作。
シニア向けのデザートを仮想し、ネーミング・ロゴ等も検討する。

seihan1.jpgseihan2.jpgseihan5.jpg

クライアント:株式会社 ワークスコーポレーション

課題内容1 :
DTPWORLDリニューアルキャンペーン広告
「テクニックだけでなく、デザインの本質を考える」ということをテーマにリニューアルしたDTPWORLDを幅広く認知してもらい、購読者を獲得するためのキャンペーン企画を検討する。

課題内容2 :
新雑誌「Graphic Wave」制作
2007年秋創刊を想定した新しいグラフィックマガジン「Graphic Wave」のロゴ、表紙、ポスターを検討する。また特集紙面、オリジナルグッズなどを制作する。

works1.jpgworks2.jpgworks3.jpg


学生たちは希望する就職職種や得意分野を基準に、5課題の中から選択する課題を1つ決定しました。
3週間先には提案された課題に対する企画を発表する「企画発表会」が予定されています。現在その企画発表会に向けて企画を練っているところです。どんな作品が仕上がるかご期待くださいね。

2006年09月05日

カテゴリー: 授業の様子

在学中に自分の作品がデビューしちゃった!

企業委託課題は自分の力を伸ばすチャンス。

日本電子専門学校グラフィックデザイン科には、企業からのデザイン委託が数多くきます。委託課題は、実際に委託企業先で使用されるデザインを、学生が作成します。企業からは、学生の豊かな発想力を期待されているので、学生にとっては、在学中からプロフェッショナルなレベルで力を試すことができる課題となっています。授業では学べない作業工程やクライアントとの打ち合わせの緊張感などを。今回は企業委託課題の様子をお伝えします。

コンペ形式で委託デザイナーを決定!
数多くの作品から企業のマッチしたデザインを採用。

今回、企業委託課題にチャレンジしたのは、2年生の澤野君、相田君、直江さん、グエンさん、上村君の5人。依頼内容は、企業コンサルタント会社株式会社キャリアージュの起業に伴った「ロゴデザイン」でした。企業のロゴデザインでは、企業の理念や業務内容を喚起させるイメージを具現化させることが必要となります。まずは、いろいろなアイデアから、企業のイメージにマッチしたデザイン案を選ぶため、コンペ形式のデザイン提案が始まりました。

コンペに参加した5名の学生とデザイン案

続きを読む »

2006年06月29日

カテゴリー: 授業の様子

企業とタイアップで行う2年次授業「広告制作」

企画から作品制作、プレゼンテーションまでの実務を学ぶ

日本電子専門学校グラフィックデザイン科では、学科開設時より産学連携による授業展開を行っています。今年で産学連携の授業は10回目となりました。コンピュータスキルやデザインの基礎知識の修得だけでなく、即戦力となる人材を育成するため、企業から仮想の課題を提供してもらい、企画の立案から広告制作、プレゼンテーションまで一貫した実務の流れを学びます。今回は、授業に協力していただいている企業にスポットをあて、課題制作の流れをご紹介します。

企業課題制作の流れ オリエンテーション 企画発表

続きを読む »


アーカイブ



■他のカテゴリーから探す
■同じカテゴリーから探す
■その他