カレッジニュース

  • 大会・コンテスト

マイクロマウス2019に向けて本格始動!!

去る7月26日(金)、マイクロマウス2019東日本地区大会(9/8(日)atパシフィコ横浜)に向けたプロジェクトが本校7号館で行われました。

マイクロマウス2019は、参加者自らが作った自立型ロボットが自律的に(自分の力だけで)迷路を探索し、 ゴールまでに達する最短時間を競う競技です。 この競技は、30年以上続いていて世界で最も歴史があり、企業、大学、専門学校や海外からも参加者が集まるロボット競技会です。 長年日本で将来を支えていく若手技術者の人材育成事業として貢献してます。

電子応用工学科から10名の学生が本競技会に向けて本格始動。6月中旬より動き始め、3チーム構成で参加予定となり、今回は大会に向けた開発環境整備,戦略,テスト走行を行いました。

学生達は活動の中で様々な課題に直面して悩む姿が見受けられました。目標記録達成の為にゴールまでの最短距離、ロボットの最小化及びスピードアップ等の課題があり、講師の指導を参考に困難な課題にもグループで協力して改善を行いました。世界からレベルの高い参加者が集まる本大会で本校電子応用工学科の学生がどんな活躍をするのかが非常に楽しみでなりません。

本校は今後も学生の成長に繋がる機会を提供し続けていきます。マイクロマウス2019、日本電子専門学校公式Twitterやオープンキャンパス&体験入学で今回のプロジェクトについてチェックすることができます。奮ってご参加ください。

 
 
 
▲ページトップへ戻る