1. トップ
  2. NEWS
  3. 【企業紹介】ACジャパン広告学生賞:受賞者たちの内定企業報告!

NEWS

  • そのほか
  • 2023/11/27
  • CG映像制作科

【企業紹介】ACジャパン広告学生賞:受賞者たちの内定企業報告!


受賞メンバーとしての経験から、今回はどの企業から内定をいただいたのか、そして今後CG映像業界に興味を抱く学生に向けてのアドバイスをいくつか頂戴しました。

 1 内定の決まった企業
 2 高校生に向けて

上記の2点についてメンバーから

ユさんの作品

1 内定の決まった企業
 企業名 株式会社KASSEN
 職種  CGデザイナー
 仕事  CMやPV制作

2 高校生に向けて
 学校生活を楽しみながらいろんな経験をしてみると、自分に合う仕事を見つけると思います。 サークルに入って趣味が合う人と部活をしたり遅くまで残って友達と一緒に学校の課題をしたり全部良い思い出になると思います。
 自分の想像を実現したい方、一旦飛び込んだみてください!

安井さんの作品

1 内定の決まった企業
 企業名 株式会社MARK
 職種  CGジェネラリスト
 仕事  CMやPV制作

2 高校生に向けて
 昨今のAI技術の発展など、AIに限らずCG/VFX技術の進化は著しいので常に最新情報に興味を持つことやCG技術の勉強は勿論大事です。しかし、クリエイティブにおいて最も大事だと思うことは感性を養いアイディアの引き出しを増やす事だと考えています。
そのために色んなジャンルの映画を観たり、美術館や展示会に行く、コンサートやMVを見る、遊園地や動物園に行く、ゲームをするなど何でも良いのですが、普段からインスピレーションを受けより多くの経験をすることが制作に生きるので、学生の時間があるうちに色んな経験をすることを是非オススメします。
クリエイターの仕事は創造力とそれを実際に作る技術両方が必要ですが、技術面は後からどうにでもなります。しかし感性だけはすぐに磨けないので常に意識しておく必要があると思います。

 実際に映像業界で働いて、リファレンスの引き出しを持つことが凄く重要だと実感しました。
例えば絵コンテからCGを作る際に、監督や上司から映画やMV、ゲームのPVなど既存の作品からCGの演出イメージを伝えられることがあります。逆に提案する場合や制作する上でも引き出しがあるか否かで大きく変わってきます。
皆さんが学校で勉強していても同じだと思います、リファレンスがあればこういう映像やエフェクトを作りたいなど先生や友人に説明する際にも役に立つのでその知識があるかないかで表現力の差になり重要だと思います。

 最後に、仕事になると自分の作りたい物が作れるとは限らないので学生の内に好きなものを楽しんで制作をしてください!

シンさんの作品

1 内定の決まった企業
 企業名 日本映像クリエイティブ株式会社
 職種  VFXクリエイター又はコンポジッター
 仕事  特撮やテレビドラマのVFX制作

2 高校生に向けて
 自分達と同じくコンテスト応募に参加することとか、課題ではなく自分が本当にやりたかったこととか、作ってみたいという作品を作ることとか。チャレンジの感じで何でもいいので色んな経験をすることが1番大事だと思います。

べさんの作品

1 内定の決まった企業
 企業名 株式会社 TREE Digital Studio
 職種  CGデザイナー
 仕事  CMやPV制作

2 高校生に向けて
 勉強以外にも学生時代にできることをたくさんして、いい経験を積んでください!
課題以外にも自分が好きなものをもっと作ればよかったなと思いました。皆さん好きなことをやってください。

小林さんの作品

1 内定の決まった企業
 企業名 有限会社マリンポスト
 職種  コンポジター
 仕事  映画やドラマのVFX制作

2 高校生に向けて
・言葉にすること、自分の目標を声に出すこと
 今の会社に就職できたことはこれがいちばん影響があったと思います。
 声に出すことで自分の目的を常に意識することができますし、周りの先生やお友達からそのことに関する情報や意見をもらうことができ機会や可能性が広がります。

・素直に意見を聞くこと
 作品をブラッシュアップしていくこと
 素直さって大事です。意見を取り入れてみることで新たな気づきがあると思いますし、ブラッシュアップしてどんどん魅力的になっていく作品に愛着が湧いたり向上心に繋がります。

・とにかく聞く!
 分からないことは恥ずかしいことではないです。疑問を疑問のまま明日に残さないことだと思います。後々しわ寄せがきます……
 質問だけではなく人の話を聞くことも大事なことだと思います。
 練習だと思っていろいろなことを聞いてみてください!

・作品を作ることを楽しむこと
 結構相手に伝わっています!
 苦手を克服するのもいいことだと思いますが好きに敵うものはないので好きを伸ばしてみてください。

以上 第19回「ACジャパン広告学生賞」に参加したメンバーがどういった卒業後どういった進路に繋がったのか、また、メンバーからの高校生に向けてののアドバイスでした。
是非みんなも学校の課題だけでなく、様々なコンテスト等が開催されていますので是非応募して下さい。

CG映像制作科:菊地

最新の学科の様子はこちらで公開中! ↓
https://twitter.com/JEC_av

関連ニュース

一覧を見る