高度情報処理科 ニュース・作品

【新入生の皆さんへ】入学前に行うこと その1

今日のテーマは「タッチタイピング」です。
入学後の実習では、何をおいてもまず「入力」です。ちょっと大げさですが「入力がスムーズにできる」が「実習課題がサクサクできる早道」となりますよ。

タッチタイピングのメリット

・入力速度が上がります
・入力ミスが見つけやすくなります
・視点移動がないので眼精疲労が減少します

キーの位置を覚えましょう

最初に指を置く位置をホームポジションといいます。左の人差し指は「F」、右の人差し指は「J」です。 (この「F」と「J」の位置には「突起物」があります)あとは真横に指を置いていきます。キーを打ったら指をホームポジションに戻すようにしましょう。

キーを見ずに入力する

画面だけを見て、指で「探りながら」入力して位置を覚えましょう。速度よりも「キーを見ないこと」が優先です。

タイピング練習ソフト

自分に合ったタイピングソフトを探して、練習しましょう。

特殊文字

実習では、英数字以外に以下の特殊文字をよく使います。配置や入力方法(「Shift」キーを押しながらなど・・)を覚えておきましょう。

-, *, %, ', ", /, \, (, ), <, >, {, }

さて、ここで宿題です。最近スーパーなどで行列が話題になっていますね。そこでハードウェアの「応用数学 順列」の問題です。「Aさん、Bさん、Cさん、Dさんの4人がスーパーの入り口に並びます。並び順は何通りありますか? 」次回の解答をお楽しみに!  奈良原

 

▲ページトップへ戻る